Feature Image

NEWS

IK Multimedia、キーボードとオーディオIFを統合した新製品「iRig Keys I/O」を発表! 数万円相当のソフト音源もバンドル

IK Multimediaが新製品、「iRig Keys I/O」を発表しています。

IK Multimedia - iRig Pro I/O

“音楽制作ステーション”を謳う「iRig Keys I/O」は、フル・サイズのキーボード・コントローラーと、24bit/96kHz対応のオーディオ・インターフェースが統合された新しいタイプの製品。今年1月のNAMM Showで一部の関係者に公開され、注目を集めていたニュー・カマーです。SampleTank 3(フル・バージョン!)やSyntronik Pro-Vなど、数万円相当のソフトウェアもバンドルされ、あとはDAWとパソコン(あるいはiPhone/iPad)を用意すれば音楽制作を開始することができます。

IK Multimedia - iRig Pro I/O

iRig Keys I/O」には、25鍵モデルと49鍵モデルの2製品がラインナップされ、どちらもベロシティ対応のフル・サイズ鍵盤(シンセ・タッチ)を搭載。上部には、タッチ・センシティブ対応のスライダー(2本)と同じくタッチ・センシティブ対応のエンコーダー(4基)が備わり、任意のパラメーターを自由にアサインすることが可能。右上には、ベロシティ対応のマルチカラー・パッドも用意され(8基)、ドラムの打ち込みなども快適に行えるようになっています。

IK Multimedia - iRig Pro I/O

一方、オーディオ・インターフェースは、アナログ1ch入力/2ch出力というミニマムな仕様ながら、24bit/最高96kHz対応。入力部にはクラスAのマイク・プリアンプ回路が搭載されており(48Vファンタム電源供給にも対応)、マイクや各種楽器などを直接繋ぐことが可能になっています(端子は、XLR/フォーン兼用のNeutrik製コンボ・タイプ)。出力はTRSフォーンが2系統のバランス仕様。独立したヘッドフォン端子も備わっています。

IK Multimedia - iRig Pro I/O

Mac/Windowsだけでなく、iOSデバイス(iPhone/iPad)でも利用できるのは「iRig Keys I/O」の大きな特徴(AppleのMFiに準拠)。パッケージにはLightningケーブルが同梱され、アダプターなどを使用せず、ダイレクトに接続することができます。電源はUSBバス・パワー/単3電池4本/電源アダプター(別売)の3方式に対応し、電源アダプターを使用した場合はiOSデバイスへの給電にも対応。iPadなどを立てかけられるスタンドも付属しています。

IK Multimedia - iRig Pro I/O

iRig Keys I/O」の主な特徴は以下のとおりです。

音楽制作に必要なすべての機能が網羅されている「iRig Keys I/O」。メインのキーボード・コントローラー/オーディオ・インターフェースとしてはもちろんのこと、持ち運び用としても重宝しそうです。「iRig Keys I/O」は2017年10月発売予定で、価格はオープン・プライス、市場想定価格は25鍵モデルが26,000円前後(税別)、49鍵モデルが39,000円前後(税別)とのこと。詳しくは、IK MultimediaのWebサイトをご覧ください。

IK Multimedia - iRig Pro I/O

フックアップ、Macにも対応した「FL Studio 20」のダウンロード販売を開始! 日本語クイック・スタート・ガイドが付属、最上位版は約17%OFFで販売中

ハイ・リゾリューション、Antares製品の取り扱いを開始! 注目の「Auto-Tune Pro」をはじめ、全製品イントロ・プライスで販売中

PreSonus、Studio Oneの新バージョン「Studio One 4」をリリース! 強力な『コード・トラック/ハーモニー編集機能』を搭載、本日より販売開始!

Image-Line、新世代DAWソフト「FL Studio 20」をリリース! 遂にMacにもネイティブ対応!

ハイ・リゾリューション、MOTU Digital Performerのクロスグレード版を、50%OFFの24,000円で販売中! 100本限定

話題のIK Multimedia初のアナログ・シンセ「UNO Synth」、明日開催の『Cafe Deluxe #3』に展示されることが決定! 販売店では先行予約もスタート

Moog、来週開催の『Moogfest』で新型シンセ「Grandmother」を発表! 32鍵キーボードを搭載したセミ・モジュラー・シンセ

SUPERBOOTH 2018: 独自の合成方式を採用した強力なソフト・シンセ、JoboMusic「FLEXION」がデビュー! 作成した音色を共有/販売できる機能も搭載

SUPERBOOTH 2018: Behringer、TR-808をアナログ回路で再現した「RD-808」をお披露目! TR-909クローンも現在開発中

SUPERBOOTH 2018: Dave Smith Instruments、サンプル音源とシンセ音源を融合した“究極のProphet”、「Prophet X」を発表!

SUPERBOOTH 2018: IK Multimedia、本格アナログ・シンセ「UNO Synth」を発表! Soundmachinesと共同開発、価格は約25,000円!

SUPERBOOTH 2018: 一見普通の鍵盤ながら3Dタッチに対応したアナログ・シンセ、SyntoNovo「Pan」がデビュー!

SUPERBOOTH 2018: Dave Smith、新製品のティーザー・ムービーを公開! 8Dioと共同開発のPCMワークステーション「Prophet X」が登場?

製品開発ストーリー #41:コルグ KORG Gadget for Nintendo Switch 〜 開発メンバーが語り尽くす、世界初の“対戦型DAW”のすべて 〜

Avid、ソフトウェア・アップデートプランが有効のPro Toolsユーザー全員に、iZotope RX Elementsを無償進呈するプロモーションを開始!

Switch to Studio One #13:Chihei Hatakeyama 〜 インタビュー記事の公開に合わせ、Studio One用マルチトラック・ファイルの無償提供も開始! 〜

IK Multimedia、徹底的に“ブリティッシュ・サウンド”にこだわった新作ドラム音源、「London Grooves」のダウンロード販売を開始!

Ableton、優秀な“Live使い”を認定するイベントを約4年ぶりに東京で開催! 応募締切は今月27日

ICON