Feature Image

NEWS

ドラム・サンプラーの名機 SP-1200が復活? Isla Instruments、「SP-2400」を開発していることをアナウンス

1987年に発売されたE-muのサンプリング・ドラム・マシン、SP-1200。その太く、存在感のあるサウンドは、多くのアーティスト/プロデューサーを魅了し、ヒップホップ/R&Bを中心に数多の楽曲で使用された名機中の名機です。そのSP-1200のサウンドとコンセプトを受け継いだ新製品、その名も「SP-2400」が正式に発表されました。

Isla Instruments - SP-2400

Isla InstrumentsのFacebookより

SP-2400」のニュースを最初に報じたのは、アメリカのWebメディア MATRIXSYNTHで、“Soviet Space Child”を名乗る人物から受け取ったという基板のレンダリング画像を掲載。ただ、肝心のメーカーが不明で、欧米のシンセ・コミュニティーでは、“Behringerが今度はSP-1200のクローンを開発しているのではないか”といった憶測が飛び交いました。

Isla Instruments - SP-2400

MATRIXSYNTHより

そこに現れたのが、シンセ系YouTuber/サウンド・デザイナーとして有名なFluxWithItで、彼はプロト・タイプの音を実際に聴いたらしく、“(「SP-2400」の開発元は)BehringerでもE-mu/Rossumでもない”と噂を否定。さらにFluxWithItは、開発元から得たというスペックまで公表したのです

その2日後、FluxWithItはYouTubeで、「SP-2400」のサウンド・デモまで公開。

しかし、最初にこのニュースを報じた MATRIXSYNTHの記事には、“レンダー画像の基板が、拡大してみるとあり得ない回路になっているので、これは100%フェイク”という読者からのコメントが追記され、シンセ・コミュニティーの間ではフェイク・ニュースとの意見が大勢を占めるようになりました。

そんな中、アメリカのIsla Instrumentsは本日、FacebookInstagramで、自社が「SP-2400」のメーカーであることを公表。「SP-2400」の開発プロジェクトが、本当に進んでいることが明らかになりました。

Isla Instruments - SP-2400

Isla InstrumentsのFacebookより

Isla Instrumentsは、スタンドアローンのコード・プレーヤー/アルペジエーターとして一時期話題になったKordBotのメーカーです。同時にIsla Instrumentsは、「SP-2400」の画像を3枚公開しましたが、いずれもレンダー画像のもよう。現時点ではさらなる詳細については不明ですが、Isla InstrumentsはFacebookで一部質問に回答する形で、“弊社にはプログラマーが2人いるので、開発は早く進んでいる”などとコメントしています。一方で、KordBotで以前からアナウンスされているシーケンサーがいまだに実装されていないことから、“本当に発売されるのか?”といった辛辣なコメントも散見されます。実際に発売になれば大きな話題になるであろう「SP-2400」。今後の動向に注目していきたいところです。

Teenage Engineering、レコード・レーベルをローンチ…… 最初の作品ではPocket Operator Modularをフィーチャー

Teenage Engineeingがデザイン面で協力したかわいいゲーム機、「Playdate」が来年発売

PreSonus、マルチコアに最適化された「Studio One 4.5」をリリース…… 同一CPUでも、より多くのプラグインが使用可能に

SUPERBOOTH19: コルグ開発陣が語る、DAWとの組み合わせに最適なデスクトップ・シンセ、「minilogue xd module」

ハイ・リゾリューション、EastWest製品を最大50%OFFで販売する『EastWest Memorial Day セール』を開始

Spectrasonicsの超定番音源、「Omnisphere 2」が約30%OFFの42,300円で販売中(数量限定)

メディア・インテグレーション、2019年6月13日から、ROLIの国内代理店業務を開始

PreSonus、日本時間5月22日午前0時に、YouTubeで“何か”をアナウンス

モジュラー・シンセの新しいイベント『Meeting of Modular』が明日、三軒茶屋で開催…… Hatakenさんが実演/解説、初心者の質問に回答

メディア・インテグレーション、Waves Horizonを約94%OFF、過去最安値の32,800円で販売するプロモを開始

SUPERBOOTH19: Behringer、薄型・コンパクト・199ドルのセミ・モジュラー・シンセ、「Crave」をお披露目

SUPERBOOTH19: 1960年代に製造されたBuchla初の本格モジュラー、100 SeriesをEurorackで復刻した「Red Panel」

IK Multimedia、Moog Taurusを元に開発されたソフト・シンセ、「Syntronik Bully」(49.99ユーロ相当)の無償配布を開始

SUPERBOOTH19: Novation、Peakを2台分搭載した新しいフラッグシップ・シンセサイザー、「Summit」を発表

SUPERBOOTH19: モーターを高速回転させて音を生成する“電気機械方式”のシンセ、Gamechanger Audio「Motor Synth」が登場

SUPERBOOTH19: コルグ、手のひらサイズのDSPシンセ「Nu:Tekt NTS-1」をお披露目…… 自作オシレーターのロードに対応

SUPERBOOTH19: SH-101を超薄型筐体で再現、バッテリー駆動にも対応した新型シンセサイザー「SB-1/Space Bee」

SUPERBOOTH19: コルグ開発チームが語る、『Nutube』を搭載した“真空管シンセサイザー”、「volca nubass」のすべて

ICON