Feature Image

NEWS

香港発の強力なデジタル・シンセサイザー「HYDRASYNTH」がデビュー…… 元Arturia/元Novationのスタッフが開発

週末、アメリカ・イリノイ州シャンバーグで開催された北米最大規模のシンセサイザーの祭典、『Knobcon 2019』。今年の目玉と言っていいのが、『Knobcon』直前に発表された新型シンセサイザー、「HYDRASYNTH(ハイドラシンセ)」です。

ASM - HYDRASYNTH

新興メーカー ASM(Ashun Sound Machines)の最初の製品となる「HYDRASYNTH」は、強力な“ウェーブモーフィング”音源を搭載し、独自のポリフォニック・アフタータッチ鍵盤を備えた新世代デジタル・シンセサイザー。49鍵のキーボード・バージョンに加えて、鍵盤レスのデスクトップ・バージョン(ラックマウントにも対応)も用意され、こちらは24個のポリフォニック・プレッシャー・パッドを搭載。キーボード・バージョンが1,299ドル、デスクトップ・バージョンが799ドルというコスト・パフォーマンスの高さも話題になっています。

開発元のASMは香港に拠点を置くメーカーで、「HYDRASYNTH」の開発は香港とロサンゼルスで行われ、生産は上海で行うとのこと。開発の中心人物であるグレン・ダーシー(Glen Darcey)氏は、AKAIを経てArturiaで多くの製品の開発に関わってきた人物で、プロダクト・マネージャーであるドミニク・オウ(Dominic Au)氏は元Novationという経歴を持つ、業界ではかなり有名な人物(『Knobcon』を訪れていた中国人ジャーナリスト談)とのことです。このようにASMは新興メーカーではありますが、チーム・メンバーは業界で実績のある人たちばかりで、なおかつ全員が生粋の“シンセ・マニア”というのもポイント。そういう人たちが集まって作った新型シンセサイザーというだけでも、興味をそそられます。

ASM - HYDRASYNTH

右がグレン・ダーシー(Glen Darcey)氏、左がドミニク・オウ(Dominic Au)氏

HYDRASYNTH」の音源部は、3基のウェーブテーブル・オシレーター、FMやPWMといった処理が行える『MUTATOR』、11種類のフィルター・タイプを切り替えられるマルチモード・フィルター、5基のLFO、5基の6ステージEG、マルチ・エフェクトといったセクションで構成され、強力なモジューション・マトリクスやアルペジエーターといった機能も装備しています。サウンドの源となるウェーブテーブル・オシレーターは、用意された219種類の波形の中から最大8つを繋いでシーケンスさせることが可能。そしてその波形間の繋がりをモーフィングできるのが大きな特徴となっています。また、FMやPWM、デチューン、シンクといったシンセサイザーの古典的な機能を、『MUTATOR』と名前を付けてセクションでまとめているのもおもしろい部分で、外観は未来的ですが、中身は伝統的な音作りの手法を大切にしているという印象を受けます。

ASM - HYDRASYNTH

何と言っても注目は、ポリフォニック・アフタータッチに対応した新開発のキーボード『Polytouch keybed』を搭載している点で、これにより表現力豊かなパフォーマンスを実現。フル・サイズのキーボードは49鍵仕様で、鍵盤の上部にはリボン・コントローラーも装備しています。一方のデスクトップ・バージョンは、『Polytouch keybed』の代わりに、ポリフォニック・プレッシャーに対応した24個の『Polytouch pads』を搭載。このパッドも、複数のスケールが選択できるなど、音階演奏が行えるようになっています。キーボード・バージョンとデスクトップ・バージョンは、中身は完全に同一で、操作面の違いもデスクトップ・バージョンの方が少しエンコーダーの数が少ない程度。『Polytouch keybed』を搭載していない分、価格は500ドルも安いので、もしかしたらデスクトップ・バージョンの方が人気が出るかもしれません。

外部とのインターフェースはMIDI入出力/スルー端子、USB端子のほか、CV/Gate入出力端子も装備。2つ備わったCV入力はオーディオ・レートにも対応(!)しているとのことで、クロック専用の出力を備えているというのもユニークです。

ASM - HYDRASYNTH

久々に登場した本格デジタル・シンセサイザー、「HYDRASYNTH」。北米では11月に出荷が開始される予定で、プロダクト・マネージャーのドミニク・オウ氏によれば、日本のディストリビューターはまだ決まっていないものの、北米での出荷からそれほど遅れずに販売したいとのことでした。さらなる詳細は、ASMのWebサイトをご覧ください。

NAMM 2020: 200ドル以下で買えるMIDIインターフェース機能内蔵モジュラー・ケース、Cre8audio「NiftyCASE」

NAMM 2020: Clavia、新型パフォーマンス・シンセ「Nord Wave 2」を発表…… VA/サンプル/FM/ウェーブテーブル音源を搭載

NAMM 2020: IK Multimedia、新型オーディオIF「iRig Pro Duo I/O」を発表…… “iRig”10周年を祝う新フラッグシップIF

NAMM 2020: Arturia、新型シーケンサー「KeyStep Pro」を発表…… 待望の鍵盤内蔵型BeatStep Proがデビュー

NAMM 2020: Nektar、16個のソフト音源を包括的に扱えるトラックメイク・システム、「AURA」を発表…… ステップ・シーケンサーも内蔵

NAMM 2020: 梯郁太郎氏が創業した楽器メーカー、“ACE TONE”が復活…… 革新的なデジタル・ストンプを多数お披露目

NAMM 2020: オリジナルのグルーブボックスやEurorackモジュールを製作できる開発環境、「Daisy」が間もなく登場

NAMM 2020: 大注目のデジタル/アナログ・ハイブリッド・シンセ、UDO「SUPER 6」が遂に北米デビュー

NAMM 2020: Novation、第三世代「Launchpad Pro」を発表…… 4トラック・シーケンサーを内蔵、PC無しでも使用可能に

NAMM 2020: PreSonus、FaderPortにオーディオIF機能を統合したDAW用の超便利デバイス、「ioStation 24c」を発表

NAMM 2020: Erica Synths、強力な音源内蔵シーケンサー「Bassline DB-01」を発表…… カットオフ・シーケンスにも対応

NAMM 2020: IK Multimedia、iLoud MTMのホワイト・バージョンを発表…… 2月発売

NAMM 2020: コルグ、開発中の新型シンセ「opsix」をお披露目…… 6オペレーター/32アルゴリズムのFMシンセ

NAMM 2020: サンプリング・ドラム・マシンの名機、SP-1200の35周年記念モデルが発売…… 実機を元に製作される本物のSP-1200

NAMM 2020: Universal Audio、無償の純正DAW「LUNA」を発表…… 往年のコンソール/MTRを再現、Minimoogも付属

NAMM 2020: IK Multimedia、音色を緻密にコントロールできる新しい発想のギター/ベース用DI、「Z-TONE」シリーズを発表

NAMM 2020: Moog、25鍵のキュートなアナログ・シンセ、「Subsequent 25」を発表…… 最小の鍵盤付きMoog

NAMM 2020: Apogee、デスクトップ・スタイルの高音質オーディオIF、「Symphony Desktop」を発表

ICON