Feature Image

DAW & PLUG-IN

wavestateとopsixがDAW上で利用可能に…… コルグ、人気のハード・シンセのプラグイン版を発売

コルグが注目の新製品、「wavestate native」と「opsix native」を発表。人気のハードウェア・シンセサイザー2機種が、プラグインとしても利用できるようになりました。

KORG - wavestate native / opsix native

プラグイン版wavestate、「wavestate native」

wavestateopsixのプラグイン版の登場です。本日、KORG Shopにてダウンロード販売が開始された「wavestate native」と「opsix native」は、wavestateopsixの完全なソフトウェア・バージョン。価格は手頃ですが、内部のサウンド・エンジンは実機と同一で、ライブラリアン経由で音色をやり取りすることも可能になっています。

KORG - wavestate native / opsix native

プラグイン版opsix、「opsix native」

“Wave Sequence Synthesizer”を謳う「wavestate native」は、名機WAVESTATIONの流れを汲む高機能なデジタル・シンセサイザーで、時間軸で刻々と音色を変化させる機能=『Wave Sequencing 2.0』が最大のフィーチャー。ウェーブ・シーケンスは、複数のウェーブテーブル波形を連結して再生する機能ですが、「wavestate native」の『Wave Sequencing 2.0』では、ウェーブテーブル波形、ピッチ、タイミングといったパラメーターを個別のレーンで扱えるのが大きな特徴です。例えば、ウェーブテーブル波形が切り替わるタイミングとは無関係にピッチを変化/ループさせることができ、これまで以上に有機的な音色変化を作り出すことが可能。音色の元になる波形の総容量は実に数GB(!)にも及び、MS-20やPolysixをモデリングしたフィルターや最大14系統のエフェクトなども搭載しています。

KORG - wavestate native / opsix native

「wavestate native」。わかりやすいUIにより、複雑なウェーブ・シーケンスも直感的に作成することが可能

一方の「opsix native」は、『Subtractive』、『Semi-Modular』、『Analog(Modeling)』、『Waveshaping』、『Additive』、『Classic FM』という6種類のアルゴリズムを搭載したソフトウェア音源。コルグ自ら“モンスター級”と謳うモジュレーション・マトリクス機能も搭載し、相当にディープな音づくりが行える超強力なデジタル・シンセサイザーです。パラメーター数は膨大ですが、ヴィジュアル・フィードバックを多く取り入れたわかりやすいユーザー・インターフェースによって、直感的な音づくりが可能。ステップあたり6音記録できる『ポリフォニック・モーション・シーケンス』や、30種類/3ブロックの高品位なエフェクト機能なども備えています。

KORG - wavestate native / opsix native

「opsix native」。豊富なヴィジュアル・フィードバックによって、モジュレーションによる音色変化が視覚的にわかるようになっている

wavestate native」「opsix native」ともにMac/Windows対応で、VST3/AU/AAXの各フォーマットをサポート。KORG Shopでの販売価格は19,900円ですが、2022年4月5日までの期間限定で、イントロ・プライスの14,900円で販売されています。なお、実機を所有している人は、4,900円でクロスグレードすることも可能。さらなる詳細は、コルグのWebサイトをご覧ください。

AD

開発者が語るローランド初のガジェット楽器、「AIRA Compact」…… 感覚的にコード進行を作れる『コード・シーケンサー』とは一体?

ロック/ポップ・ミュージック史に残る名盤のジャケットを、子猫で再現した『The Kitten Covers』

大物プロデューサーの“魔法のボーカル処理”がプラグインに…… IK Multimedia「T-RackS Joe Chiccarelli Vocal Strip」が発売

250ドルで買える本格的なセミ・モジュラーシンセ、Cre8audio「East Beast」がデビュー…… シーケンサーやキーボードも搭載

ABBAやカーディガンズなど、スウェディッシュ・ポップのリバーブを生み出すプラグイン、Softube「Atlantis Dual Chambers」が発売

Tiptop Audio、待望のブラックMantisを発表…… Buchla 292tはハンドメイド・バクトロールが採用されることに

Tubbutec、ローランド MC-202にアルペジエーター機能やグラフィック・ディスプレイを追加する「MC2oh2」をお披露目

Eventideから、メロディーを生成する革新的なアルゴリズミック・シーケンサー、「Misha」がデビュー

IK Multimedia、精悍な黒色のマイクロ・シンセ、「UNO Synth Pro Desktop Black Edition」を発表…… 数量限定生産

teenage engineering、名機OP-1を全面的にブラッシュアップした新製品「OP-1 field」を発表…… 100もの新機能を追加

Erica Synths、漆黒の“実験電子楽器”「SYNTRX II」を発表…… 記録対応のジョイステイックやピアノロール・シーケンサーを新たに搭載

ローランド、新感覚ガジェット『AIRA Compact』を発表…… 本物の“Rolandサウンド”で気軽に曲づくりを実現

コルグ、DIYオシロスコープ「NTS-2 oscilloscope kit」を発表…… コルグ/ARPをフォーカスした新刊「PATCH & TWEAK with KORG」とバンドルで発売

名機JUNO-60/JUNO-106を最新テクノロジーで蘇生した新型シンセサイザー、ローランド「JUNO-X」がデビュー

シンセサイザー/音づくりの基礎を学べるWebアプリ、Ableton『Learning Synths』がアップデート…… 音色のエクスポートや録音も可能に

人気のローファイ&グリッチ・ビデオシンセ、LoFi Future T-420に待望のEurorack版が登場…… 4HPとコンパクト、約14,000円

teenage engineering、シンセサイザー/シーケンサー内蔵の超小型ミキサー「TX-6」を発表…… USBオーディオIFとしても機能

“ゲーム・ストリーミング・ミキサー”、ヤマハ「ZG01」が発売…… マイク入力とHDMI入力のサウンドを簡単にミックス、DSP機能も搭載

ICON