Feature Image

NEWS

ドラム・サンプラーの名機 SP-1200が復活? Isla Instruments、「SP-2400」を開発していることをアナウンス

1987年に発売されたE-muのサンプリング・ドラム・マシン、SP-1200。その太く、存在感のあるサウンドは、多くのアーティスト/プロデューサーを魅了し、ヒップホップ/R&Bを中心に数多の楽曲で使用された名機中の名機です。そのSP-1200のサウンドとコンセプトを受け継いだ新製品、その名も「SP-2400」が正式に発表されました。

Isla Instruments - SP-2400

Isla InstrumentsのFacebookより

SP-2400」のニュースを最初に報じたのは、アメリカのWebメディア MATRIXSYNTHで、“Soviet Space Child”を名乗る人物から受け取ったという基板のレンダリング画像を掲載。ただ、肝心のメーカーが不明で、欧米のシンセ・コミュニティーでは、“Behringerが今度はSP-1200のクローンを開発しているのではないか”といった憶測が飛び交いました。

Isla Instruments - SP-2400

MATRIXSYNTHより

そこに現れたのが、シンセ系YouTuber/サウンド・デザイナーとして有名なFluxWithItで、彼はプロト・タイプの音を実際に聴いたらしく、“(「SP-2400」の開発元は)BehringerでもE-mu/Rossumでもない”と噂を否定。さらにFluxWithItは、開発元から得たというスペックまで公表したのです

その2日後、FluxWithItはYouTubeで、「SP-2400」のサウンド・デモまで公開。

しかし、最初にこのニュースを報じた MATRIXSYNTHの記事には、“レンダー画像の基板が、拡大してみるとあり得ない回路になっているので、これは100%フェイク”という読者からのコメントが追記され、シンセ・コミュニティーの間ではフェイク・ニュースとの意見が大勢を占めるようになりました。

そんな中、アメリカのIsla Instrumentsは本日、FacebookInstagramで、自社が「SP-2400」のメーカーであることを公表。「SP-2400」の開発プロジェクトが、本当に進んでいることが明らかになりました。

Isla Instruments - SP-2400

Isla InstrumentsのFacebookより

Isla Instrumentsは、スタンドアローンのコード・プレーヤー/アルペジエーターとして一時期話題になったKordBotのメーカーです。同時にIsla Instrumentsは、「SP-2400」の画像を3枚公開しましたが、いずれもレンダー画像のもよう。現時点ではさらなる詳細については不明ですが、Isla InstrumentsはFacebookで一部質問に回答する形で、“弊社にはプログラマーが2人いるので、開発は早く進んでいる”などとコメントしています。一方で、KordBotで以前からアナウンスされているシーケンサーがいまだに実装されていないことから、“本当に発売されるのか?”といった辛辣なコメントも散見されます。実際に発売になれば大きな話題になるであろう「SP-2400」。今後の動向に注目していきたいところです。

香港発の強力なデジタル・シンセサイザー「HYDRASYNTH」がデビュー…… 元Arturia/元Novationのスタッフが開発

Buchla、MIDI対応のデスクトップ音源、「Easel Command Module」を発表…… 30万円台で手に入るBuchlaが登場

コルグ、ポケモンの人気キャラクターをドット絵でデザインしたチューナー/メトロノームを限定発売

ローランド、歴代名機の音色を網羅した“ドリーム・シンセ”、「JUPITER-X」を発表…… 小型版の「JUPITER-Xm」もラインナップ

コルグ、上質なブラック・ラバー塗装を採用、88鍵ピアノ・タッチの新型シンセ、「KROSS 88 MB」を発表

コルグ、手のひらサイズのマイクロ・シンセ「NTS-1 digital kit」を発表…… 約1万円で買える本格デジタル・シンセ

Waves、対象製品を合計6,000円以上購入した人に、希望のバンドル製品を無償進呈するユニークなプロモーションを開始

Ableton、Live Lite/Live Introからのアップグレード製品を最大12,000円OFFで販売するプロモーションを開始

コルグ、iPad/iPhone対応の音源アプリをアップデート、新たに“KORG Module Pro”として販売開始 〜 8月末まで50%OFF

Ableton、Liveとモジュラー・シンセサイザーを連携するための新しいPack、CV Toolsを正式リリース

Teenage Engineering Records、Pocket Operator Modularをフィーチャーした楽曲第二弾をリリース

Native Instruments、MASSIVE Xの販売を開始 〜 次の10年を担う超強力ソフト・シンセが遂にデビュー

PreSonus、Studio One Professional(クロスグレード版)を19,800円で販売するプロモを開始

新世代シングル・ボード・コンピューター、Raspberry Pi 4が発表 〜 35ドルからという低価格はそのままにパソコン並の性能に

Dreadbox、Erebus V3 Special Editionを発売 〜 人気のセミ・モジュラー・シンセサイザー、Erebus V3の特別モデル

Bleep LabsとDaedelusが共同開発、モジュラーと相性の良い小型サンプラー/ディレイ、「Delaydelus 2」が登場

Moogのフラッグシップ・シンセサイザー、「Moog One」の国内販売が開始…… “究極のMoog”が遂に入手可能に

ZynaptiqのAIリバーブ・プラグイン、「ADAPTIVERB」が約36%OFFの15,800円で販売中…… 6月30日まで

ICON