Feature Image

SYNTH & MACHINE

名機コルグ microKORGの新世代モデルが待望のデビュー…… 音色の“時代感”を選択できるタイム・トラベル機能も搭載

来週木曜日から4日間にわたって開催される世界最大の楽器の展示会、『The NAMM Show』。その開幕を前に、コルグ新世代「microKORG」を発表しました。

KORG - microKORG 2

コルグ 新世代「microKORG」

2002年に発売され、世界的大ヒットを記録した小型シンセサイザー、microKORG。デビューから22年の年月を経て、遂に次のジェネレーションへと生まれ変わります。来週開催の『The NAMM Show』でお披露目される新世代「microKORG」は、シンセサイザー史に残る名機=microKORGのニュー・モデル。37鍵ミニ・キーボードを採用した小型筐体、5つのノブで音色をエディットできるシンプルな操作体系、グースネック・マイク搭載のボーカル・プロセッサーといったオリジナルmicroKORGの特徴を継承しつつ、サウンド/機能ともに大幅にブラッシュ・アップされています。

KORG - microKORG 2

オリジナルmicroKORGの特徴的な部分は継承

核となる音源部は、アナログ回路をモデリングしたシンセシス・エンジンで、最大同時発音数8音(Single)/4音(Dual)、最大2ティンバー(Dual時)という仕様。オリジナルmicroKORG同様、プログラム(音色)は音楽ジャンルで分類されており、“TECHNO/TRANCE”、“POP/ROCK”など、8種類のバンク(音楽ジャンル)を切り替えることができます。さらに新世代「microKORG」では、音色の“時代感”を選択できる3つのボタン(CLASSIC/MODERN/FUTURE)も搭載。『CLASSIC』では年代を超えた定番のサウンド、『MODERN』では現代風のサウンド、『FUTURE』では未来的なサウンドを選択することができ、コルグは“音色をタイム・トラベルできる機能”(!)としてアピールしています。

KORG - microKORG 2

プログラムは音楽ジャンルで分類され、その“時代感”(!)を選択できる

パネル・レイアウトや基本的な操作体系はオリジナルmicroKORGが踏襲されていますが、筐体中央部には2.8インチの大型カラー・ディスプレイを搭載。パラメーターがグラフィカルに表示され、視認性/エディット性能が大幅に向上しています。microKORGの大きな特徴であるボーカル・プロセッサーは新規に開発されたもので、ボコーダーはもちろんのこと、Daft Punk的なピッチ・エフェクトのハード・チューン、和声を作り出せるハーモナイザーなど複数のアルゴリズムを選択可能。自分の演奏を重ねてレコーディングできるループ・レコーダーやアルペジエーターといった機能も搭載しています。

KORG - microKORG 2

大型カラー・ディスプレイによって、視認性/エディット性能が大幅に向上

現時点では発売日/販売価格ともに未定という新世代「microKORG」ですが、発売時には限定カラー・モデル(メタリック・ブラック/パール・ホワイト)もラインナップされるとのこと。限定カラー・モデルには、筐体色と同じ色の専用ソフト・ケースも付属するとのことです。さらなる詳細は、コルグのWebサイトをご覧ください。

KORG - microKORG 2

発売を記念した2カラーの限定モデル

IK Multimedia、次世代“MTM”モニター「iLoud MTM MK II」を発表…… 新設計のドライバーを搭載、定番モニターをイミュレートできる機能も利用可能に

珍しい楽器/物体の共鳴と、真空管モジュラーシンセを組み合わせた“エレクトロ=アコースティック・シンセサイザー”、Mntra「Vespera」がデビュー

iZotopeのAIミキシング・ツール、Neutron 4 Elementsが期間限定で無償配布中

iZotope、「RX 11」を発表…… ラウドネスを自動で最適化、SpotifyやApple Musicの配信音質をシミュレートする機能も搭載

Apple、Logic Proの約11年ぶりのメジャー・バージョン・アップとなる「Logic Pro 11」を発表…… フレーズ生成やステム分割など、AIを活用した新機能を多数搭載

LEWITT、誰でも簡単に理想的なサウンドでレコーディングが行える新世代オーディオ・インターフェース、「Connect 2」を発表

ローランド、新型フラッグシップ・シンセ、「FANTOM EX」シリーズを発表…… SH-101やJUPITER-8のACB音源を標準搭載

歌い手との距離をセンサーで測定し、音量と音色を自動で補正する“オートフォーカス・マイク”、LEWITT「RAY」がデビュー

Universal Audio、テープ・レコーダーをモデリングした新作プラグイン「Verve Analog Machines Essentials」を無償配布中…… 4月30日まで

Amigaをギター用ストンプとして使う…… Magical Synth Adventure、A500をエフェクターとして使用するビデオを公開

『Maxサマースクール・イン・藝大 2024』が7月29日から8月2日の日程で開催…… Maxの生みの親であるミラー・パケット氏、IRCAMの研究者も参加

ソニーの業務用モニター、PVMシリーズのミニチュア液晶モニターが登場…… 5インチと3.5インチの2モデルがラインナップ

IK Multimedia、珠玉の“メタル・トーン”を再現する「TONEX Metal Gems」をリリース…… Peavey 5150やSoldano SLO-100などを忠実にモデリング

シングルボードコンピュータをモジュール化した“Eurorack PC”、「PAC BOT」…… モジュラーシンセの中でDAWやプラグインを使用することが可能に

ストンプ・メーカーが作ったJUNO/Polysixインスパイアのバーチャル・アナログ・シンセ、VONGON「REPLAY」がデビュー

Amiga独特のローファイでクラッチーなサウンドを再現するプラグイン・サンプラー、PotenzaDSP「Amigo」がリリース

ディストーション・プラグインの傑作、iZotope「Trash」が復活…… 無償版の「Trash Lite」も提供されるように

ボタンとジョイスティックでコードを演奏できるポケット・シンセ、Pocket Audio「HiChord」が誕生

ICON