Feature Image

NEWS

NAMM 2017: コルグ、「KORG Gadget for Mac」を発表! アイディアを素早く形にできる“コルグ製DAW”、満を持してデビュー!

来週19日に開幕する世界最大規模の楽器の展示会、『The 2017 NAMM Show』。いくつかのメーカーから早くも新製品が登場していますが、コルグも本日、複数の新製品をアナウンスしました。中でも大注目なのは、「KORG Gadget for Mac」。人気のiOS用音楽制作アプリ、KORG Gadgetが何とMacにも対応(!)しました。間もなく、コルグ製DAWソフトウェアがデビューを果たします。

KORG Gadget for Mac

KORG Gadgetは、今から約3年前、2014年1月の『The 2014 NAMM Show』で発表されたiOS用の音楽制作アプリ。“ガジェット”と呼ばれる音源(シンセサイザーやドラム・マシンなど)を多数搭載し、iOSデバイス(iPad/iPhone/iPod touch)上で気軽に音楽制作を行えるアプリとして、世界中で人気を集めています。

iOS用音楽制作アプリはたくさん存在しますが、KORG Gadgetが優れているのは何と言ってもその秀逸なユーザー・インターフェース。縦軸をトラック、横軸を時間とする伝統的なMIDIシーケンサー/DAWのUIを踏襲していますが、その操作体系はシンプルかつ明快で、非常に洗練されているのです。

簡単に紹介すると、UIは上下2分割のデザインとなっており、上にはトラックが並び、下にはミキサーが配されています。そして任意のトラックをタッチすると、上にピアノ・ロール、下に“ガジェット(音源)”のUIが表示されるという、ほぼこれだけのシンプルさです。思いついたフレーズは、MIDIコントローラーを接続しなくても、指先で素早く入力することが可能。初めからiOSデバイス向けにデザインされているため、縦向きで使用できる点も大きな特徴で(もちろん、横向きでも使用可能)、まるでゲームをしているような感覚で曲作りが行えます。

また、豊富に用意されている“ガジェット”も、KORG Gadgetの魅力のひとつ。現在、20種類以上の“ガジェット”が用意されており、シンセサイザーやPCM音源、ドラム・マシンなど、曲作りに必要な音源はひととおり網羅されています(“ガジェット”はすべて個性的なデザインになっており、世界中の都市の名前が付けられています)。そして作成した楽曲は、オーディオとして書き出せるのはもちろんのこと、Ableton Liveのプロジェクトとしてもエクスポート可能。まずはKORG Gadgetで楽曲のアウトラインを作り、Ableton Liveでそれを膨らます…… といったシームレスなワークフローを実現しています。

KORG Gadget for Mac

そして今回、「KORG Gadget for Mac」の登場により、KORG Gadgetがデスクトップでも使用できるようになりました。詳細は『The 2017 NAMM Show』開幕と同時に発表されるとのことですが、基本コンセプトはもちろん、デザインや機能も完全にiOS版を踏襲しているとのこと。しかしながら「KORG Gadget for Mac」では、パソコンの大画面を活かし、4分割のユーザー・インターフェースとなったため、表示を切り替えることなく、ほとんどの操作が行えるようになっています。注目は、オーディオに対応した2種類の新ガジェットが追加されている点。これまでのKORG Gadgetは、言ってみれば「音源内蔵MIDIシーケンサー」だったわけですが、オーディオの録音/再生に対応した新ガジェットの登場によって、遂にボーカルや生楽器を扱うことも可能になりました。また、オーディオ対応のガジェットだけでなく、ドラム系の新ガジェットも追加されるとのこと。そして「KORG Gadget for Mac」には、ガジェットをプラグイン化した「Gadget Plug-in Collection」が付属(!)し、ユーザーは愛用のDAWソフトウェアでも大量のガジェットを使用することが可能になります(「Gadget Plug-in Collection」は、AU/VST/AAX/NKSの各フォーマットに対応!)。

KORG Gadget for Mac

現時点で発表されている「KORG Gadget for Mac」の主な特徴は以下のとおりです。

コルグが満を持して世に送り出す、新世代音楽制作ソフトウェア「KORG Gadget for Mac」。これから音楽制作を始めたいという人はもちろんのこと、曲のアイディアをスケッチしておくための「セカンドDAW」としても人気を集めそうです。販売価格はまだ発表になっていませんが、膨大な数のガジェットがAU/VST/AAX/NKSフォーマットで使えるというだけでも“買い”なのではないでしょうか。

『The 2017 NAMM Show』は、19日10:00(日本時間:20日3:00)から、アメリカ・アナハイムのAnaheim Convention Centerにて開催されます。

KORG Gadget for Mac

メディア・インテグレーション、Nomad Factory/Wave Artsのプラグインを3,000〜4,000円/最大85%OFFで販売する1週間限定セールを開始!

NAMM 2018: パソコン不要のReaktor!? ストンプ型の未来型モジュラー・シンセ、Empress Effects Zoiaがデビュー!

NAMM 2018: グッド・デザインのDSPストンプ「kryo」 〜 高性能DSP SHARCを搭載、スマホで自由にプログラム

NAMM 2018: ディストーションの名機、RATを内蔵した“歪むシールド”、ProCo「RAT Tail」がデビュー!

NAMM 2018: おもちゃのような外観ながら、中身は本格的! 子ども用シンセサイザー「BLIPBLOX」が登場

NAMM 2018: Avid、Pro Toolsの新バージョン「Pro Tools 2018」を発表! 『さかのぼりレコード』や『トラック・プリセット』など、多くの新機能を搭載

NAMM 2018: IK Multimedia、究極のレスリー・スピーカー・シミュレーター、Leslieシリーズを発表! ハモンドUSA/鈴木楽器製作所と共同開発

NAMM 2018: フランスのスタートアップ企業、Enhanciaが指輪型のワイヤレス・コントローラーをお披露目

NAMM 2018: Antares、新世代Auto-Tune「Auto-Tune Pro」を発表! 楽曲のキーの自動判定機能を搭載、昔のAuto-Tuneのサウンドも再現

NAMM 2018: Arturia、同社初のEurorack製品「RackBrute」を発表! MiniBrute 2とも連結できる変幻自在のモジュラー・ケース

NAMM 2018: コルグ、「ARP ODYSSEY FSQ」を限定販売…… フル鍵のODYSSEYにARPカラーのスペシャルSQ-1をバンドル

Apple Music Lab『ファレル・ウィリアムスに学ぶ創造力の源泉』〜 ファレル・ウィリアムス × ローランド・ラム(ROLI)トーク・ライブ・レポート

NAMM 2018: コルグ、volca用ミキサー「volca mix」を発表! 3台のvolcaの出力をミックス、電源/シンク・マスターとしても機能

NAMM 2018: コルグ、新世代フラッグシップ・シンセ「prologue」を発表! ユーザーが作成したオシレーター/エフェクトをロードできる“オープン環境のシンセ”

製品開発ストーリー #36:Universal Audio Arrow 〜 他に先駆けてThunderbolt 3に対応、低価格ながらUAD機能も備えた新世代オーディオIF 〜

テレキャスを愛し、GarageBandで作曲するギター女子:のん セカンド・シングル・リリース記念! スペシャル・インタビュー

NAMM 2018: Universal Audio、新型オーディオIF「Arrow」を発表! TB3対応、UAD機能を備えたコスパ抜群のキラーIF

作曲家:瀬川英史氏の劇伴作曲セミナーが、来月12日に開催! 入場無料、瀬川氏自らPro Toolsの使いこなしテクニックを披露

ICON