Feature Image

FREE PLUG-IN

Doepfer A-110-1を元に開発されたソフト・シンセ、SampleScience「Modular Synth VCO」の無償配布がスタート…… 鋸波コアならではの音色がDAWで利用可能に

SampleScienceが新開発のソフトウェア・インストゥルメント、「Modular Synth VCO」の無償配布をスタート(Mac/Windows対応、VST/AUをサポート)。「Modular Synth VCO」は、ユーロラックの古典的なオシレーター、Doepfer A-110-1を元に開発された大変ユニークなソフト・シンセです。

SampleScience - Modular Synth VCO

SampleScience「Modular Synth VCO」

現在、世界的に流行しているユーロラック・フォーマットのモジュラーシンセ。3U(1U)サイズの“モジュール”を自由に組み合わせて、自分だけの音源/サウンド・システムを構築できることから、多くのアーティスト/クリエイターから支持を集めています。ユーロラック・フォーマットは1995年、ドイツのシンセサイザー・メーカー Doepferによって考案され、翌1996年に最初の製品、A-100シリーズが発売になりました。今回リリースされた「Modular Synth VCO」は、A-100シリーズの最初のオシレーター・モジュールであり、最もスタンダードな音源/モジュレーション・ソースと言えるA-110-1を元に開発されたソフト・シンセです(正確には、最初にA-110というモデルがあり、A-110-1はその後継モジュールとなります)。

SampleScience - Modular Synth VCO

ユーロラック・フォーマットの最初の製品、Doepfer A-100

Dopefer A-110-1は、4つの出力(鋸波/矩形波/三角波/サイン波)を備えたシンプルなオシレーター・モジュールです。5段階でオクターブ・レンジを切り替えることができ、ソフト・シンク/リニアFM/PWMに対応。一番の特徴は、オシレーターのコア(発振器)が三角波ではなく鋸波という点で、これによって三角波コアのオシレーターと比べると少々歪な三角波/サイン波となっています。従って、できるだけきれいな(滑らかな)波形が必要な用途には不向きですが、音色的には三角波コアのオシレーターとは異なる独特のキャラクターがあり、SampleScienceはそこに着目して今回のソフト・シンセを企画したのではないかと思われます。

SampleScience - Modular Synth VCO

オシレーター・モジュール、Dopefer A-110-1

Modular Synth VCO」は、機能的にはシンプルで、オシレーター → フィルター → VCA → エフェクトという内部構成になっています。オシレーター波形は、A-110-1同様に鋸波/矩形波/三角波/サイン波の4種類の中から選択でき、フィルターはローパスとハイパスを切り替え可能(レゾナンスはなし)。モジュレーション・ソースは、アンプ専用のADSRエンベロープと5種類の波形を選択できるLFOの2つを搭載し、LFOはピッチ/パン/エクスプレッションのいずれかにアサインできます。エフェクトは、ディストーション/ディレイ/コーラス/リバーブの4種類で、オシレーターの出力レベルを設定できる『PREAMP』コントロールも装備。音量の上限(CEILING)と下限(FLOOR)を設定できる『AMP RANGE』というパラメーターを備えているのもユニークです。

ユーロラックの古典的オシレーター、Dopefer A-110-1の味わい深い音色を元に開発されたユニークなソフト・シンセ、「Modular Synth VCO」。無償でダウンロードできますので、ぜひチェックしてみてください

iZotopeのAIミキシング・ツール、Neutron 4 Elementsが期間限定で無償配布中

iZotope、「RX 11」を発表…… ラウドネスを自動で最適化、SpotifyやApple Musicの配信音質をシミュレートする機能も搭載

Apple、Logic Proの約11年ぶりのメジャー・バージョン・アップとなる「Logic Pro 11」を発表…… フレーズ生成やステム分割など、AIを活用した新機能を多数搭載

LEWITT、誰でも簡単に理想的なサウンドでレコーディングが行える新世代オーディオ・インターフェース、「Connect 2」を発表

ローランド、新型フラッグシップ・シンセ、「FANTOM EX」シリーズを発表…… SH-101やJUPITER-8のACB音源を標準搭載

歌い手との距離をセンサーで測定し、音量と音色を自動で補正する“オートフォーカス・マイク”、LEWITT「RAY」がデビュー

Universal Audio、テープ・レコーダーをモデリングした新作プラグイン「Verve Analog Machines Essentials」を無償配布中…… 4月30日まで

Amigaをギター用ストンプとして使う…… Magical Synth Adventure、A500をエフェクターとして使用するビデオを公開

『Maxサマースクール・イン・藝大 2024』が7月29日から8月2日の日程で開催…… Maxの生みの親であるミラー・パケット氏、IRCAMの研究者も参加

ソニーの業務用モニター、PVMシリーズのミニチュア液晶モニターが登場…… 5インチと3.5インチの2モデルがラインナップ

IK Multimedia、珠玉の“メタル・トーン”を再現する「TONEX Metal Gems」をリリース…… Peavey 5150やSoldano SLO-100などを忠実にモデリング

シングルボードコンピュータをモジュール化した“Eurorack PC”、「PAC BOT」…… モジュラーシンセの中でDAWやプラグインを使用することが可能に

ストンプ・メーカーが作ったJUNO/Polysixインスパイアのバーチャル・アナログ・シンセ、VONGON「REPLAY」がデビュー

Amiga独特のローファイでクラッチーなサウンドを再現するプラグイン・サンプラー、PotenzaDSP「Amigo」がリリース

ディストーション・プラグインの傑作、iZotope「Trash」が復活…… 無償版の「Trash Lite」も提供されるように

ボタンとジョイスティックでコードを演奏できるポケット・シンセ、Pocket Audio「HiChord」が誕生

Waves、入力音のダイナミクスでエフェクトを変調できる、これまでにない空間系複合プロセッサー「Space Rider」を発売

Arturia、「Pigments 5」を発表…… マルチ・コア処理に最適化、1クリックでメロディーを生成するジェネレーティブ機能も搭載

ICON