Feature Image

NEWS & INFO

NAMM 2020: モーター・フェーダーを搭載したLARCのようなリバーブ・ストンプ、Chase Bliss Audio「CXM 1978」

1月16日から19日の日程で開催された世界最大の楽器のトレード・ショー、『The NAMM Show』。今年も多くの新製品が発表されましたが、ギター・ストンプの中で最もおもしろかったのが、Chase Bliss Audioの「Automatone」シリーズです。

Chase Bliss Audio - Automatone

昨年発売されたグラニュラー・ルーパー M O O Dが大ヒットを記録し、いま最も勢いのあるストンプ・メーカーと言っていいChase Bliss Audio。同社が昨年の『The NAMM Show』でアナウンスした新機軸となる製品が、「Automatone」シリーズです。「Automatone」シリーズは、ギター・ストンプでありながら6本のモーター・フェーダー(!)を搭載しているのが大きな特徴。プリセットを切り替えると、パラメーター値に応じてフェーダーが動くという何ともユニークなギター・ストンプです。その第一弾として発表された「Preamp MKII」は、Benson Ampsのクリス・ベンソン(Chris Benson)とのコラボレーションで開発されたプリアンプ/ファズ・ストンプ。6本のフェーダーに割り当てられているのは、ボリューム、トレブル、ミッド、ミッド周波数、ベース、ゲインの各パラメーターで、ミッドはQの幅やアンプの前段/後段へのルーティングなども設定可能。アンプ回路の可変ダイオード・クリッピングは、標準のトランジスター以外にシリコン/非対称ゲルマニウムを選択でき、ファズのオープン/ゲートも指定できる非常に高機能なプリアンプ/ファズ・ストンプです。

Chase Bliss Audio - Automatone

Preamp MKII

今回の『The NAMM Show』では、「Automatone」シリーズの第二弾となる「CXM 1978」も初めてお披露目されました。「CXM 1978」は、Merisとのコラボレーションで開発されたリバーブ・ストンプ。元になっているのは名機 Lexicon 224で、ホール/ルーム/プレートの3種類のアルゴリズムを備え、AD/DAコンバーターは32bitと高品位ですが、オールド・デジタル機器の音質を再現する『Lo-Fi』モードも備えています。6本のモーター・フェーダーでは、リバーブ・タイムやプリ・ディレイ、ミックス・バランスといったパラメーターをLARC感覚で操作することができ、MIDI入力/スルーやエクスプレッション入力も装備。もちろん入出力はステレオ仕様です。

Chase Bliss Audio - Automatone

CXM 1978

滑らかなフェーダーの動きを見るだけで物欲がそそられる、大変ユニークなギター・ストンプ「Automatone」シリーズ。「Preamp MKII」は2020年5月発売予定で価格は749ドル、「CXM 1978」は夏の終わりごろ発売予定で価格は未定となっています。さらなる詳細は、Chase Bliss AudioのWebサイトをご覧ください。

AD

開発者が語るローランド初のガジェット楽器、「AIRA Compact」…… 感覚的にコード進行を作れる『コード・シーケンサー』とは一体?

ロック/ポップ・ミュージック史に残る名盤のジャケットを、子猫で再現した『The Kitten Covers』

大物プロデューサーの“魔法のボーカル処理”がプラグインに…… IK Multimedia「T-RackS Joe Chiccarelli Vocal Strip」が発売

250ドルで買える本格的なセミ・モジュラーシンセ、Cre8audio「East Beast」がデビュー…… シーケンサーやキーボードも搭載

ABBAやカーディガンズなど、スウェディッシュ・ポップのリバーブを生み出すプラグイン、Softube「Atlantis Dual Chambers」が発売

Tiptop Audio、待望のブラックMantisを発表…… Buchla 292tはハンドメイド・バクトロールが採用されることに

Tubbutec、ローランド MC-202にアルペジエーター機能やグラフィック・ディスプレイを追加する「MC2oh2」をお披露目

Eventideから、メロディーを生成する革新的なアルゴリズミック・シーケンサー、「Misha」がデビュー

IK Multimedia、精悍な黒色のマイクロ・シンセ、「UNO Synth Pro Desktop Black Edition」を発表…… 数量限定生産

teenage engineering、名機OP-1を全面的にブラッシュアップした新製品「OP-1 field」を発表…… 100もの新機能を追加

Erica Synths、漆黒の“実験電子楽器”「SYNTRX II」を発表…… 記録対応のジョイステイックやピアノロール・シーケンサーを新たに搭載

ローランド、新感覚ガジェット『AIRA Compact』を発表…… 本物の“Rolandサウンド”で気軽に曲づくりを実現

コルグ、DIYオシロスコープ「NTS-2 oscilloscope kit」を発表…… コルグ/ARPをフォーカスした新刊「PATCH & TWEAK with KORG」とバンドルで発売

名機JUNO-60/JUNO-106を最新テクノロジーで蘇生した新型シンセサイザー、ローランド「JUNO-X」がデビュー

シンセサイザー/音づくりの基礎を学べるWebアプリ、Ableton『Learning Synths』がアップデート…… 音色のエクスポートや録音も可能に

人気のローファイ&グリッチ・ビデオシンセ、LoFi Future T-420に待望のEurorack版が登場…… 4HPとコンパクト、約14,000円

teenage engineering、シンセサイザー/シーケンサー内蔵の超小型ミキサー「TX-6」を発表…… USBオーディオIFとしても機能

“ゲーム・ストリーミング・ミキサー”、ヤマハ「ZG01」が発売…… マイク入力とHDMI入力のサウンドを簡単にミックス、DSP機能も搭載

ICON