Feature Image

RETRO PC & GAME

Commodore Amiga用の新しいサンプラー・カートリッジ、「Open Amiga Sampler」がオープンソースで公開

echolevel”名義で活動を行うイギリスのプログラマー、ブレンダン・ラトリフ(Brendan Ratliff)氏が、自身のGitHubで新プロジェクト「Open Amiga Sampler(オープン・アミーガ・サンプラー)」を公開。「Open Amiga Sampler」は、Commodore Amiga用の新しいサンプラー・カートリッジです。

echolevel - Open Amiga Sampler Cartridge for Commodore Amiga

「Open Amiga Sampler」

1980年代から1990年代にかけて、ゲーム・マシン/クリエイティブ・ツールとして人気を集めたパーソナル・コンピューター、Amiga。現在も愛好家は多く、Web/SNS上には数え切れないくらいのコミュニティーが存在し、新しいソフトウェアやハードウェアの開発も活発に行われています。しかしここ数年、チップチューンやビデオ・シンセサイザーの流行によってAmigaに興味を持つ人が増えたからか、本体を含む関連製品が中古市場で高騰し、保守用パーツも入手困難になるという事態が発生。運良くAmigaを手に入れることができたとしても、音楽制作/映像制作で実用にならないという問題が起きていました。

echolevel - Open Amiga Sampler Cartridge for Commodore Amiga

オープンソースのDIYプロジェクト

そんな状況を受けてラトリフ氏が立ち上げたのが「Open Amiga Sampler」で、このDIYプロジェクトでは、Amiga用サンプラー・カートリッジの自作に必要な回路図、パーツのリスト、関連書類をオープンソースで公開。自分で工作する必要はあるものの、これによって入手が難しくなっているAmiga用サンプラー・カートリッジを容易に手に入れることが可能になります。「Open Amiga Sampler」は、Amigaのパラレル・ポートに装着して使用するサンプラー・カートリッジで(ラトリフ氏いわく、この類のペリフェラルは“カートリッジ”と呼ばれるものの、実際には“ドングル”という呼称の方が相応しいとのこと)、ProTracker 1.2/2.3D/2.3F、AudioMaster III、MasterSound 1.1、MED 3.22、TrashTracker、MegaloSound 1.39、StereoMaster 1.1など、ローエンド〜ミドル・クラスの8bitサンプラー・カートリッジが動作するソフトウェアにはほぼ対応するとのこと。オーディオ入出力のクオリティーは、8bit/モノ/最高サンプル・レート52kHz/可変入力ゲインという仕様で、これは安価なAmiga用サンプラー・カートリッジの平均的なスペックとのことです。回路構成はシンプルで、使用するパーツは、8bitのADコンバーター・チップ、電圧制御のスイッチング・チップ、2つの抵抗とコンデンサー、25pinのパラレル・ポート・コネクターを含む小さなPCBですべてとのこと。各パーツの価格も安いので、低予算で製作できると紹介されています。

2020年に登場したAmiga用の新しいサンプラー・カートリッジ、「Open Amiga Sampler」。GitHubには、その成り立ちや回路構成を詳細に解説したテキストが掲載されていますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

1月の『The NAMM Show』の中止が決定…… 写真で振り返る今年の『The NAMM Show』

ギターに最適化されたオーディオIF、IK Multimedia「AXE I/O Solo」…… 入力インピーダンスの連続可変機能を搭載

SuperColliderでTR-808を再現するプログラム「SC-808」…… 808サウンドを自分好みにチューニング可能

ローランド、TR-808プラグインの無料体験キャンペーンを開始…… 同時に8分8秒のショート・ビデオも公開

R2-D2の声の誕生秘話も…… 映画の音響制作に迫ったドキュメンタリー、『ようこそ映画音響の世界へ』が公開

Studio One 5の新機能やTIPSを語り尽くすオンライン・イベントが、今晩20時からYouTubeで無料生配信

コルグ、KRONOS Sound Librariesを特別価格で販売する、2週間限定サマー・セールを開始

経年変化による音の違いまでも再現された“究極のJUNO-106音源”、ローランド「JUNO-106 Model Expansion」

MIDIデータを瞬時に記録/ループ再生できるループ・マシン、Bastl Instruments「Midilooper」

Doepfer、コンパクトで高機能なEurorackモジュール4製品を発売…… A-130-8/A-133-2/A-135-3/A-183-4

Oberheim OB-Xを再現した無料のソフト・シンセ、discoDSP OB-Xd 2.0…… VST/AU/スタンドアローンに対応

Nanoloopを搭載した音楽制作にも対応した携帯型ゲーム機、「Analogue Pocket」の予約販売がスタート

Rutt/Etra Video Synthesizerの映像効果を再現したWebアプリケーション、「Rutt-Etra-Izer」

teenage engineering pocket operatorをMPC風にしてしまうケース、「MPO XS」の予約販売が開始

シンセ・イベント『Knobcon』、今年は開催されないことが決定…… 写真で振り返る昨年の『Knobcon』

Commodore Amiga用の新しいサンプラー・カートリッジ、「Open Amiga Sampler」がオープンソースで公開

deadmau5が長年パフォーマンスで使用してきたソフトウェア・コントローラー、「OSC/PILOT」の一般販売が開始

☆Taku Takahashi(m-flo/block.fm)インタビュー 〜 愛用のシンセとオンライン・フェス『BLOCK.FESTIVAL』を語る

ICON