Feature Image

DAW & PLUG-IN

次世代コンボリューション・リバーブ、AUDIO EASE「Altiverb 8」がデビュー…… Dolby Atmos/Appleシリコン/VST3に対応

AUDIO EASE Altiverbの新バージョンが満を持して登場。次世代コンボリューション・リバーブ、「Altiverb 8(アルチヴァーブ・エイト)」がリリースされました。

AUDIO EASE - Altiverb 8

AUDIO EASE「Altiverb 8」

オランダ AUDIO EASEが開発したAltiverbは、実空間をサンプリングしたリバーブ=“コンボリューション・リバーブ”をソフトウェア化した、スタジオ定番のプラグインです。同種のプラグインの中ではいち早くリリースされた製品であり、パッケージには25年にわたって収録されてきた膨大な数のインパルス・レスポンス(IR)ライブラリーが付属。コンサート・ホールやレコーディング・スタジオ、教会といった建造物をはじめ、ヴィンテージ・アウトボードや自動車、さらには飛行機(!)に至るまで、さまざまなIRライブラリーが付属しています。シンプルで分かりやすい操作体系もAltiverbが支持されている理由の一つで、ユーザー・インターフェースにはIRライブラリーが収録された空間の写真が大きく表示されます。

AUDIO EASE - Altiverb 8

世界中のコンサート・ホールで収録されたIRライブラリーが付属

AUDIO EASE - Altiverb 8

砂漠で収録されたものなど、ユニークなIRライブラリーも多数

AUDIO EASE - Altiverb 8

電車や自動車、飛行機で収録されたIRライブラリーも付属する

そんなAltiverbが今回、12年ぶり(!)にメジャー・バージョン・アップ。「Altiverb 8」として、大きな進化を遂げました。バージョン8の目玉はDolby Atmosへの対応で(XL版のみ)、マルチ・マイクで収録されたIRライブラリーを最大9.1.6chのリバーブとして畳み込むことが可能に。Dolby Atmos互換の“イマーシブ・オーディオ対応リバーブ”として機能します。さらには、入力チャンネルがLCR〜9.0.6ch時にのみ有効になる『CLOUD SIZE』という新しいパラメーターも実装されました(XL版のみ)。『CLOUD SIZE』は、残響音を入力音の周囲に“絞り込む”ことができるパラメーターで、音源の定位を動かせば、もちろん残響音も追従(XL版のみ)。また、出力段には新しいアウトプット・メーターが備わり、チャンネルごとにソロ/ミュート/ゲイン/ディレイといったパラメーターを設定することが可能になっています。

AUDIO EASE - Altiverb 8

バージョン8ではDolby Atmosに対応(左)。新しい『CLOUD SIZE』というパラメーターも実装された(右)

今回、ユーザー・インターフェースも刷新され、新開発のブラウザーによって目的のIRライブラリーを素早く探せるようになった点もポイントです。ブラウザーの検索機能が強化されただけでなく、選択したIRライブラリーの“相似する空間”が提示されるようになり、近しいフレーバーの残響音を簡単にオーディションすることが可能に。選択したIRライブラリーは、1クリックで読み込むことができ、IRライブラリーを切り替えた際もノイズや音声の継ぎ目が生じないというのも「Altiverb 8」の特徴です。また、ウィンドウの拡大/縮小にも対応し、オリジナルのIRライブラリーを作成するための『IR Tool』もアップデート。Appleシリコンもネイティブ・サポートとなり、このバージョンからVST3にも対応しました。

AUDIO EASE - Altiverb 8

“相似する空間”が提示されるようになった新しいブラウザー

Altiverb 8」は、モノ&ステレオ/最大96kHz対応のレギュラー版と、最大9.1.6ch/最大384kHz対応のXL版の2製品がラインナップされ、レギュラー版の価格は77,000円、XL版の価格は133,100円(価格はすべて税込)。さらなる詳細は、フォーミュラ・オーディオのWebサイトをご覧ください。

Waves、入力音のダイナミクスでエフェクトを変調できる、これまでにない空間系複合プロセッサー「Space Rider」を発売

Arturia、「Pigments 5」を発表…… マルチ・コア処理に最適化、1クリックでメロディーを生成するジェネレーティブ機能も搭載

ローランド、オール・イン・ワンのゲーム配信用デバイス、「BRIDGE CAST X」を発表…… HDMI入力の装備により、映像も扱うことが可能に

コルグ「handytraxx play」がデビュー…… クロス・フェーダーやルーパー、エフェクトを搭載、これ1台でDJプレイが楽しめるクリエイティブなレコード・プレーヤー

コルグ、伝説のシンセサイザーを復刻した「PS-3300FS」を発表…… 約半世紀の年月を経て蘇る、“全鍵ポリフォニック”のモンスター・シンセ

ALM/Busy Circuitsから便利モジュール、「MEGA MILTON」が登場…… レベル変換/ミキサー/スリュー・リミッター/S&H/マルチプルといった機能が集約

コルグのDIYシンセ、NTS-1 digital kitが“mkII”として進化…… 新たにマルチタッチ・キーボードを搭載、MIDIシーケンサーとしても機能するように

コルグ、NTSシリーズ第3弾「NTS-3 kaoss pad kit」を発表…… 自分の手で組み立てる“DIY KAOSS PAD”がデビュー

ボス、新型ボーカル・プロセッサー「VE-22」を発表…… コンデンサー・マイクにも対応、配信に便利なUSBオーディオIF機能も

名機コルグ microKORGの新世代モデルが待望のデビュー…… 音色の“時代感”を選択できるタイム・トラベル機能も搭載

Cycling ’74、Max 8.6をリリース…… SFZファイル対応によってサンプリング音源を簡単に実現、ゲーム・コントローラーを利用できる新オブジェクトも登場

iZotope、最低限の操作でボーカル/喋り声の品質を向上できる新機軸のプラグイン、「VEA」を発表…… 4,200円で販売中

IK Multimedia、パソコンやスマートフォンにUSB接続できるコンデンサー・マイク、「iRig Stream Mic USB」を発売…… 2ch入出力のオーディオIFとしても機能

ヤマハ、新感覚オール・イン・ワン音楽制作デバイス、「SEQTRAK」を発表…… 映像を生成/合成できる機能も搭載

USB-C端子を採用したポケット・サイズのオーディオIF、IK Multimedia「iRig USB」の国内販売がスタート

Ableton、Push 3をPCレス/スタンドアロンで使用可能にするキットを発売…… Pushが表現力豊かな“楽器”に

“シンセ・ベース”を再定義するソフト音源、Moog「MARIANA」が誕生…… 期間限定で50%OFFの8,100円で販売中

メディア・インテグレーション、話題の電卓型サンプラー「EP-133 K.O.II」の国内販売状況と、日本限定の予約特典についてアナウンス

ICON