Feature Image

NEWS & INFO

ローランド、無償の音楽制作ソフト、「Zenbeats」をリリース…… iOS/Android/Mac/Windowsに対応

ローランドが新製品、「Zenbeats(ゼンビーツ)」を発表。「Zenbeats」は、iOS/Android/Mac/Windowsに対応したマルチ・プラットホームの音楽制作ソフトウェアで、本日から無料で(!)ダウンロードすることができます。

Roland - Zenbeats

Mac版「Zenbeats」

誰もが手軽に曲作りを楽しめることを目標に開発されたという「Zenbeats」は、シンプルで使いやすいユーザー・インターフェースを備えた新感覚の音楽制作ソフトウェア。多数用意された“ループ”をタイムラインに沿って並べるだけで、初心者でも簡単にオリジナルの楽曲を作ることができます。もちろん、ソフトウェア音源やシーケンサー、エフェクトといった機能も備えているので、自分でフレーズ/パターンを入力することも可能。長尺のオーディオを扱うことができる『オーディオ・エディター』や、ピアノ・ロール画面でメロディーを入力できる『ノート・エディター』といった機能も搭載し、“ローランド製の新しいDAW”と言ってもいい充実の内容になっています。

Roland - Zenbeats

iOS版「Zenbeats」

Zenbeats」の最大の特徴と言えるのが、ローランドが今回最もこだわったという秀逸なユーザー・インターフェース。シンプルで視認性に優れ、タッチ・スクリーン対応のiOS/Android版では指先で直感的に操作することが可能(もちろん、マルチタッチ対応)。加えて、用意されているループや音源のクオリティが非常に高いというのも「Zenbeats」の大きな特徴。このあたりは膨大なサウンド資産を持つローランド製ソフトウェアならではといったところで、TR-808やTR-909といった名機のサウンド(有償)を選択した場合は、実機を彷彿とさせるカラーリングのスキンになるというのもポイントです。また、代表的なクラウド・ストレージにも対応しているので、作成した楽曲を「Zenbeats」から直接共有することが可能。外出先でスマートフォンを使ってデモを作り、自宅に帰ってパソコンで細かく作り込む…… といったデバイスの枠を越えたシームレスな曲作りも行えます。

Roland - Zenbeats

TR-808スキン

Zenbeats」の主な特徴は、以下のとおりです。

無償で利用できる「Zenbeats」ですが、必要に応じてループ/音源を購入したり、機能を拡張することができる『コンテンツストア』も用意されています。ループ/音源の個別購入価格は3.99ドルで、すべてのループ/音源/機能拡張が含まれた“Unlock”プランの価格は、iOS/Android版が14.99ドル、Mac/Windows版が49.99ドル(OSはどちらか1種類のみ)。また、4種類のOSすべてでループ/音源/機能拡張を利用できる“Ultimate Unlock”プランも用意されており、こちらの価格は149.99ドルとなっています。今回、「Zenbeats」のデビューを記念して、“Ultimate Unlock”プランを約33%OFFの99.99ドルで販売する期間限定キャンペーンも実施されるとのこと。満を持して登場したローランド純正の音楽制作ソフトウェア、「Zenbeats」。さらなる詳細は、ローランドのWebサイトをご覧ください。

Avid、Abletonライクなクリップ・ベースの音楽制作アプリ、「Pro Tools Sketch」の無償提供をスタート

楽曲のアイディアを記録できるスケッチ・アプリ、Ableton Noteがアップデート…… 待望のMIDIコントロールに対応、新シンセも利用可能に

Mutable Instrumentsのモジュールを、スタンドアローンの電子楽器に変えてしまうパネルが販売中

オーディオIF、キーボード、総額11万円以上のソフトが29,500円で手に入る…… Native Instrumentsから日本限定バンドル「KOMPLETE TOOLKIT」が登場

iPhoneにデジタル・フィルム・カメラの操作体系と機能を追加する画期的な動画撮影アプリ、Blackmagic Design「Blackmagic Camera」の無償配布がスタート

ボス、新型ストンプ「NS-1X」を発表…… 独自の信号処理技術によって、原音への影響を最低限にノイズを除去できる次世代ノイズ・サプレッサー

オーディオ信号の“モーフィング処理”を実現するラグイン、Zynaptiq「MORPH 2」が約52%OFFの9,999円で販売中…… 9月17日まで

時計の“秒針音”をサウンド・ソースとして利用できるEurorackモジュール、Gieskes「Klok」がデビュー

Native Instruments、「KONTROL S-Series MK3」を発表…… ポリフォニック・アフタータッチに対応、NKS対応音源との連携がこれまで以上にディープに

4msが新作「Meta Module」をお披露目…… PPG Realizerのような“何にでもなってしまう”夢のモジュールが登場?

iZotope Ozone 11が発売…… 音の明瞭度を引き上げる『Clarity』や、完璧なボーカル・バランスを簡単に実現する新機能、『Assistive Vocal Balance』を搭載

IK Multimedia、ギター&ベース用オーディオIFの最上位モデル、「iRig HD X」を発表…… ループバックに対応、オンボード・チューナーも搭載

Noise Engineering、渾身の“デジタル・コントロールド・アナログ・ミキサー、「Xer Mixa」を発表…… ステレオ10ch入力、MIDIも搭載

LZX Industries、RGB信号を一括処理できるトリプルVCA、「Factors」を発表…… 4クアドラント仕様のVCAを3基搭載

Sonnox、簡単な操作で“完璧なボーカル処理”を実現する新機軸のプラグイン、「Voca」を発売

Native Instruments、第3世代のTRAKTOR X1を発表…… 優れたビジュアル・フィードバックによってプレイアビリティがさらに向上

500シリーズ互換の1176コンプレッサー/リミッター、Black Lion Audio「Seventeen 500」の国内販売がスタート

あのNanoloopを内蔵、音楽制作にも対応したゲーム機=Analogue Pocketに、暗闇で光る“Glow in the Dark”モデルが登場

ICON