Feature Image

NEWS

Elektron、大量の機材を持ち運べる大容量バックパックを発売…… Elektron製マシンなら3〜4台収納可能

Elektronが、純正バックパック「ECC-6」を発表。オンライン・ストアでの販売を開始しています。

Elektron - Backpack ECC-6

新製品「ECC-6」は、機材を持ち運ぶ人のために開発された純正のバックパック。素材には耐候性の高い生地が採用され、重量のある機材を持ち運ぶときにも苦にならないよう、前面と背面にはパッドも備わっています。「ECC-6」の大きな特徴と言えるのが、30リットルという特大の内部容量で、15インチのラップトップと複数の機材を余裕を持って収納することが可能。Elektronによれば、OctatrackとAnalog Rytm MKIIとDigitoneを同時に収納できる容量を持っているとのことです(大容量ながら、外形寸法は縦50cm×横幅30cm×奥行20cmに抑えられているので、飛行機の中に持ち込むこともできます)。「ECC-6」 の販売は既に開始されており、オンライン・ストアでの価格は9,899円。さらなる詳細は、ElektronのWebサイトをご覧ください。

Doepfer、コンパクトで高機能なEurorackモジュール4製品を発売…… A-130-8/A-133-2/A-135-3/A-183-4

Oberheim OB-Xを再現した無料のソフト・シンセ、discoDSP OB-Xd 2.0…… VST/AU/スタンドアローンに対応

Nanoloopを搭載した音楽制作にも対応した携帯型ゲーム機、「Analogue Pocket」の予約販売がスタート

Rutt/Etra Video Synthesizerの映像効果を再現したWebアプリケーション、「Rutt-Etra-Izer」

teenage engineering pocket operatorをMPC風にしてしまうケース、「MPO XS」の予約販売が開始

シンセ・イベント『Knobcon』、今年は開催されないことが決定…… 写真で振り返る昨年の『Knobcon』

Commodore Amiga用の新しいサンプラー・カートリッジ、「Open Amiga Sampler」がオープンソースで公開

deadmau5が長年パフォーマンスで使用してきたソフトウェア・コントローラー、「OSC/PILOT」の一般販売が開始

☆Taku Takahashi(m-flo/block.fm)インタビュー 〜 愛用のシンセとオンライン・フェス『BLOCK.FESTIVAL』を語る

ローランド、10月22日〜24日にオンライン楽器フェスティバル、『ROLAND/BOSSプレイヤーズ・サミット』を開催

DJ/プロデューサー KSHMRのキック処理のノウハウが凝縮された無料プラグイン、Dharma「KSHMR Essentials Kick」

伝説のサンプラー:Fairlight CMI IIxの機能とUIをパソコン上に再現するソフト、「QasarBeach CMI IIz」

Nanoloopを搭載、曲づくりもできる携帯型ゲーム機、「Analogue Pocket」の予約販売が8月3日に開始

ブライアン・イーノとEMS、デリア・ダービーシャーとMTRなど、アーティストと電子楽器をモチーフにしたペーパー・クラフト

アナログ映像のおもしろさをデジタルで実現した“バーチャル・アナログ”のビデオ・シンセ、Sleepy Circuits「Hypno」

MIDIコントローラーでラチェット(連打)・パターンを生成できるAbleton用デバイス、midierror「RATCHETEER」

ドラム/ギター/シンセ/キーボードの“フィルイン”を261種類収録した無料のサンプルパック、『Free Funky and Freaky Fill Samples』

Spectrasonics、定番キーボード音源「Keyscape」を約26%OFFで販売する日本限定セールを実施

ICON