Feature Image

NEW PRODUCT

NAMM 2019: Elektron、小型/軽量の6トラック・グルーヴ・サンプラー、「Model:Samples」を発表

いよいよ今週木曜日(日本時間:25日(金)の深夜3時)に始まる世界最大規模の楽器のトレード・ショー、『The NAMM Show』。その開幕を前に、Elektronは新製品、「Model:Samples」を発表しました。

Elektron - Model:Samples

これまでのElektron製マシンとは一風異なるホワイト・カラーの筐体が印象的な「Model:Samples」は、新しいフォーマットのグルーヴ・サンプラー。核となるサンプラーは6トラック仕様で、マルチモード・フィルターやLFOなどをトラックごとに装備。サンプル・メモリーは64MB、内蔵ストレージは1GBで、Spliceが提供した即戦力サンプルが300種類収録されています。もちろんシーケンサー内蔵で、6個のパッドを使ったリアルタイム入力とステップ入力の両方をサポート。クロマチック・モードを使えばメロディー・ライン/ベースラインを入力することもでき、パラメーター・オートメーションにも対応しています。マスター・ボリュームも含めると、筐体には15個のノブが備わっていますが、すべてのノブの機能は固定で、この仕様はElektron製マシンとしては初とのこと。小型/軽量なので、ライブ・ユースにも適したマシンと言えそうです。

Elektron - Model:Samples

Model:Samples」の主な特徴は、以下のとおりです。

Model:Samples」は、2019年2月発売予定で、北米での価格は449ドル。詳しくは、ElektronのWebサイトをご覧ください。

Teenage Engineering、ポータブル・シンセサイザー OP-1の販売を再開

エムアイセブン、創立15周年を記念した特別セールを開始…… Studio Oneが半額、最大77%OFFのアウトレット・セールも

Avid、トップ・エンジニア Gregory Germain氏を講師に迎えたミックス・セミナーを2月22日に開催…… 受講料無料

NAMM 2019: Behringer、歴史的名機の長所を組み合わせた199ドルのセミ・モジュラー・シンセ、「Crave」を発表

NAMM 2019: Moog、サイケでキュートなデザインの新型シンセサイザー、「Sirin」を2,500台限定で販売開始

NAMM 2019: Arturia、タッチ・キーボードを搭載した“実験的”ハイブリッド・シンセ、「MicroFreak」を発表

NAMM 2019: Steinberg、Thunderboltを採用した32bit/384kHz対応のプレミアム・オーディオIF、「AXR4T」を発表

NAMM 2019: PreSonus、USB-C端子を採用したブラック筐体の新型オーディオIF、「Studio USB-C」シリーズを発表

NAMM 2019: IK Multimedia、iLoud MMの上位機種となるフラッグシップ・スピーカー、「iLoud MTM」を発表

メディア・インテグレーション、Wavesのプラグイン・バンドルを最大93%OFFで販売するプロモーションを開始

NAMM 2019: Antares、99ドルの低価格なAuto-Tune、「Auto-Tune Access」を発売

NAMM 2019: Elektron、小型/軽量の6トラック・グルーヴ・サンプラー、「Model:Samples」を発表

Rock oN ショーレポート NAMM2019、現地時間1月24日より、怒涛のショーレポート開催!

NAMM 2019: Elektron、新型マシンを準備中? 新製品のティーザーらしき動画を公開

NAMM 2019: IK Multimedia、オーディオIF機能も搭載した超小型ギター・アンプ、「iRig Micro Amp」を発表

NAMM 2019: コルグ、monologueやノートPCなどを収納できる多目的2ウェイ・バッグ、「MP-MONOLOGUE」を発表

NAMM 2019: Eventide、デジタル・ディレイにアナログ・フィルターを融合した新型ストンプ、「Rose」を発表

NAMM 2019: 光学式ディスクをMIDIで音階演奏できる、“現代版Optigan”「Panoptigon」が販売開始

ICON