Feature Image

NEWS

NAMMで注目を集めたEndorphin.esのパフォーマンス・シンセ「Shuttle」が遂に日本上陸! 20台限定、特別価格で販売開始

Rock oN Companyが、Endorphin.esのシンセサイザー「Shuttle」の国内販売を開始。国内販売を記念し、20台限定で249,000円(税込)で販売するとのことです。

Endorphin.es - Shuttle

Endorphin.esは、スペイン・バルセロナを拠点とするモジュラー・メーカー(もともとはオーストリアのメーカーでしたが、現在はスタッフ全員スペインに引っ越し、バルセロナを拠点にしているようです。2016年のNAMM Showのレポート記事はこちらに掲載しています)。今回国内で販売される「Shuttle」は、同社のEurorackモジュール5製品を一体化したシンセサイザーで、西海岸スタイルのデュアル・オシレーター(Furthrrr Genarator)、デュアル・エンベロープ/フィルター/VCA/エフェクト(Grand Terminal)、CVミキサー/オート・チューナー(Gateway)、ステレオ4chミキサー(Cockpit)、USB-MIDI-CVコンバーター/電源(Shuttle Control)といった機能が84HPの筐体に凝縮されています。同社は2013年の「Furthrrr Genarator」以来、コツコツとEurorackモジュールをリリースしてきましたが、この「Shuttle」はその完成形と言っていいでしょう。

“パフォーマンス・インストゥルメント”を標榜する「Shuttle」は、iPhoneやiPadなどiOSデバイスと組み合わせることで威力を発揮するデザインになっているのが特徴です(展示会では、必ずiOSデバイスと組み合わせてデモが行われています)。「Shuttle Control」のUSB端子にiOSデバイスを接続すれば、アプリからのMIDI信号を最大16系統CV出力することができるので、シーケンサー・アプリから自由に「Shuttle」を発音/コントロールすることが可能。また同時に「Cockpit」にiOSデバイスの出力端子を接続すれば、オーディオ信号を「Shuttle」の音とミックスして出力することができます。この「Cockpit」、かなりの優れもので、付属の4極TRRSケーブルを使用すれば、iOSデバイスと“行って来い(センド・リターン)”の接続にも対応。つまり、iOSデバイスを外部エフェクターとしても活用できるというわけです。

Endorphin.es - Shuttle

手持ちのiPhone/iPadをシーケンサー/エフェクター/オーディオ・プレーヤーとしてフル活用できる、とてもユニークなコンセプトのシンセサイザー「Shuttle」。内蔵の「Furthrrr Genarator」や「Grand Terminal」にはモジュラー・シンセのおもしろさが詰まっているので、Eurorackワールドへの入門機としても最適な1台と言えるでしょう(なお、「Shuttle」は一見スタンドアローンのシンセサイザーのようですが、ケースから取り外せば84HPのEurorackモジュールなので、別のケースにマウントすることもできます。また、Endorphin.esからパネルを入手することで、各モジュールをバラバラにすることも可能のようです)。モジュラー・シンセに興味はあるが、なかなか手が出なかった…… という人は、ぜひ一度Rock oN Comapnyの店頭で「Shuttle」に触れてみてはいかがでしょうか。なおRock oN Comapnyでは、「Shuttle」以外の単品モジュールの販売も同時に開始するとのことです。

Endorphin.es - Shuttle

Endoephin.esのMoritzさんとGiuliaさん

NAMM 2018: Arturia、同社初のEurorack製品「RackBrute」を発表! MiniBrute 2とも連結できる変幻自在のモジュラー・ケース

NAMM 2018: コルグ、「ARP ODYSSEY FSQ」を限定販売…… フル鍵のODYSSEYにARPカラーのスペシャルSQ-1をバンドル

Apple Music Lab『ファレル・ウィリアムスに学ぶ創造力の源泉』〜 ファレル・ウィリアムス × ローランド・ラム(ROLI)トーク・ライブ・レポート

NAMM 2018: コルグ、volca用ミキサー「volca mix」を発表! 3台のvolcaの出力をミックス、電源/シンク・マスターとしても機能

NAMM 2018: コルグ、新世代フラッグシップ・シンセ「prologue」を発表! ユーザーが作成したオシレーター/エフェクトをロードできる“オープン環境のシンセ”

製品開発ストーリー #36:Universal Audio Arrow 〜 他に先駆けてThunderbolt 3に対応、低価格ながらUAD機能も備えた新世代オーディオIF 〜

テレキャスを愛し、GarageBandで作曲するギター女子:のん セカンド・シングル・リリース記念! スペシャル・インタビュー

NAMM 2018: Universal Audio、新型オーディオIF「Arrow」を発表! TB3対応、UAD機能を備えたコスパ抜群のキラーIF

作曲家:瀬川英史氏の劇伴作曲セミナーが、来月12日に開催! 入場無料、瀬川氏自らPro Toolsの使いこなしテクニックを披露

コルグ、ソフト音源の新バンドル「KORG Collection」の販売を開始! 新たにARP ODYSSEYを追加、AAXも対応予定

IK Multimedia、「iRig Keys I/O」の国内販売を本日より開始! 24bit/96kHz対応のオーディオIFが統合された新型キーボード・コントローラー

メディア・インテグレーション、ソフト音源を最大85%OFFで販売する今年最後の大型セールを開始! Wavesは各3,780円、Tracktionは各5,000円

モジュラーGUIを採用したプラグイン・ホスト、Kushview「Element」が無償配布開始! AU/VSTに対応、有償版はAAXもサポート

Native Instruments、新開発のフェイザー・プラグイン「PHASIS」の無償配布を開始! 3,180円相当のバウチャーも配布中

IK Multimedia、SyntronikのiPhone対応バージョンをリリース! Audio Unitsもサポート、25音色利用できる無償版も提供

PreSonusの新型オーディオIF、「AudioBox USB 96」が販売開始! 96kHz対応、Studio Oneが付属して13,800円

UVI、神経衰弱ゲーム「Memori」の無償配布を開始! 全レベルをクリアした先着10名はUVIストアで100ドル割引!

Avid、Pro Tools 12のユーザーに、Tracktionのソフト音源「Biotek」と、高品位ライブラリーを無償提供するプロモーションを開始!

ICON