Feature Image

NEWS & INFO

NAMM 2020: モーター・フェーダーを搭載したLARCのようなリバーブ・ストンプ、Chase Bliss Audio「CXM 1978」

1月16日から19日の日程で開催された世界最大の楽器のトレード・ショー、『The NAMM Show』。今年も多くの新製品が発表されましたが、ギター・ストンプの中で最もおもしろかったのが、Chase Bliss Audioの「Automatone」シリーズです。

Chase Bliss Audio - Automatone

昨年発売されたグラニュラー・ルーパー M O O Dが大ヒットを記録し、いま最も勢いのあるストンプ・メーカーと言っていいChase Bliss Audio。同社が昨年の『The NAMM Show』でアナウンスした新機軸となる製品が、「Automatone」シリーズです。「Automatone」シリーズは、ギター・ストンプでありながら6本のモーター・フェーダー(!)を搭載しているのが大きな特徴。プリセットを切り替えると、パラメーター値に応じてフェーダーが動くという何ともユニークなギター・ストンプです。その第一弾として発表された「Preamp MKII」は、Benson Ampsのクリス・ベンソン(Chris Benson)とのコラボレーションで開発されたプリアンプ/ファズ・ストンプ。6本のフェーダーに割り当てられているのは、ボリューム、トレブル、ミッド、ミッド周波数、ベース、ゲインの各パラメーターで、ミッドはQの幅やアンプの前段/後段へのルーティングなども設定可能。アンプ回路の可変ダイオード・クリッピングは、標準のトランジスター以外にシリコン/非対称ゲルマニウムを選択でき、ファズのオープン/ゲートも指定できる非常に高機能なプリアンプ/ファズ・ストンプです。

Chase Bliss Audio - Automatone

Preamp MKII

今回の『The NAMM Show』では、「Automatone」シリーズの第二弾となる「CXM 1978」も初めてお披露目されました。「CXM 1978」は、Merisとのコラボレーションで開発されたリバーブ・ストンプ。元になっているのは名機 Lexicon 224で、ホール/ルーム/プレートの3種類のアルゴリズムを備え、AD/DAコンバーターは32bitと高品位ですが、オールド・デジタル機器の音質を再現する『Lo-Fi』モードも備えています。6本のモーター・フェーダーでは、リバーブ・タイムやプリ・ディレイ、ミックス・バランスといったパラメーターをLARC感覚で操作することができ、MIDI入力/スルーやエクスプレッション入力も装備。もちろん入出力はステレオ仕様です。

Chase Bliss Audio - Automatone

CXM 1978

滑らかなフェーダーの動きを見るだけで物欲がそそられる、大変ユニークなギター・ストンプ「Automatone」シリーズ。「Preamp MKII」は2020年5月発売予定で価格は749ドル、「CXM 1978」は夏の終わりごろ発売予定で価格は未定となっています。さらなる詳細は、Chase Bliss AudioのWebサイトをご覧ください。

歴代ローランド製マシンを使って、Webブラウザ上で曲づくりが行える『Roland 50 Studio』が遂に完成…… TR-909を搭載し、計7種類のマシンが使用可能に

ミックス後のボーカル/楽器のピッチを編集できる魔法のプラグイン、Zynaptiq「PITCHMAP」が70%OFFの13,200円で販売中

AudiotonixがSlate Digitalを買収…… SSLやDiGiCo、Allen & Heathと同じグループに

Amiga公認のUSBメカニカル・キーボードが発売…… Mac/Windows/Linux/A500 Miniに対応

Elektron、Digitakt/Digitoneシリーズ/SyntaktのOSをアップデート…… 待望のソング・モードが遂に実装

ラブ・フルテンとteenage engineeringがコラボ、先天性心疾患を持つ子どもの心拍でビートを刻むドラム・マシン「CHD-4」

注目のビデオ・トラックや歌詞トラックなど、「Studio One 6」の新機能を詳細に解説したビデオが公開…… プロデューサーの田辺恵二氏が制作

ティム・コックはMD、ジョニー・ウッズはVHSで新作を発表…… レガシー・メディアでリリースされる電子音楽

teenage engineering、自分でレコードを作成できるマイクロ・カッティング・マシン、「PO-80 record factory」を発売…… Yuri Suzuki/学研とコラボ

PreSonus、「Studio One 6」を発表…… UIをディープにカスタマイズできるエディターやスマート・テンプレート機能を搭載、日本語対応の歌詞表示機能も

AI機械学習でギター・アンプやストンプをモデリングできる革新的なソフト、IK Multimedia「AmpliTube TONEX」が発売…… 無償版も同時公開

Avid、無償で利用できるPro Tools、「Pro Tools Intro」の提供を開始…… サード・パーティー製プラグインやMelodyneにも対応

無償のオーディオ編集ソフト Audacityが3.2.0にアップデート…… VST3とリアルタイム・プラグイン処理に対応、Mac版はAppleシリコンをサポート

あらゆる種類のローファイ映像を生成できる新種のグリッチ・プロセッサー、BPMC「Televandalist」がデビュー

Ableton、Live 11.2を正式リリース…… 標準リバーブの『Reverb』が進化、Mac版はAUv3にネイティブ対応

来たる11月4日、Ableton Meetup Tokyoが活動開始7周年/節目の50回を記念したアニバーサリー・イベントを開催

テーブルトップSIDシンセ、Twisted Electrons TherapSIDがアップデート…… 最終モデルとなる「TherapSID MKIII」が発売

Aphex Twinのアイディアを具現化したサンプル加工ソフト、「samplebrain」が無償公開…… サンプルを別のサンプルの音響特性に一致させて再生

ICON