Feature Image

NEWS

NAMM 2017: Akai Professionalの大型新製品「MPC X」と「MPC Live」の情報がリーク…… 世界が欲したスタンドアローンMPCが遂に復活!

アメリカの楽器店 Sweetwaterが、Akai Professionalの新製品「MPC X」と「MPC Live」の商品ページを掲載。Akai Professionalは来週開催の『The 2017 NAMM Show』を前に、YouTubeで新製品のティーザー動画を公開していますが、動画の中でアーティストにお披露目されている新製品は、おそらくこの「MPC X」と「MPC Live」だと思われます。

Akai Professional - MPC X

Image via Sweetwater

MPC X

「MPC X」は、世界中で待ち望まれていたスタンドアローンで(コンピューター無しで)使用できるMPC。2008年に発売されたMPC5000を最後に、MPCはコンピューター・ベースのプロダクション・システム(ソフトウェアとコントローラーを組み合わせたシステム)へと移行していましたが、「MPC X」はMPC3000やMPC2000XLといった名機と同様、サンプラー/シーケンサー専用機となっています。

詳細なスペックは不明ですが、スタンドアローン・マシンながら、フロントエンドとなるソフトウェアはMPC 2.0 Softwareで、Mac/Windows版との互換性も保たれているとのこと。オーディオ・トラックも装備していおり、強化されたTime Warp機能も備えています。

サンプラーのメモリは2GB、内蔵ストレージは16GBで、CR2、TOOLROOM、Loopmasters、Capsun Pro Audioといったメーカーが手がけた10GBものサウンド・ライブラリーがプリ・インストールされるとのこと。もちろん、外部ストレージで容量を拡張することもできます。

Akai Professional - MPC X

Image via Sweetwater

シーケンサーも、MPC=MIDI Production Centerの名に恥じない十分な機能を備えているようで、外部のシンセサイザーや音源モジュールを鳴らすことができる2系統のMIDI入力(計32ch)と4系統のMIDI出力(計64ch)とUSB端子を装備。注目は8系統のCV/Gate端子を備えている点で、流行のEurorackシンセサイザーなどもダイレクトにコントロールすることが可能になっています。

サーフェースはMPC5000のデザインを継承しているようですが、まず目を惹くのがその大型のフルカラー・ディスプレイ。サイズはなんと10.1インチ(iPadよりも大型)とのことで、マルチ・タッチ仕様のものが備わっています。中央にはMPCには欠かせない16個のベロシティ対応パッド、左側には16基のQ-LINKノブが備わり、Q-LINKノブの上には有機ELのようなディスプレイも搭載。MPCユーザーであれば、マニュアルなしで操作できるような伝統のレイアウトが採用されています。

リア・パネルには、INPUT 1〜2(XLR/フォーンのコンボ端子)、INPUT 3〜4(フォーンおよびピン。ターンテーブルを直接できるPHONO/LINE切り替えスイッチや、アース端子も装備)、OUTPUT 1〜8(フォーン)、MIDI入力 1〜2、MIDI出力 1〜4、CV/Gate出力 1〜8、3基のUSB端子を装備。電源はACアダプターのようです。

Sweetwaterの商品ページによると、価格は2,999ドルで、販売価格は2,199ドル。欧米のWebメディアによると、2017年第1四半期に発売されるとのことです。

Akai Professional - MPC X

Image via Sweetwater

MPC Live

「MPC X」と同じくらい(あるいはそれ以上に)注目を集めそうなのが、もう1つの新製品「MPC Live」です。「MPC Live」は、MPC Touchとほぼ同じ見た目ながら、スタンドアローンでの(コンピューター無しでの)使用を可能にした製品。「MPC X」と比べると筐体はかなりコンパクトで、気軽に持ち運べる魅力的なマシンに仕上がっています。

Akai Professional - MPC Live

Image via Sweetwater

Akai Professional - MPC Live

Image via Sweetwater

こちらも詳細は不明ですが、MPC 2.0 Softwareが動作する点や、2GBのメモリ、16GBの内蔵ストレージなど、サンプラー/シーケンサーの基本的なスペックは「MPC X」とほぼ同一のもよう。筐体の右側には7.1インチのフルカラー・タッチ・スクリーン、左側には16個のベロシティ対応パッドが備わっています。

リア・パネルには、INPUT 1〜2(フォーンおよびピン。ターンテーブルを直接できるPHONO/LINE切り替えスイッチや、アース端子も装備)、RECボリューム・ノブ、OUTPUT 1〜6(フォーン)、ヘッドフォン出力、マスター・ボリューム・ノブ、MIDI入力 1〜2、MIDI出力 1〜2、SDカード・スロット、3基のUSB端子を装備。残念ながら「MPC X」のようなCV/Gate出力は備わっていないようです。電源はアダプターに加え、内蔵バッテリー(!)でも動作するもよう。これはかなり魅力的です。

Sweetwaterの商品ページによると、価格は1,999ドルで、販売価格は1,199ドル。こちらも2017年第1四半期に発売されるとのことです。

「MPC X」と「MPC Live」のお披露目の場となるであろう『The 2017 NAMM Show』は、19日10:00(日本時間:20日3:00)から、アメリカ・アナハイムのAnaheim Convention Centerにて開催されます。

Akai Professional - MPC Live

Image via Sweetwater

楽曲をリアルタイムに再構築できる、DJ/マシン・ライブのためのオーディオ・ルーパー、alter.audio「Timetosser」

コルグ POLY-800を忠実に再現したソフト・シンセ、Full Bucket Music「FURY-800」の無償配布が開始

IK Multimedia、iLoud MTMのホワイト・モデルを発売…… T-RackS 5を無償進呈するプロモも実施

ゲーム感覚でフレーズを無限に生み出すことができるポータブル・シンセサイザー、「Ellitone E[64]」が間もなく発売

Spitfire Audio、“クジラの音”をグラニュラー合成したサンプル音源、「Granular Whalesong」の無償配布を開始

teenage po modular 400に、EMS Synthiのようなマトリクス・パッチを追加する「POM-400 MATRIX KIT」

デスクトップ型のデジアナ・ハイブリッド・シンセ、Fred’s Lab「Töörö」が間もなくデビュー

すべての文字がクロス(×)の組み合わせでできたフォント、「Cross Stitched」が無調配布中

ゲーム機のようにエフェクトを入れ替えられるストンプ、COOPER FX「ARCADES」…… DSPクロックを変化させることも可能

Teenage Pocket Operatorが初めてフィーチャーされたミュージック・ビデオ、Dolores Haze『I Got My Gun』

FXpansion、定番ドラム音源「BFD3」を50%OFFの22,000円で販売するプロモを開始…… 6月30日まで

モジュラーシンセの伝道師 DivKid、Valhalla Supermassive用のオリジナル・プリセットを無償公開

エムアイセブン、超絶ギタリスト Kelly SIMONZ氏制作のStudio One用マルチトラック・データの無償提供を開始

Cycling ’74 Maxを基礎から学べる『Maxサマースクール・イン・藝大』が今年はオンラインで開催…… テーマは“MaxとAI”

Zynaptiq、「WORMHOLE」を約50%OFFの8,900円で販売するプロモを開始…… 音響効果に最適な複合プラグイン

ジョイスティックでモジュラーシンセを操れるCVコントローラー、Life is Unfair Audio Devices「Potential」

KORG Germany、シンセ業界の著名人たちが調理レシピを紹介した電子書籍、『The Pyjama Cookbook』を無償で公開

IK Multimedia、マスタリング・ツール「Lurssen Mastering Console」を5,990円で販売するプロモを開始

ICON