Feature Image

PROGRAMMING

『Maxサマースクール・イン・藝大 2024』が7月29日から8月2日の日程で開催…… Maxの生みの親であるミラー・パケット氏、IRCAMの研究者も参加

毎年恒例の『Maxサマースクール・イン・藝大』が、7月29日から8月2日の日程で開催。今年はIRCAMの研究者たちが講師として参加するほか、Maxの生みの親であるミラー・パケット(Miller Puckette)氏の基調講演も行われます。

Max Summer School in Geidai 2024

『Maxサマースクール・イン・藝大 2024』

今年で7回目の開催となる『Maxサマースクール・イン・藝大』は、Cycling ’74のプログラミング環境、Maxを集中的に学ぶことができるイベント。昨年同様、東京芸術大学 千住キャンパスでの対面とオンラインのハイブリッド形式で開催され、メインのワークショップは、超初級/初級/中級/上級の4段階に分けて行われます。今年はパリのIRCAM(フランス国立音響音楽研究所)から、ジェラルド・アサヤグ(Gerard Assayag)氏、ミカエル・マルト(Mikhail Malt)氏、マルコ・フィオリニ(Marco Fiorini)氏という3名の現役研究者が講師として参加。人間とAIの即興演奏を扱うイベント『Improtech(インプロテック)』も同時に開催され、それに合わせて今年の『Maxサマースクール・イン・藝大』は、“Max and Improtech”をテーマに掲げるとのこと。さらにはMaxの生みの親であるミラー・パケット氏の基調講演も行われ、多くのアーティストによる研究発表、イブニング・セッション、コンサートなども予定されています。

Max Summer School in Geidai 2024

『Maxサマースクール・イン・藝大』の昨年の様子

Maxサマースクール・イン・藝大 2024』は、2024年7月29日(月)から8月2日(金)10:00〜18:00の日程で、東京芸術大学 千住キャンパス 第7ホールとオンラインで開催。参加費は28,000円で、定員は75名、受講にあたってはMaxをインストールしたパソコンが必須となります(Maxはデモ・バージョンでも可)。申し込み期間は2024年4月27日(土)から6月5日(水)で、例年すぐに定員に達してしまうので、受講希望の方は早めに申し込んだ方がいいでしょう。詳細については、『Maxサマースクール・イン・藝大 2024』の公式Webサイトをご覧ください。

Max Summer School in Geidai 2024

歌い手との距離をセンサーで測定し、音量と音色を自動で補正する“オートフォーカス・マイク”、LEWITT「RAY」がデビュー

Universal Audio、テープ・レコーダーをモデリングした新作プラグイン「Verve Analog Machines Essentials」を無償配布中…… 4月30日まで

Amigaをギター用ストンプとして使う…… Magical Synth Adventure、A500をエフェクターとして使用するビデオを公開

『Maxサマースクール・イン・藝大 2024』が7月29日から8月2日の日程で開催…… Maxの生みの親であるミラー・パケット氏、IRCAMの研究者も参加

ソニーの業務用モニター、PVMシリーズのミニチュア液晶モニターが登場…… 5インチと3.5インチの2モデルがラインナップ

IK Multimedia、珠玉の“メタル・トーン”を再現する「TONEX Metal Gems」をリリース…… Peavey 5150やSoldano SLO-100などを忠実にモデリング

シングルボードコンピュータをモジュール化した“Eurorack PC”、「PAC BOT」…… モジュラーシンセの中でDAWやプラグインを使用することが可能に

ストンプ・メーカーが作ったJUNO/Polysixインスパイアのバーチャル・アナログ・シンセ、VONGON「REPLAY」がデビュー

Amiga独特のローファイでクラッチーなサウンドを再現するプラグイン・サンプラー、PotenzaDSP「Amigo」がリリース

ディストーション・プラグインの傑作、iZotope「Trash」が復活…… 無償版の「Trash Lite」も提供されるように

ボタンとジョイスティックでコードを演奏できるポケット・シンセ、Pocket Audio「HiChord」が誕生

Waves、入力音のダイナミクスでエフェクトを変調できる、これまでにない空間系複合プロセッサー「Space Rider」を発売

Arturia、「Pigments 5」を発表…… マルチ・コア処理に最適化、1クリックでメロディーを生成するジェネレーティブ機能も搭載

ローランド、オール・イン・ワンのゲーム配信用デバイス、「BRIDGE CAST X」を発表…… HDMI入力の装備により、映像も扱うことが可能に

コルグ「handytraxx play」がデビュー…… クロス・フェーダーやルーパー、エフェクトを搭載、これ1台でDJプレイが楽しめるクリエイティブなレコード・プレーヤー

コルグ、伝説のシンセサイザーを復刻した「PS-3300FS」を発表…… 約半世紀の年月を経て蘇る、“全鍵ポリフォニック”のモンスター・シンセ

ALM/Busy Circuitsから便利モジュール、「MEGA MILTON」が登場…… レベル変換/ミキサー/スリュー・リミッター/S&H/マルチプルといった機能が集約

コルグのDIYシンセ、NTS-1 digital kitが“mkII”として進化…… 新たにマルチタッチ・キーボードを搭載、MIDIシーケンサーとしても機能するように

ICON