Feature Image

NEWS

NAMM 2017: コルグ、「KORG Gadget for Mac」を発表! アイディアを素早く形にできる“コルグ製DAW”、満を持してデビュー!

来週19日に開幕する世界最大規模の楽器の展示会、『The 2017 NAMM Show』。いくつかのメーカーから早くも新製品が登場していますが、コルグも本日、複数の新製品をアナウンスしました。中でも大注目なのは、「KORG Gadget for Mac」。人気のiOS用音楽制作アプリ、KORG Gadgetが何とMacにも対応(!)しました。間もなく、コルグ製DAWソフトウェアがデビューを果たします。

KORG Gadget for Mac

KORG Gadgetは、今から約3年前、2014年1月の『The 2014 NAMM Show』で発表されたiOS用の音楽制作アプリ。“ガジェット”と呼ばれる音源(シンセサイザーやドラム・マシンなど)を多数搭載し、iOSデバイス(iPad/iPhone/iPod touch)上で気軽に音楽制作を行えるアプリとして、世界中で人気を集めています。

iOS用音楽制作アプリはたくさん存在しますが、KORG Gadgetが優れているのは何と言ってもその秀逸なユーザー・インターフェース。縦軸をトラック、横軸を時間とする伝統的なMIDIシーケンサー/DAWのUIを踏襲していますが、その操作体系はシンプルかつ明快で、非常に洗練されているのです。

簡単に紹介すると、UIは上下2分割のデザインとなっており、上にはトラックが並び、下にはミキサーが配されています。そして任意のトラックをタッチすると、上にピアノ・ロール、下に“ガジェット(音源)”のUIが表示されるという、ほぼこれだけのシンプルさです。思いついたフレーズは、MIDIコントローラーを接続しなくても、指先で素早く入力することが可能。初めからiOSデバイス向けにデザインされているため、縦向きで使用できる点も大きな特徴で(もちろん、横向きでも使用可能)、まるでゲームをしているような感覚で曲作りが行えます。

また、豊富に用意されている“ガジェット”も、KORG Gadgetの魅力のひとつ。現在、20種類以上の“ガジェット”が用意されており、シンセサイザーやPCM音源、ドラム・マシンなど、曲作りに必要な音源はひととおり網羅されています(“ガジェット”はすべて個性的なデザインになっており、世界中の都市の名前が付けられています)。そして作成した楽曲は、オーディオとして書き出せるのはもちろんのこと、Ableton Liveのプロジェクトとしてもエクスポート可能。まずはKORG Gadgetで楽曲のアウトラインを作り、Ableton Liveでそれを膨らます…… といったシームレスなワークフローを実現しています。

KORG Gadget for Mac

そして今回、「KORG Gadget for Mac」の登場により、KORG Gadgetがデスクトップでも使用できるようになりました。詳細は『The 2017 NAMM Show』開幕と同時に発表されるとのことですが、基本コンセプトはもちろん、デザインや機能も完全にiOS版を踏襲しているとのこと。しかしながら「KORG Gadget for Mac」では、パソコンの大画面を活かし、4分割のユーザー・インターフェースとなったため、表示を切り替えることなく、ほとんどの操作が行えるようになっています。注目は、オーディオに対応した2種類の新ガジェットが追加されている点。これまでのKORG Gadgetは、言ってみれば「音源内蔵MIDIシーケンサー」だったわけですが、オーディオの録音/再生に対応した新ガジェットの登場によって、遂にボーカルや生楽器を扱うことも可能になりました。また、オーディオ対応のガジェットだけでなく、ドラム系の新ガジェットも追加されるとのこと。そして「KORG Gadget for Mac」には、ガジェットをプラグイン化した「Gadget Plug-in Collection」が付属(!)し、ユーザーは愛用のDAWソフトウェアでも大量のガジェットを使用することが可能になります(「Gadget Plug-in Collection」は、AU/VST/AAX/NKSの各フォーマットに対応!)。

KORG Gadget for Mac

現時点で発表されている「KORG Gadget for Mac」の主な特徴は以下のとおりです。

コルグが満を持して世に送り出す、新世代音楽制作ソフトウェア「KORG Gadget for Mac」。これから音楽制作を始めたいという人はもちろんのこと、曲のアイディアをスケッチしておくための「セカンドDAW」としても人気を集めそうです。販売価格はまだ発表になっていませんが、膨大な数のガジェットがAU/VST/AAX/NKSフォーマットで使えるというだけでも“買い”なのではないでしょうか。

『The 2017 NAMM Show』は、19日10:00(日本時間:20日3:00)から、アメリカ・アナハイムのAnaheim Convention Centerにて開催されます。

KORG Gadget for Mac

Sample Magic、高品位なサウンド・エフェクトを集めたサンプル・パック、「101 Free FX Loops」の無償配布を開始!

フランス発、1万円以下で買える3音ポリフォニック・アナログ・シンセ「Krischer」

Softube、ローファイ・マシンの名機を再現した「OTO Biscuit」をはじめ、4種類の新作をリリース! 現在イントロ価格で販売中

Klanghelm、人気の無償コンプレッサー・プラグイン「DC1A」をアップデート! パラレル処理やメーター切り替えが可能に

メディア・インテグレーション、Waves Goldを約86%OFFの14,800円で販売するセールを開始! 明日19時までの24時間限定

エムアイセブン、作曲家の田辺恵二氏が制作したStudio Oneのソング・データの無償配布を開始! 第一線で活躍するプロの使いこなしを学べる貴重なファイル

PreSonusの新型オーディオIF、Studio 18|10とStudio 18|24の国内販売が開始! Studio Oneやプラグインなどもバンドル

あのMutable Cloudsが、Softube Modularに対応! 圧倒的人気のグラニュラー・サンプラーがDAWで使用可能に

ローランドの名機を美しい写真で綴った豪華本『R is for Roland』、限定数増刷され、現在注文受け付け中

MOTU Digital Performer ユーザー・ストーリー:乃木坂46やHKT48らに楽曲を提供している大橋莉子さんインタビュー

Product Review #4:Endorphin.es Autopilot 〜 シンセのチューニングを自動で合わせてくれる超便利モジュールが登場!

あのAppleも採用した“DAW用デスク”、Output「Platform」が日本に上陸! プライベート・スタジオ用デスクの決定版

中国のWebメディア Midifan、『SUPERBOOTH』のレポート記事が問題視され、Behringerから警告文を受け取る

来週21日(木)、Studio Oneユーザー・グループの第4回オフ会が開催! 田辺恵二氏をはじめとするトップ・プロがバージョン4の新機能を解説

Cycling ’74 Max/Ableton Liveと、Eurorackモジュラーを組み合わせたAkihiko Matsumotoのライブ・システム

今週金曜日、東京・神楽坂の神楽音において、新しいタイプのモジュラー・ライブ・イベント『SOURCE CORD』が開催!

フックアップ、Macにも対応した「FL Studio 20」のダウンロード販売を開始! 日本語クイック・スタート・ガイドが付属、最上位版は約17%OFFで販売中

ハイ・リゾリューション、Antares製品の取り扱いを開始! 注目の「Auto-Tune Pro」をはじめ、全製品イントロ・プライスで販売中

ICON