Feature Image

NEWS

欧米で話題沸騰のキャリブレーション・プラグイン、Sonarworks「Reference 3」が遂に日本上陸! スピーカーだけでなく、ヘッドフォンの補正にも対応!

メディア・インテグレーション MI事業部が、ラトビア Sonarworks社の国内代理店業務を開始。スピーカー/ヘッドフォン・キャリブレーション・ソフトウェア「Reference 3」の国内販売を、2017年4月4日に開始するとアナウンスしています。

Sonarworks - Reference 3

Reference 3」は昨年来、欧米でかなりの話題となっているスピーカー/ヘッドフォン・キャリブレーション・ソフトウェア。Lady GaGaを手がけたグラミー・エンジニア:Rafa Sardinaをはじめ、名だたるスタジオ/エンジニア/ミュージシャンがこぞって導入している注目の製品です。

Reference 3」は、測定用ソフトウェアと測定用マイクロフォン、そしてDAW用プラグイン(AU/AAX/RTAS/VST対応)の3つのコンポーネントで構成されます。ユーザーは自分のスタジオ(部屋)の音響特性を測定用ソフトウェアと測定用マイクロフォンで測定し、生成されたプロファイルをDAW用プラグインで適用。たったこれだけの作業で、部屋やスピーカーの音響的な偏りが補正され、正確でフラットなモニタリングが可能になります。測定は最低25箇所で行う必要がありますが、Sonarworks社によれば15分もあれば作業は完了するとのこと。適用するスピーカーのプロファイルも、代表的な機種ならばほとんど用意されています。

Sonarworks - Reference 3

これまでも似たような製品はありましたが、「Reference 3」では最先端のDSP技術が採用されているとのことで、“補正に伴う副作用的な音の変化が一切生じない”のが最大の特徴とのこと。独自の“ACE(Audio Calibration Engine)”という技術によって、周波数全域16,000ポイント(!)でリニア・フェイズ処理が実行されるとのことです(完全なリニア・フェイズ処理はレーテンシーが非常に大きくなるため、必要に応じてレーテンシーを短くすることも可能)。

また、スピーカー出力だけでなく、ヘッドフォン出力のキャリブレーションに対応しているのも「Reference 3」の大きな特徴。ヘッドフォン出力で使用する場合は当然部屋の測定は不要で、用意されているヘッドフォン・プロファイルを選ぶだけでキャリブレーションが可能です(Sonarworks社によれば、ヘッドフォン出力では“フラットなサウンド”ではなく、“フラットなスピーカー”となるようキャリブレーションが実行されるとのこと)。

Sonarworks - Reference 3

スタジオで作業するようなプロはもちろん、自宅で音楽制作を行っている人も大注目の新製品である「Reference 3」。気になる価格は、スピーカー・キャリブレーション+ヘッドフォン・キャリブレーションの両方に対応した測定マイク付きのパッケージが45,000円(税込)、スピーカー・キャリブレーションのみに対応した測定マイク付きのパッケージが37,800円(税込)、ヘッドフォン・キャリブレーションのみに対応したバージョンが13,800円(税込)となっています。詳しくは、メディア・インテグレーション MI事業部のWebサイトをご覧ください。

フックアップ、Macにも対応した「FL Studio 20」のダウンロード販売を開始! 日本語クイック・スタート・ガイドが付属、最上位版は約17%OFFで販売中

ハイ・リゾリューション、Antares製品の取り扱いを開始! 注目の「Auto-Tune Pro」をはじめ、全製品イントロ・プライスで販売中

PreSonus、Studio Oneの新バージョン「Studio One 4」をリリース! 強力な『コード・トラック/ハーモニー編集機能』を搭載、本日より販売開始!

Image-Line、新世代DAWソフト「FL Studio 20」をリリース! 遂にMacにもネイティブ対応!

ハイ・リゾリューション、MOTU Digital Performerのクロスグレード版を、50%OFFの24,000円で販売中! 100本限定

話題のIK Multimedia初のアナログ・シンセ「UNO Synth」、明日開催の『Cafe Deluxe #3』に展示されることが決定! 販売店では先行予約もスタート

Moog、来週開催の『Moogfest』で新型シンセ「Grandmother」を発表! 32鍵キーボードを搭載したセミ・モジュラー・シンセ

SUPERBOOTH 2018: 独自の合成方式を採用した強力なソフト・シンセ、JoboMusic「FLEXION」がデビュー! 作成した音色を共有/販売できる機能も搭載

SUPERBOOTH 2018: Behringer、TR-808をアナログ回路で再現した「RD-808」をお披露目! TR-909クローンも現在開発中

SUPERBOOTH 2018: Dave Smith Instruments、サンプル音源とシンセ音源を融合した“究極のProphet”、「Prophet X」を発表!

SUPERBOOTH 2018: IK Multimedia、本格アナログ・シンセ「UNO Synth」を発表! Soundmachinesと共同開発、価格は約25,000円!

SUPERBOOTH 2018: 一見普通の鍵盤ながら3Dタッチに対応したアナログ・シンセ、SyntoNovo「Pan」がデビュー!

SUPERBOOTH 2018: Dave Smith、新製品のティーザー・ムービーを公開! 8Dioと共同開発のPCMワークステーション「Prophet X」が登場?

製品開発ストーリー #41:コルグ KORG Gadget for Nintendo Switch 〜 開発メンバーが語り尽くす、世界初の“対戦型DAW”のすべて 〜

Avid、ソフトウェア・アップデートプランが有効のPro Toolsユーザー全員に、iZotope RX Elementsを無償進呈するプロモーションを開始!

Switch to Studio One #13:Chihei Hatakeyama 〜 インタビュー記事の公開に合わせ、Studio One用マルチトラック・ファイルの無償提供も開始! 〜

IK Multimedia、徹底的に“ブリティッシュ・サウンド”にこだわった新作ドラム音源、「London Grooves」のダウンロード販売を開始!

Ableton、優秀な“Live使い”を認定するイベントを約4年ぶりに東京で開催! 応募締切は今月27日

ICON