Feature Image

SYNTH & MACHINE

ヤマハ、新感覚オール・イン・ワン音楽制作デバイス、「SEQTRAK」を発表…… 映像を生成/合成できる機能も搭載

来週木曜日から4日間にわたって開催される世界最大規模の楽器の展示会、『The 2024 NAMM Show』。その開幕を前に、ヤマハが新機軸の製品「SEQTRAK(シークトラック)」を発表しました。

YAMAHA - SEQTRAK

ヤマハ「SEQTRAK」

今月26日に発売される「SEQTRAK」は、場所を選ばずに曲づくりが行える音楽制作デバイス。コンパクト・ボディに、シンセサイザー、サンプラー、ドラム・マシン、シーケンサー、エフェクターといった機能が網羅され、スピーカーやマイクなども備えたオール・イン・ワンの音楽制作デバイスです。

YAMAHA - SEQTRAK

コンパクト・ボディに曲づくりに必要な機能を網羅

メインの音源は、おなじみのAWM2(最大同時発音数:128)と4オペレーターのFM(最大同時発音数:8)の2種類で、2,000種類以上のファクトリー・プリセットも収録。さらにはサンプラーも搭載し、7つのスロットに内蔵MEMSマイク/外部入力の音をサンプリングすることができます(24bit/44.1kHz)。これらの音源をコントロールするシーケンサーは、最大11トラック/最大128ステップという仕様で、直感的にパターンを作成することが可能。各トラックにはローパス/ハイパス・フィルターが備わり、リバーブ(12タイプ)やディレイ(9タイプ)といったエフェクト機能も搭載しています。

YAMAHA - SEQTRAK

AWM2とFM、2種類の音源を搭載

スタンドアローンの音楽制作デバイスである「SEQTRAK」ですが、パソコンやスマートフォンと接続することで、ディープな音づくりや映像生成(!)にも対応します。無償で提供されるMac/Windows/iOS/Android対応アプリでは、各パラメーターをグラフィカルなUIで設定することができ、楽曲に合わせて映像を自動生成する『VISUALIZER』というユニークな機能も搭載。『VISUALIZER』のARモードを使用すれば、カメラの映像に3Dエフェクトを合成することもできます。

YAMAHA - SEQTRAK

Mac/Windows/iOS/Android対応アプリも無償提供

YAMAHA - SEQTRAK

映像を生成できるユニークな機能『VISUALIZER』

パソコンとオーディオ/MIDIデータを送受信できるUSB端子(Type-C)やMIDI入出力も備え、Bluetooth/Wi-Fiによるワイヤレス接続にも対応する「SEQTRAK」(注:Windowsは、Bluetooth/Wi-Fi接続には非対応)。内蔵リチウム・イオン・バッテリーにより、電源がない場所で使用できるというのも魅力です(最大4時間連続使用が可能)。「SEQTRAK」は、オレンジ/ブラックの2色展開で、希望小売価格は55,000円(税込)となっています。発表に合わせて、マイク・ヴァン・ダイク出演のプロモーション・ビデオが公開されていますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

IK Multimedia、次世代“MTM”モニター「iLoud MTM MK II」を発表…… 新設計のドライバーを搭載、定番モニターをイミュレートできる機能も利用可能に

珍しい楽器/物体の共鳴と、真空管モジュラーシンセを組み合わせた“エレクトロ=アコースティック・シンセサイザー”、Mntra「Vespera」がデビュー

iZotopeのAIミキシング・ツール、Neutron 4 Elementsが期間限定で無償配布中

iZotope、「RX 11」を発表…… ラウドネスを自動で最適化、SpotifyやApple Musicの配信音質をシミュレートする機能も搭載

Apple、Logic Proの約11年ぶりのメジャー・バージョン・アップとなる「Logic Pro 11」を発表…… フレーズ生成やステム分割など、AIを活用した新機能を多数搭載

LEWITT、誰でも簡単に理想的なサウンドでレコーディングが行える新世代オーディオ・インターフェース、「Connect 2」を発表

ローランド、新型フラッグシップ・シンセ、「FANTOM EX」シリーズを発表…… SH-101やJUPITER-8のACB音源を標準搭載

歌い手との距離をセンサーで測定し、音量と音色を自動で補正する“オートフォーカス・マイク”、LEWITT「RAY」がデビュー

Universal Audio、テープ・レコーダーをモデリングした新作プラグイン「Verve Analog Machines Essentials」を無償配布中…… 4月30日まで

Amigaをギター用ストンプとして使う…… Magical Synth Adventure、A500をエフェクターとして使用するビデオを公開

『Maxサマースクール・イン・藝大 2024』が7月29日から8月2日の日程で開催…… Maxの生みの親であるミラー・パケット氏、IRCAMの研究者も参加

ソニーの業務用モニター、PVMシリーズのミニチュア液晶モニターが登場…… 5インチと3.5インチの2モデルがラインナップ

IK Multimedia、珠玉の“メタル・トーン”を再現する「TONEX Metal Gems」をリリース…… Peavey 5150やSoldano SLO-100などを忠実にモデリング

シングルボードコンピュータをモジュール化した“Eurorack PC”、「PAC BOT」…… モジュラーシンセの中でDAWやプラグインを使用することが可能に

ストンプ・メーカーが作ったJUNO/Polysixインスパイアのバーチャル・アナログ・シンセ、VONGON「REPLAY」がデビュー

Amiga独特のローファイでクラッチーなサウンドを再現するプラグイン・サンプラー、PotenzaDSP「Amigo」がリリース

ディストーション・プラグインの傑作、iZotope「Trash」が復活…… 無償版の「Trash Lite」も提供されるように

ボタンとジョイスティックでコードを演奏できるポケット・シンセ、Pocket Audio「HiChord」が誕生

ICON