Feature Image

NEWS

“携帯型音楽制作マシン”としても使える携帯型ゲーム機、Analogue「Pocket」が発表…… あのNanoloopを標準搭載

アメリカ・シアトルのゲーム機メーカー Analogueが、新製品「Pocket(ポケット)」を発表。ゲームボーイ互換の携帯型ゲーム機である「Pocket」は、同時に“携帯型音楽制作マシン”でもあり、なんとあのNanoloopを標準で搭載。世界中で大きな話題になっています。

Analogue - Pocket

“A tribute to portable gaming”が開発コンセプトという「Pocket」は、ゲームボーイに代表される古き良き携帯型ゲーム機を、最新のテクノロジーで実現したガジェット。基本的なデザインはゲームボーイを踏襲しており、縦型筐体の上部にディスプレイ、下部に十字キーと各種ボタンを装備。背面にはカートリッジ用スロットが備わり、2,780以上のゲームボーイ/ゲームボーイカラー/ゲームボーイアドバンス用タイトルがそのまま遊べるとのこと。さらにカートリッジ・アダプターを装着すれば、ゲームギアやネオジオポケットカラー、Atari Lynxといった他の携帯型ゲーム機用タイトルにも対応するとのことです。

Analogue - Pocket

Pocket」はその機能を2基のFPGAによって実現しており、うち1基はデベロッパー用に搭載したものとのこと。従って今後、サード・パーティーから新たに開発された対応ソフトウェア/ハードウェアの登場も期待できます。ディスプレイは、ゲームボーイの10倍の解像度になる1,600×1,440ピクセル/615ppiの3.5インチLCDを搭載。色の正確性やダイナミック・レンジ、明るさはプロ品質とのことで、“かつてこれほどハイ・レベルなディスプレイを搭載したゲーム機は無かった”とアピールしています。

Analogue - Pocket

そして大注目なのが、Nanoloopを標準で搭載している点。1990年代終わり、Oliver Wittchow氏によって開発されたNanoloopは、ゲームボーイで動作するミニマムな音楽制作ソフト。チップチューナーを中心に人気を集めたNanoloopは、後にiOS/Android版もリリースされ、今年専用機が発表されたのも記憶に新しいところです。「Pocket」では、そんなNanoloopを標準で搭載。ゲームだけでなく、曲作りも行えるユニークなガジェットに仕上げられています。

Pocket」の主な特徴は、以下のとおりです。

ゲーマーならずとも注目の新ガジェット、「Pocket」。価格は199ドルで、2020年の出荷を予定しているとのこと。当初の生産は限定数になるようなので、気になる方はメール・ニュースに登録しておいた方がいいかもしれません。さらなる詳細は、AnalogueのWebサイトをご覧ください。

Analogue - Pocket

NAMM 2020: 200ドル以下で買えるMIDIインターフェース機能内蔵モジュラー・ケース、Cre8audio「NiftyCASE」

NAMM 2020: Clavia、新型パフォーマンス・シンセ「Nord Wave 2」を発表…… VA/サンプル/FM/ウェーブテーブル音源を搭載

NAMM 2020: IK Multimedia、新型オーディオIF「iRig Pro Duo I/O」を発表…… “iRig”10周年を祝う新フラッグシップIF

NAMM 2020: Arturia、新型シーケンサー「KeyStep Pro」を発表…… 待望の鍵盤内蔵型BeatStep Proがデビュー

NAMM 2020: Nektar、16個のソフト音源を包括的に扱えるトラックメイク・システム、「AURA」を発表…… ステップ・シーケンサーも内蔵

NAMM 2020: 梯郁太郎氏が創業した楽器メーカー、“ACE TONE”が復活…… 革新的なデジタル・ストンプを多数お披露目

NAMM 2020: オリジナルのグルーブボックスやEurorackモジュールを製作できる開発環境、「Daisy」が間もなく登場

NAMM 2020: 大注目のデジタル/アナログ・ハイブリッド・シンセ、UDO「SUPER 6」が遂に北米デビュー

NAMM 2020: Novation、第三世代「Launchpad Pro」を発表…… 4トラック・シーケンサーを内蔵、PC無しでも使用可能に

NAMM 2020: PreSonus、FaderPortにオーディオIF機能を統合したDAW用の超便利デバイス、「ioStation 24c」を発表

NAMM 2020: Erica Synths、強力な音源内蔵シーケンサー「Bassline DB-01」を発表…… カットオフ・シーケンスにも対応

NAMM 2020: IK Multimedia、iLoud MTMのホワイト・バージョンを発表…… 2月発売

NAMM 2020: コルグ、開発中の新型シンセ「opsix」をお披露目…… 6オペレーター/32アルゴリズムのFMシンセ

NAMM 2020: サンプリング・ドラム・マシンの名機、SP-1200の35周年記念モデルが発売…… 実機を元に製作される本物のSP-1200

NAMM 2020: Universal Audio、無償の純正DAW「LUNA」を発表…… 往年のコンソール/MTRを再現、Minimoogも付属

NAMM 2020: IK Multimedia、音色を緻密にコントロールできる新しい発想のギター/ベース用DI、「Z-TONE」シリーズを発表

NAMM 2020: Moog、25鍵のキュートなアナログ・シンセ、「Subsequent 25」を発表…… 最小の鍵盤付きMoog

NAMM 2020: Apogee、デスクトップ・スタイルの高音質オーディオIF、「Symphony Desktop」を発表

ICON