Feature Image

NEWS

ローランド、歴代名機の音色を網羅した“ドリーム・シンセ”、「JUPITER-X」を発表…… 小型版の「JUPITER-Xm」もラインナップ

ローランドが、新型シンセサイザー「JUPITER-X」と、そのコンパクト・モデルとなる「JUPITER-Xm」を発表しています。

Roland - JUPITER-X

アナログ・シンセサイザーの名跡、“JUPITER”を冠して登場する「JUPITER-X」は、同社が長年にわたって蓄積してきた音作りのノウハウが凝縮された製品。アナログ・モデリングとPCMを融合した最新音源『MODEL BANK』を初めて搭載し、ヴィンテージ・シンセ・サウンドから高品位なピアノ・サウンドまで、あらゆる音色を作り出すことが可能になっています。JUPITER-8を彷彿とさせるデザインの筐体は金属製で、サイド・パネルの素材にはアルミニウムを採用。61鍵のキーボードは新開発の“ハイエンド・セミ・ウェイテッド鍵盤”を搭載し、音色だけでなく演奏性も妥協のない仕様になっています。

Roland - JUPITER-X

最大の注目は、新開発の音源『MODEL BANK』で、JUPITER-8、JUNO-106、JX-8P、SH-101の各機種をモデリングした音源と、PCM音源のXV-5080、ピアノ音源のRD-700GXの合計6種類の“MODEL”を搭載。ユーザーはこれらの“MODEL”を最大4パート同時に使用できるので、パッドにはJUPITER-8、シンセ・サウンドにはJUNO-106、ベースにはSH-101といった感じで、1台で複数の音色を同時に発音させることができます。キーボードをスプリットして、左側にSH-101、右側にJUPITER-8をアサインすることもでき、重厚な音色を作りたい場合はJUPITER-8を4台(!)レイヤーすることも可能。今後、新しい“MODEL”を追加する計画もあるとのことで、どんな音源が登場するのか非常に楽しみです。

もう1つ注目の機能と言えるのが、新開発のアルペジエーター『I-ARPEGGIO』。『I-ARPEGGIO』は、AI(人工知能)によってフレーズを自動的に変化させる、まったく新しいアルペジエーターで、押鍵間隔やボイシングといった演奏情報を解析するとのこと。生成されたフレーズは内蔵ステップ・シーケンサーに取り込んで、DAWにエクスポートすることも可能で、作曲支援ツールとしても活躍してくれそうです。

Roland - JUPITER-X

同時に発表された「JUPITER-Xm」は、「JUPITER-X」の機能はそのままに、37鍵のコンパクト鍵盤を搭載した小型版。新開発の音源『MODEL BANK』やアルペジエーター『I-ARPEGGIO』など機能面はまったく同一で、デスクトップでDAWと組み合わせて使用するには最適な製品と言えるでしょう。単純に『JUPITER-8、JUNO-106、JX-8P、SH-101、XV-5080、RD-700GXの音源モジュール』として捉えても、非常に魅力的な製品です。

Roland - JUPITER-X

バランス仕様のXLR出力端子、ボコーダーで使用できるマイク入力端子、オーディオ/MIDIの両方に対応したUSB端子など、入出力も充実している「JUPITER-X」。ステレオ・スピーカーを内蔵し、本体だけで音を鳴らせる仕様になっているのもユニークです。さらなる詳細は、ローランドのWebサイトをご覧ください。

YouTubeを見ながらギター演奏/音色エディットが行える超小型マルチ・エフェクター、ボス「Pocket GT」

70種類のプロセッサーを搭載、複合処理が簡単に行える“バーチャル・ラック”、IK Multimedia「MixBox」が発売

完全無料のPro Tools、「Pro Tools | First」がアップデートされ、Ableton Linkに対応…… 他のアプリとのワイヤレス同期が可能に

Arturia、新型キーボード「KeyStep 37」を発表…… コードを表現力豊かに入力できる、強力な『Chord Mode』を搭載

コルグ、次世代の配信システム『Live Extreme』を発表…… 4K映像と最高384kHzのPCM/5.6MHzのDSDに対応

Endorphin.es、TR-909インスパイアのドラム音源、「Queen of Pentacles」を発表…… デジアナ・ハイブリッド音源を搭載

TR-909の音色とパターンを2,020種類収録した無料のサンプルパック、『ULTIMATE 909』

Native Instruments、単体で使用できるMASCHINE、「MASCHINE+」を発表…… MASSIVEやFM8もPCなしで動作

Native Instruments、「KOMPLETE 13」を発表…… AIモデリングの「GUITAR RIG PRO 6」、世界で最も貴重な弦楽器を音源化した「CREMONA QUARTET」を追加

Arturia、16バンド・ボコーダーを搭載した限定版MicroFreak、「MicroFreak Vocoder Edition」を発表

コルグ、新型「volca sample」を発表…… USB端子の搭載により、パソコンとの連携がスムーズに

コルグ、人気のミュージック・ワークステーション「i3」に、マット・シルバーの新色をラインナップ

’80sホーム・コンピューターの名機、ZX Spectrumを現代に蘇らせた「ZX Spectrum Next Issue 2」

PreSonus、次世代の無料DAW「Studio One 5 Prime」の提供を開始…… Studio One 5の新機能を搭載し、さらに進化

Universal Audio、UAD機能を搭載した新しい低価格オーディオ・インターフェース、「Apollo Solo」を発表

究極のファミコン互換機の最終モデル、Analogue「Nt mini Noir」が数量限定で再販…… このあと0時から

ローランド、TR-8Sをバージョン2にアップデート…… FM音源が新たに追加され、音色のバリエーションが拡大

1月の『The NAMM Show』の中止が決定…… 写真で振り返る今年の『The NAMM Show』

ICON