Feature Image

DAW & PLUG-IN

Amiga独特のローファイでクラッチーなサウンドを再現するプラグイン・サンプラー、PotenzaDSP「Amigo」がリリース

PotenzaDSPが、Amiga独特のローファイ・サウンドが得られるプラグイン・サンプラー、「Amigo(アミーゴ)」をリリース。UK/EUのトラックメイカーを中心に、大きな話題になっています。

PotenzaDSP - Amigo Sampler

PotenzaDSP「Amigo Sampler」(デフォルト・スキン)

PotenzaDSPとオランダのトラックメイカー、stekkerのコラボレーションによって開発された「Amigo」は、Mac/Windows/Linuxに対応したプラグイン・サンプラー(AU/VST3対応。64bitのみ)。機能的にはシンプルながら、Amigaならではのローファイでクラッチーなサウンドを再現するファンクションを備えているのが特徴です。

発音するサンプルはドラッグ&ドロップでロードすることができ、WAV/MP3/AIFF/FLAC/OGGのほか、AmigaのIFF/.8svx/.rawの各フォーマットに対応。Amigaユーザーは、OctaMEDなどで使用しているサンプルをそのままロードすることができます。「Amigo」には、『スライス』と『サンプル』という2つのモードが用意されており、『スライス』モードではサンプルを最大64つに切り分け、MIDIノートでモノフォニック・トリガーすることが可能。サンプルの切り分けは手動のほか、9段階のスレッショルドで自動スライスすることもできます。

PotenzaDSP - Amigo Sampler

サンプルを切り分けてトリガーする『スライス』モード

一方の『サンプル』モードは、ロードしたサンプルに音階を付けて鳴らせるモードで、グライドやループを設定することも可能。最大16音のポリフォニック発音にも対応し、MIDIキーボードで演奏したコードを記録できるコード・メモリー機能も備えています。

PotenzaDSP - Amigo Sampler

サンプルに音階を付けて鳴らせる『サンプル』モード

そして「Amigo」の大きなフィーチャーと言えるのが、ダウン・サンプルとリアルタイム・タイム・ストレッチという音色を変える2つの機能。ダウン・サンプルは、ロードしたサンプルを8bitの指定したサンプル・レートに変換する機能で、AmigaのPaulaチップのアンチ・エイリアシング・フィルターのイミュレーションにより、あの独特のサウンドが再現されているとのこと。最大200%の長さに伸ばすことができるリアルタイム・タイム・ストレッチは、往年のAKAIサンプラーのようなサウンドを得ることができ、リアルタイム処理に対応しているというのも特徴と言えそうです。

UKのトラックメイカーのピート・キャノン(Pete Cannon)からも、「これまで使用したAmigaイミュレーションの中で間違いなくベスト。タイム・ストレッチとコード・メモリーは突き抜けている!」と絶賛されているプラグイン・サンプラー「Amigo」。販売価格は10ポンド(現在の為替レートで約1,900円)と安価なので、気になる方はぜひチェックしてみてください

PotenzaDSP - Amigo Sampler

ボーカル・トラックをまったく違う声質の歌声、楽器演奏に変換できるクラウド・プラグイン、Sonarworks「SoundID VoiceAI」の国内販売がスタート

IK Multimedia、次世代“MTM”モニター「iLoud MTM MK II」を発表…… 新設計のドライバーを搭載、定番モニターをイミュレートできる機能も利用可能に

珍しい楽器/物体の共鳴と、真空管モジュラーシンセを組み合わせた“エレクトロ=アコースティック・シンセサイザー”、Mntra「Vespera」がデビュー

iZotopeのAIミキシング・ツール、Neutron 4 Elementsが期間限定で無償配布中

iZotope、「RX 11」を発表…… ラウドネスを自動で最適化、SpotifyやApple Musicの配信音質をシミュレートする機能も搭載

Apple、Logic Proの約11年ぶりのメジャー・バージョン・アップとなる「Logic Pro 11」を発表…… フレーズ生成やステム分割など、AIを活用した新機能を多数搭載

LEWITT、誰でも簡単に理想的なサウンドでレコーディングが行える新世代オーディオ・インターフェース、「Connect 2」を発表

ローランド、新型フラッグシップ・シンセ、「FANTOM EX」シリーズを発表…… SH-101やJUPITER-8のACB音源を標準搭載

歌い手との距離をセンサーで測定し、音量と音色を自動で補正する“オートフォーカス・マイク”、LEWITT「RAY」がデビュー

Universal Audio、テープ・レコーダーをモデリングした新作プラグイン「Verve Analog Machines Essentials」を無償配布中…… 4月30日まで

Amigaをギター用ストンプとして使う…… Magical Synth Adventure、A500をエフェクターとして使用するビデオを公開

『Maxサマースクール・イン・藝大 2024』が7月29日から8月2日の日程で開催…… Maxの生みの親であるミラー・パケット氏、IRCAMの研究者も参加

ソニーの業務用モニター、PVMシリーズのミニチュア液晶モニターが登場…… 5インチと3.5インチの2モデルがラインナップ

IK Multimedia、珠玉の“メタル・トーン”を再現する「TONEX Metal Gems」をリリース…… Peavey 5150やSoldano SLO-100などを忠実にモデリング

シングルボードコンピュータをモジュール化した“Eurorack PC”、「PAC BOT」…… モジュラーシンセの中でDAWやプラグインを使用することが可能に

ストンプ・メーカーが作ったJUNO/Polysixインスパイアのバーチャル・アナログ・シンセ、VONGON「REPLAY」がデビュー

Amiga独特のローファイでクラッチーなサウンドを再現するプラグイン・サンプラー、PotenzaDSP「Amigo」がリリース

ディストーション・プラグインの傑作、iZotope「Trash」が復活…… 無償版の「Trash Lite」も提供されるように

ICON