Feature Image

TECH & GADGET

IK Multimedia、YouTube LiveやTwitchに最適なライブ配信用オーディオ・インターフェース、「iRig Stream Pro」と「iRig Stream Solo」を発表

IK Multimediaが新製品、「iRig Stream Pro(アイリグ・ストリーム・プロ)」と「iRig Stream Solo(アイリグ・ストリーム・ソロ)」を発表。ライブ配信用オーディオ・インターフェースの最新モデルが来月(2021年11月)発売になります。

IK Multimedia - iRig Stream Pro / iRig Stream Solo

「iRig Stream Pro」(右)と「iRig Stream Solo」(左)

一昨年暮れに発売されたIK MultimediaのiRig Streamは、iOS/Android/Mac/Windowsに対応したコンパクトなオーディオ・インターフェース。RCA端子のステレオ入力だけでなく、音声入力兼モニター用に便利なヘッドセット端子も備え、ライブ配信用オーディオ・インターフェースとして大ヒットを記録しました。同社が本日発表した「iRig Stream Pro」は、iRig Streamのコンセプトはそのままに、より機能を強化した上位モデル。「iRig Stream Solo」は、トーク系配信アプリでも問題なく使用できるアナログ接続モデルになります。

IK Multimedia - iRig Stream Pro / iRig Stream Solo

アナログ接続の「iRig Stream Solo」なら、Clubhouseなどのトーク系配信アプリでも問題なく使用できる

iRig Stream Pro」は、iOS/Android(USB Audio Class対応機種のみ)/Mac/Windowsをサポートしたオーディオ・インターフェースで、Lightning/USB-A/USB-Cの各端子に対応したケーブルが同梱。USBバス・パワーで動作します(スマートデバイスでファンタム電源供給を行う場合は、電池駆動あるいはACアダプター接続が必要)。24bit/96kHz対応のオーディオ入出力は、RCA端子のステレオ入力と3.5mm/4極TRRSのヘッドセット端子に加えて、新たにXLR/フォーン兼用コンボ端子のマイク/楽器入力を搭載。デバイス側からのループバックを合わせると、4系統のオーディオ・ソースを同時に入力できる仕様になりました。また、入力したオーディオをデバイスに送る方法も2通りから選択でき、デフォルトの『ステレオ・モード』では4系統のオーディオ・ソースはステレオにミックスされて送出。もう1つの『マルチ・チャンネル・モード』では、RCA端子のステレオ入力は1〜2ch、マイク/楽器入力は3ch、ヘッドセット端子の入力は4chと、パラで送出されます。『ステレオ・モード』はライブ配信時に便利なモード、『マルチ・チャンネル・モード』はDAWにマルチトラック録音する際に最適なモードと言えるでしょう。さらにループバックの機能も向上し、入力したオーディオをデバイス側でエフェクト処理してからループバックし、再度配信アプリに送るといった入り組んだルーティングにも対応。これまで以上に音を作り込んでライブ配信を行うことが可能になりました。

IK Multimedia - iRig Stream Pro / iRig Stream Solo

「iRig Stream Pro」のセットアップ図。下側にXLR/フォーン兼用コンボ端子のマイク/楽器入力も備わった

一方の「iRig Stream Solo」は、iRig Streamと似ていますが、デバイスとの接続インターフェースがアナログ(3.5mmの4極TRRS端子。ケーブルは直付け)というのが最大の特徴。トーク系配信アプリの中には、デジタル接続のオーディオ・インターフェースが上手く機能しないものがありますが、アナログ接続ならば問題なく使用することができます。RCA端子のステレオ入力と3.5mm/4極TRRSのヘッドセット端子を備え、もちろんループバックにも対応。単三形のアルカリ電池2本で約50時間使用できるというのも魅力です。デバイスはiOS/Android対応で、iPhone 7以降のiPhoneではAppleの“Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ”、2018年モデル以降のiPad Proでは“AppleのUSB-C – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ”が必要。Androidは、iOSデバイスと同じCTIA/AHJに準拠した4極TRRS端子を装備したデバイスでのみ使用することができます。

IK Multimedia - iRig Stream Pro / iRig Stream Solo

「iRig Stream Solo」のセットアップ図。デバイスとは3.5mm/4極TRRS端子のケーブルでアナログ接続する

流行のライブ配信/トーク系配信アプリに最適なオーディオ・インターフェース、iRig Streamシリーズ。両モデルとも2021年11月発売予定で、価格はオープン・プライス、市場想定価格は「iRig Stream Pro」が29,480円前後、「iRig Stream Solo」が7,700円前後となっています。さらなる詳細は、IK MultimediaのWebサイトをご覧ください。

Waves、個性的でローファイなディレイ/リバーブ・プラグイン「Lofi Space」(通常価格:99ドル)を本日限定で無償配布中

Cycling ’74、Max 8を25%OFFで販売するBlack Fridayセールを開始…… バージョン・アップ、クロスグレード、アカデミック版も対象

WavesがBlack Fridayセールをスタート…… Horizonが実質28,600円、Diamondが実質22,000円、Platinumが12,100円

Ableton、Live 11やMax for Live、Packを25%OFFで販売するBlack Fridayセールを開始…… アップグレードも対象

IK Multimedia、新世代シンセサイザー音源「Syntronik 2」を発売…… 新たにMicrowaveやOSCarなど11種類の音源を搭載、無償版もダウンロード可能

PreSonus、Studio OneやNotionを30%OFFで販売するBlack Fridayセールを開始…… クロスグレード/バージョン・アップ/アップグレードも対象

マイコンソフト、RGB映像を滲みなくクッキリ鮮明に取り込めるキャプチャー・ボード、「SC-700」を発表…… レトロ・ゲーム/レトロPCの録画に最適

今週金曜と土曜の2日間、大型配信イベント『MIフェスティバル』が開催…… 錚々たる面々が話題のツールや最新のワークフローを解説

ピッチ/タイミング編集ソフトの定番、Celemony MelodyneのBlack Fridayセールがスタート…… 最大50%以上のディスカウント

Ableton Liveとモジュラーシンセをワイヤレスで同期する2HPのクロック・ジェネレーター、Circuit Happy「ML:2」が登場

4台のMIDIデバイスを高精度に同期できるUSB MIDIインターフェース/MIDIスプリッター、MeeBlip「cubit duo」が登場

3つの操作でマスタリングが完了する便利プラグイン、Brainworx「bx_masterdesk Classic」(通常価格:149ドル)が11月24日まで無償配布中

ローランド、名機JD-800とJX-8Pを遂にRoland Boutique化…… マイクロ・シンセ、「JD-08」と「JX-08」がデビュー

Waves、Platinumを過去最安値・約95%OFFの12,100円で販売するセールを開始…… 48時間限定、10日18時に終了

モーグ財団、シンセサイザーの偉人たちをフィーチャーしたカレンダーを限定発売…… 梯郁太郎氏や三枝文夫氏など、日本のレジェンドも登場

多くの名盤を生み出してきた伝説のスタジオのサウンドを再現するプラグインが登場…… IK Multimedia「T-RackS FAME Studio Reverb」が発売

ボス、“技クラフト”のファズ・ペダル「FZ-1W」を発表…… 『VINTAGE』と『MODERN』、2つのモードを搭載

ズーム、新型マルチトラック・レコーダー「R20」を発表…… タッチ・スクリーンを搭載、指先での直感的な編集を実現

ICON