Feature Image

NEWS

ローランド、無償の音楽制作ソフト、「Zenbeats」をリリース…… iOS/Android/Mac/Windowsに対応

ローランドが新製品、「Zenbeats(ゼンビーツ)」を発表。「Zenbeats」は、iOS/Android/Mac/Windowsに対応したマルチ・プラットホームの音楽制作ソフトウェアで、本日から無料で(!)ダウンロードすることができます。

Roland - Zenbeats

Mac版「Zenbeats」

誰もが手軽に曲作りを楽しめることを目標に開発されたという「Zenbeats」は、シンプルで使いやすいユーザー・インターフェースを備えた新感覚の音楽制作ソフトウェア。多数用意された“ループ”をタイムラインに沿って並べるだけで、初心者でも簡単にオリジナルの楽曲を作ることができます。もちろん、ソフトウェア音源やシーケンサー、エフェクトといった機能も備えているので、自分でフレーズ/パターンを入力することも可能。長尺のオーディオを扱うことができる『オーディオ・エディター』や、ピアノ・ロール画面でメロディーを入力できる『ノート・エディター』といった機能も搭載し、“ローランド製の新しいDAW”と言ってもいい充実の内容になっています。

Roland - Zenbeats

iOS版「Zenbeats」

Zenbeats」の最大の特徴と言えるのが、ローランドが今回最もこだわったという秀逸なユーザー・インターフェース。シンプルで視認性に優れ、タッチ・スクリーン対応のiOS/Android版では指先で直感的に操作することが可能(もちろん、マルチタッチ対応)。加えて、用意されているループや音源のクオリティが非常に高いというのも「Zenbeats」の大きな特徴。このあたりは膨大なサウンド資産を持つローランド製ソフトウェアならではといったところで、TR-808やTR-909といった名機のサウンド(有償)を選択した場合は、実機を彷彿とさせるカラーリングのスキンになるというのもポイントです。また、代表的なクラウド・ストレージにも対応しているので、作成した楽曲を「Zenbeats」から直接共有することが可能。外出先でスマートフォンを使ってデモを作り、自宅に帰ってパソコンで細かく作り込む…… といったデバイスの枠を越えたシームレスな曲作りも行えます。

Roland - Zenbeats

TR-808スキン

Zenbeats」の主な特徴は、以下のとおりです。

無償で利用できる「Zenbeats」ですが、必要に応じてループ/音源を購入したり、機能を拡張することができる『コンテンツストア』も用意されています。ループ/音源の個別購入価格は3.99ドルで、すべてのループ/音源/機能拡張が含まれた“Unlock”プランの価格は、iOS/Android版が14.99ドル、Mac/Windows版が49.99ドル(OSはどちらか1種類のみ)。また、4種類のOSすべてでループ/音源/機能拡張を利用できる“Ultimate Unlock”プランも用意されており、こちらの価格は149.99ドルとなっています。今回、「Zenbeats」のデビューを記念して、“Ultimate Unlock”プランを約33%OFFの99.99ドルで販売する期間限定キャンペーンも実施されるとのこと。満を持して登場したローランド純正の音楽制作ソフトウェア、「Zenbeats」。さらなる詳細は、ローランドのWebサイトをご覧ください。

NAMM 2020: 200ドル以下で買えるMIDIインターフェース機能内蔵モジュラー・ケース、Cre8audio「NiftyCASE」

NAMM 2020: Clavia、新型パフォーマンス・シンセ「Nord Wave 2」を発表…… VA/サンプル/FM/ウェーブテーブル音源を搭載

NAMM 2020: IK Multimedia、新型オーディオIF「iRig Pro Duo I/O」を発表…… “iRig”10周年を祝う新フラッグシップIF

NAMM 2020: Arturia、新型シーケンサー「KeyStep Pro」を発表…… 待望の鍵盤内蔵型BeatStep Proがデビュー

NAMM 2020: Nektar、16個のソフト音源を包括的に扱えるトラックメイク・システム、「AURA」を発表…… ステップ・シーケンサーも内蔵

NAMM 2020: 梯郁太郎氏が創業した楽器メーカー、“ACE TONE”が復活…… 革新的なデジタル・ストンプを多数お披露目

NAMM 2020: オリジナルのグルーブボックスやEurorackモジュールを製作できる開発環境、「Daisy」が間もなく登場

NAMM 2020: 大注目のデジタル/アナログ・ハイブリッド・シンセ、UDO「SUPER 6」が遂に北米デビュー

NAMM 2020: Novation、第三世代「Launchpad Pro」を発表…… 4トラック・シーケンサーを内蔵、PC無しでも使用可能に

NAMM 2020: PreSonus、FaderPortにオーディオIF機能を統合したDAW用の超便利デバイス、「ioStation 24c」を発表

NAMM 2020: Erica Synths、強力な音源内蔵シーケンサー「Bassline DB-01」を発表…… カットオフ・シーケンスにも対応

NAMM 2020: IK Multimedia、iLoud MTMのホワイト・バージョンを発表…… 2月発売

NAMM 2020: コルグ、開発中の新型シンセ「opsix」をお披露目…… 6オペレーター/32アルゴリズムのFMシンセ

NAMM 2020: サンプリング・ドラム・マシンの名機、SP-1200の35周年記念モデルが発売…… 実機を元に製作される本物のSP-1200

NAMM 2020: Universal Audio、無償の純正DAW「LUNA」を発表…… 往年のコンソール/MTRを再現、Minimoogも付属

NAMM 2020: IK Multimedia、音色を緻密にコントロールできる新しい発想のギター/ベース用DI、「Z-TONE」シリーズを発表

NAMM 2020: Moog、25鍵のキュートなアナログ・シンセ、「Subsequent 25」を発表…… 最小の鍵盤付きMoog

NAMM 2020: Apogee、デスクトップ・スタイルの高音質オーディオIF、「Symphony Desktop」を発表

ICON