Feature Image

GUITAR & STOMP

AI機械学習でギター・アンプやストンプをモデリングできる革新的なソフト、IK Multimedia「AmpliTube TONEX」が発売…… 無償版も同時公開

IK Multimediaが、AI機械学習を使用した“モデリング・エコシステム”、「AmpliTube TONEX(アンプリチューブ・トーンエックス)」(Mac/Windows版)の販売を開始しました

IK Multimedia - AmpliTube TONEX

IK Multimedia「AmpliTube TONEX」

IK Multimediaが今年7月に発表した『AI Machine Modeling』は、AI機械学習を使用することで、音響機器を極めて高い精度でモデリングする革新的な技術です。この技術を活用した最初の製品となるのが「AmpliTube TONEX」で、ギター/ベース・サウンドにフォーカスしたこの製品では、実在するアンプやストンプを『AI Machine Modeling』によってリアルに再現。また「AmpliTube TONEX」では、既製のモデル(“Tone Model”)を使用するだけでなく、ユーザー自身が手持ちの機材をキャプチャーできる(“Tone Model”を作成できる)というのも大きな特徴です(『AI Machine Modeling』について詳しくは、こちら)。

IK Multimedia - AmpliTube TONEX

AI機械学習による革新的なモデリング技術、『AI Machine Modeling』

本日販売が開始されたのは「AmpliTube TONEX」のMac/Windows版で(iOS版も来月発売予定)、“Tone Model”をロード/エディットして使用する『Player』と、機材をキャプチャーしてオリジナルの“Tone Model”を作成するための『Modeler』という2つのセクションで構成されています。『Player』セクションでは、ロードした“Tone Model”を元に、EQ、ノイズ・ゲート、コンプレッサー、プレゼンスといったパラメーターをエディットすることが可能で、高品位なコンボリューション・プロセッサー『VIR』も搭載。『AI Machine Modeling』ではロードした“Tone Model”のアンプとキャビネットを仮想的に分離(!)することもできるため、“Tone Model”のアンプのみを使用し、キャビネットは『VIR』で再現する…… といった合わせ技も可能になっています。一方の『Modeler』セクションでは、手持ちの機材をキャプチャーして、オリジナルの“Tone Model”を作成することが可能。キャプチャー作業はわずか数分で終了し、作成した“Tone Model”は、IK Multimediaのクラウド・サービス『ToneNET』を使って他の人と共有することもできます。

IK Multimedia - AmpliTube TONEX

手持ちの機材をモデリングできる『Modeler』セクション

AmpliTube TONEX」のMac/Windows版は、スタンドアローンあるいはVST/AU/AAX対応のプラグインとして動作し、AmpliTubeユーザーは“Tone Model”をギア・モデルとして使用することも可能。無償版のTONEX CS(20種類の“Tone Model”を収録。“Tone Model”作成機能は無し)、ライト版のTONEX SE(200種類の“Tone Model”を収録)、スタンダード版のTONEX(400種類の“Tone Model”を収録)、最上位版のTONEX MAX (1,000種類の“Tone Model”を収録)という4つのグレードが用意され、beatcloudでの販売価格は以下のとおりとなっています。

AI機械学習を使用した革新的な“モデリング・エコシステム”、「AmpliTube TONEX」。さらなる詳細は、IK MultimediaのWebサイトをご覧ください。

iZotopeのAIミキシング・ツール、Neutron 4 Elementsが期間限定で無償配布中

iZotope、「RX 11」を発表…… ラウドネスを自動で最適化、SpotifyやApple Musicの配信音質をシミュレートする機能も搭載

Apple、Logic Proの約11年ぶりのメジャー・バージョン・アップとなる「Logic Pro 11」を発表…… フレーズ生成やステム分割など、AIを活用した新機能を多数搭載

LEWITT、誰でも簡単に理想的なサウンドでレコーディングが行える新世代オーディオ・インターフェース、「Connect 2」を発表

ローランド、新型フラッグシップ・シンセ、「FANTOM EX」シリーズを発表…… SH-101やJUPITER-8のACB音源を標準搭載

歌い手との距離をセンサーで測定し、音量と音色を自動で補正する“オートフォーカス・マイク”、LEWITT「RAY」がデビュー

Universal Audio、テープ・レコーダーをモデリングした新作プラグイン「Verve Analog Machines Essentials」を無償配布中…… 4月30日まで

Amigaをギター用ストンプとして使う…… Magical Synth Adventure、A500をエフェクターとして使用するビデオを公開

『Maxサマースクール・イン・藝大 2024』が7月29日から8月2日の日程で開催…… Maxの生みの親であるミラー・パケット氏、IRCAMの研究者も参加

ソニーの業務用モニター、PVMシリーズのミニチュア液晶モニターが登場…… 5インチと3.5インチの2モデルがラインナップ

IK Multimedia、珠玉の“メタル・トーン”を再現する「TONEX Metal Gems」をリリース…… Peavey 5150やSoldano SLO-100などを忠実にモデリング

シングルボードコンピュータをモジュール化した“Eurorack PC”、「PAC BOT」…… モジュラーシンセの中でDAWやプラグインを使用することが可能に

ストンプ・メーカーが作ったJUNO/Polysixインスパイアのバーチャル・アナログ・シンセ、VONGON「REPLAY」がデビュー

Amiga独特のローファイでクラッチーなサウンドを再現するプラグイン・サンプラー、PotenzaDSP「Amigo」がリリース

ディストーション・プラグインの傑作、iZotope「Trash」が復活…… 無償版の「Trash Lite」も提供されるように

ボタンとジョイスティックでコードを演奏できるポケット・シンセ、Pocket Audio「HiChord」が誕生

Waves、入力音のダイナミクスでエフェクトを変調できる、これまでにない空間系複合プロセッサー「Space Rider」を発売

Arturia、「Pigments 5」を発表…… マルチ・コア処理に最適化、1クリックでメロディーを生成するジェネレーティブ機能も搭載

ICON