Feature Image

NEW PRODUCT

NAMM 2019: 光学式ディスクをMIDIで音階演奏できる、“現代版Optigan”「Panoptigon」が販売開始

今週木曜日(日本時間:25日(金)の深夜3時)、いよいよ始まる世界最大規模の楽器のトレード・ショー、『The NAMM Show』。その開幕を前に、「Panoptigon」という製品の発売がアナウンスされました。

Quilter Laboratories - Panoptigon

アンプ/ストンプ・メーカーのQuilter Laboratoriesから発売される「Panoptigon」は、Optigan用の光学式ディスクを再生、MIDIコントロールするためのデバイス。1971年に発売されたOptiganは、光学式ディスクを音源とするホーム・キーボードで、“ディスク版Mellotron”のような構造と独特の音色は多くのアーティストから注目され、後にプロ向けに改良されたOrchestronというバージョンも発売されました(詳しくは、Wikipediaを参照のこと)。

Quilter Laboratories - Panoptigon

Orchestron(Panoptigonのカタログより)

今回発売される「Panoptigon」は、OptiganやOrchestron用に制作された光学式ディスクを現代の環境で再利用できるデバイスで、コンピューター制御によって高精度なピッチ・コントロールを行うことができ、DSPエフェクトも搭載、複数台の同期再生にも対応しています。開発チームの中心であるロバート・ベッカー(Robert Becker)氏(Quilter Laboratories代表)は、古くからOptigan/Orchestron用の光学式ディスクを制作してきた人物で、Optigan.comを主宰するピー・ヒックス(Pea Hicks)氏とともに、それらの資産を活用するための新デバイス=「Panoptigon」の開発プロジェクトを数年前から進めてきたとのことです。

Quilter Laboratories - Panoptigon

Panoptigon」の主な特徴は、以下のとおりです。

Panoptigon」は25台が最初のバッチとしてアメリカ向けに販売され、価格は3,999ドルとなっています。詳しくは、Optigan.comのWebサイトをご覧ください。

Togu Audio Line、定番リバーブ・プラグイン「TAL-Reverb-4」をアップデート…… 新バージョンの無償配布を開始

Propellerhead、Reason 10を新規購入したユーザーに、計350ドル相当のプラグインを無償提供するプロモを開始

エムアイセブン、PreSonusやRME、Genelecなどの対象製品を大幅割引価格で販売する、創立15周年記念セールを開始

シンセにもエフェクターにもなる“ミュージシャンのためのLEGO”、Empress Effects「ZOIA」の国内販売が遂に開始

IK Multimedia、マスタリング・リミッター「Stealth Limiter」を約60%OFFの5,931円で販売するプロモを開始

Avid、無償版Pro Toolsの最新版、「Pro Tools | First 2019」を発表…… 遂にプロジェクトのローカル保存に対応

XLN Audio、新感覚ビート・メイキング・ツール「XO」を発表…… 膨大なサンプルを直感的にブラウズできる画期的なUIを搭載

元AKGの社員22名が新しいマイク・メーカー、“Austrian Audio”を設立…… ワイヤレスでポーラー・パターンを選択できるマイク「OC818」を発表

DSPシンセサイザーを自作できるDIYキット、MakeProAudio「Dino Park」が登場…… 音源ボードはCreamware互換

iZotope、リバーブ・プラグインで有名なExponential Audioを買収…… マイケル・カーンズ氏もiZotope開発陣の一員に

ハリウッドの売れっ子ミキサー、ウィル・ファイルズ氏が語る、大ヒット映画『ヴェノム』の実験的なサウンド・デザイン

Native InstrumentsとNikeがコラボレート、特別仕様のMASCHINEとAir Maxをセットでプレゼントするプロモを実施中

SSL、DAWスタジオに最適な小型ミキサー「SiX」を発表…… 20万円を切る価格で手に入る、正真正銘の“SSLコンソール”

Steinberg、新世代ポストプロダクションDAW、「Nuendo 10」のティーザー動画を公開

エムアイセブン、Studio Oneを30%OFFで販売する6日間限定プロモを開始…… バージョン・アップ/アップグレードも対象

ドラム・サンプラーの名機 SP-1200が復活? Isla Instruments、「SP-2400」を開発していることをアナウンス

Spektro AudioのM4Lデバイスをハード化した“フレーズ製造マシン”、「ACDGEN – Hardware Edition」が登場

開発が進むRaspberry Piベースのマイクロ・シンセサイザー「OTTO」、その最新情報と新デザインの写真が公開

ICON