Feature Image

NEWS

ローランド、歴代名機の音色を網羅した“ドリーム・シンセ”、「JUPITER-X」を発表…… 小型版の「JUPITER-Xm」もラインナップ

ローランドが、新型シンセサイザー「JUPITER-X」と、そのコンパクト・モデルとなる「JUPITER-Xm」を発表しています。

Roland - JUPITER-X

アナログ・シンセサイザーの名跡、“JUPITER”を冠して登場する「JUPITER-X」は、同社が長年にわたって蓄積してきた音作りのノウハウが凝縮された製品。アナログ・モデリングとPCMを融合した最新音源『MODEL BANK』を初めて搭載し、ヴィンテージ・シンセ・サウンドから高品位なピアノ・サウンドまで、あらゆる音色を作り出すことが可能になっています。JUPITER-8を彷彿とさせるデザインの筐体は金属製で、サイド・パネルの素材にはアルミニウムを採用。61鍵のキーボードは新開発の“ハイエンド・セミ・ウェイテッド鍵盤”を搭載し、音色だけでなく演奏性も妥協のない仕様になっています。

Roland - JUPITER-X

最大の注目は、新開発の音源『MODEL BANK』で、JUPITER-8、JUNO-106、JX-8P、SH-101の各機種をモデリングした音源と、PCM音源のXV-5080、ピアノ音源のRD-700GXの合計6種類の“MODEL”を搭載。ユーザーはこれらの“MODEL”を最大4パート同時に使用できるので、パッドにはJUPITER-8、シンセ・サウンドにはJUNO-106、ベースにはSH-101といった感じで、1台で複数の音色を同時に発音させることができます。キーボードをスプリットして、左側にSH-101、右側にJUPITER-8をアサインすることもでき、重厚な音色を作りたい場合はJUPITER-8を4台(!)レイヤーすることも可能。今後、新しい“MODEL”を追加する計画もあるとのことで、どんな音源が登場するのか非常に楽しみです。

もう1つ注目の機能と言えるのが、新開発のアルペジエーター『I-ARPEGGIO』。『I-ARPEGGIO』は、AI(人工知能)によってフレーズを自動的に変化させる、まったく新しいアルペジエーターで、押鍵間隔やボイシングといった演奏情報を解析するとのこと。生成されたフレーズは内蔵ステップ・シーケンサーに取り込んで、DAWにエクスポートすることも可能で、作曲支援ツールとしても活躍してくれそうです。

Roland - JUPITER-X

同時に発表された「JUPITER-Xm」は、「JUPITER-X」の機能はそのままに、37鍵のコンパクト鍵盤を搭載した小型版。新開発の音源『MODEL BANK』やアルペジエーター『I-ARPEGGIO』など機能面はまったく同一で、デスクトップでDAWと組み合わせて使用するには最適な製品と言えるでしょう。単純に『JUPITER-8、JUNO-106、JX-8P、SH-101、XV-5080、RD-700GXの音源モジュール』として捉えても、非常に魅力的な製品です。

Roland - JUPITER-X

バランス仕様のXLR出力端子、ボコーダーで使用できるマイク入力端子、オーディオ/MIDIの両方に対応したUSB端子など、入出力も充実している「JUPITER-X」。ステレオ・スピーカーを内蔵し、本体だけで音を鳴らせる仕様になっているのもユニークです。さらなる詳細は、ローランドのWebサイトをご覧ください。

香港発の強力なデジタル・シンセサイザー「HYDRASYNTH」がデビュー…… 元Arturia/元Novationのスタッフが開発

Buchla、MIDI対応のデスクトップ音源、「Easel Command Module」を発表…… 30万円台で手に入るBuchlaが登場

コルグ、ポケモンの人気キャラクターをドット絵でデザインしたチューナー/メトロノームを限定発売

ローランド、歴代名機の音色を網羅した“ドリーム・シンセ”、「JUPITER-X」を発表…… 小型版の「JUPITER-Xm」もラインナップ

コルグ、上質なブラック・ラバー塗装を採用、88鍵ピアノ・タッチの新型シンセ、「KROSS 88 MB」を発表

コルグ、手のひらサイズのマイクロ・シンセ「NTS-1 digital kit」を発表…… 約1万円で買える本格デジタル・シンセ

Waves、対象製品を合計6,000円以上購入した人に、希望のバンドル製品を無償進呈するユニークなプロモーションを開始

Ableton、Live Lite/Live Introからのアップグレード製品を最大12,000円OFFで販売するプロモーションを開始

コルグ、iPad/iPhone対応の音源アプリをアップデート、新たに“KORG Module Pro”として販売開始 〜 8月末まで50%OFF

Ableton、Liveとモジュラー・シンセサイザーを連携するための新しいPack、CV Toolsを正式リリース

Teenage Engineering Records、Pocket Operator Modularをフィーチャーした楽曲第二弾をリリース

Native Instruments、MASSIVE Xの販売を開始 〜 次の10年を担う超強力ソフト・シンセが遂にデビュー

PreSonus、Studio One Professional(クロスグレード版)を19,800円で販売するプロモを開始

新世代シングル・ボード・コンピューター、Raspberry Pi 4が発表 〜 35ドルからという低価格はそのままにパソコン並の性能に

Dreadbox、Erebus V3 Special Editionを発売 〜 人気のセミ・モジュラー・シンセサイザー、Erebus V3の特別モデル

Bleep LabsとDaedelusが共同開発、モジュラーと相性の良い小型サンプラー/ディレイ、「Delaydelus 2」が登場

Moogのフラッグシップ・シンセサイザー、「Moog One」の国内販売が開始…… “究極のMoog”が遂に入手可能に

ZynaptiqのAIリバーブ・プラグイン、「ADAPTIVERB」が約36%OFFの15,800円で販売中…… 6月30日まで

ICON