Feature Image

STOMP

6本のモーター・フェーダーを搭載したまったく新しいオーバードライブ/ファズ、Chase Bliss Audio「Preamp MKII」

Chase Bliss Audioが、長らく発売が待ち望まれていた新製品、「Preamp MKII(プリアンプ・マークツー)」の出荷をついに開始。国内でも販売が始まりました。

Chase Bliss Audio - Preamp MKII

Chase Bliss Audio「Preamp MKII」

1月の『The NAMM Show』でも注目を集めたPreamp MKII」は、Benson Ampsのクリス・ベンソン(Chris Benson)とのコラボレーションによって開発された、まったく新しいオーバードライブ/ファズ・ストンプ。世界中で高い評価を得たBenson Preamp Pedalの回路を元に、ユニークな機能を多数盛り込むことで、幅の広い音作りを実現した新世代のオーバードライブ/ファズ・ストンプです。具体的には、入力段にはクリス・ベンソン設計のシリコン・ファズ回路が備わり、EQ後段のクリッピング・ダイオードは、Tube Screamerに似た対称シリコン回路と、非対称ゲルマニウム回路を選択可能に。さらにEQには、周波数とQを可変できるパラメトリック仕様のミッド・バンドが追加され、より緻密なサウンドメイクが行えるようになりました。このミッド・バンドは、インサート・ポイントを選択することも可能になっています(プリアンプの前段あるいは後段)。

Chase Bliss Audio - Preamp MKII

そして「Preamp MKII」の大きな特徴と言えるのが、ストンプとしてはおそらく世界初と思われるモーター・フェーダーを搭載(!)している点。「Preamp MKII」はパラメーター設定を最大30種類、プリセットとして保存することができますが、プリセットを切り替えるとフェーダーも設定値に合わせて動作。パラメーターの設定値を視覚的に確認できるだけでなく、プリセットを元にした音作り/ちょっとした音色補正も簡単に行えるようになっています。なお、Chase Bliss Audioは今後、モーター・フェーダーを搭載したストンプを『AUTOMATONE(オートマトーン)』シリーズとして展開していく予定とのこと。1月の『The NAMM Show』ではすでに、「CXM 1978」(Merisとのコラボレーションによるリバーブ・ストンプ)という第2弾製品が発表されており、今後の展開がとても楽しみな未来型ストンプ・シリーズです。

Preamp MKII」の国内での販売価格は85,000円(税別)。さらなる詳細は、アンブレラカンパニーのWebサイトをご覧ください。

Chase Bliss Audio - Preamp MKII

1月の『The NAMM Show』の中止が決定…… 写真で振り返る今年の『The NAMM Show』

ギターに最適化されたオーディオIF、IK Multimedia「AXE I/O Solo」…… 入力インピーダンスの連続可変機能を搭載

SuperColliderでTR-808を再現するプログラム「SC-808」…… 808サウンドを自分好みにチューニング可能

ローランド、TR-808プラグインの無料体験キャンペーンを開始…… 同時に8分8秒のショート・ビデオも公開

R2-D2の声の誕生秘話も…… 映画の音響制作に迫ったドキュメンタリー、『ようこそ映画音響の世界へ』が公開

Studio One 5の新機能やTIPSを語り尽くすオンライン・イベントが、今晩20時からYouTubeで無料生配信

コルグ、KRONOS Sound Librariesを特別価格で販売する、2週間限定サマー・セールを開始

経年変化による音の違いまでも再現された“究極のJUNO-106音源”、ローランド「JUNO-106 Model Expansion」

MIDIデータを瞬時に記録/ループ再生できるループ・マシン、Bastl Instruments「Midilooper」

Doepfer、コンパクトで高機能なEurorackモジュール4製品を発売…… A-130-8/A-133-2/A-135-3/A-183-4

Oberheim OB-Xを再現した無料のソフト・シンセ、discoDSP OB-Xd 2.0…… VST/AU/スタンドアローンに対応

Nanoloopを搭載した音楽制作にも対応した携帯型ゲーム機、「Analogue Pocket」の予約販売がスタート

Rutt/Etra Video Synthesizerの映像効果を再現したWebアプリケーション、「Rutt-Etra-Izer」

teenage engineering pocket operatorをMPC風にしてしまうケース、「MPO XS」の予約販売が開始

シンセ・イベント『Knobcon』、今年は開催されないことが決定…… 写真で振り返る昨年の『Knobcon』

Commodore Amiga用の新しいサンプラー・カートリッジ、「Open Amiga Sampler」がオープンソースで公開

deadmau5が長年パフォーマンスで使用してきたソフトウェア・コントローラー、「OSC/PILOT」の一般販売が開始

☆Taku Takahashi(m-flo/block.fm)インタビュー 〜 愛用のシンセとオンライン・フェス『BLOCK.FESTIVAL』を語る

ICON