Feature Image

NEWS

ニコライ・トーマ、開発中のパフォーマンス・サンプラー「ECSTASEQUENCE」をお披露目

ドイツ・ベルリンをベースに活動するDJ/プロデューサー、ニコライ・トーマ(Nicolai Toma)が、オリジナルの電子楽器「ECSTASEQUENCE(エクスタシーケンス)」を発表。注目を集めています。

Nicolai Toma - ECSTASEQUENCE

音楽活動と並行し、デザイナーとしても数々の作品を発表しているニコライ・トーマ。今回、自身のWebサイトInstagramでお披露目した「ECSTASEQUENCE」もデザイン・ワークの一環のようですが、商品として世に出すことも見据えているようで、欧米のメディアの中には“間もなく量産される”と伝えているところもあります。

Elektronマシンのような横型筐体を持つ「ECSTASEQUENCE」は、シーケンサーを備えたコンパクトなパフォーマンス・サンプラー。ニコライ・トーマによれば、“クリエイティブな作業に『集中』と『制限』をもたらすハードウェア・マシンへの需要が高まっている”ことが開発動機のようで、“「ECSTASEQUENCE」はスタジオやステージでのサンプルの扱いを改善する直感的なマシン”とのことです。

Nicolai Toma - ECSTASEQUENCE

ECSTASEQUENCE」は、ユーザー・サンプルのレコーディング/プレイバックに対応するのはもちろん、TB-303やJUNO-6といった名機のプリセット・サンプルも用意されるとのこと(プリセット・サンプルをロードした際は、大型のディスプレイに実機のグラフィックが表示されるもよう)。シーケンスをプログラムする『シーケンサー・モード』では、下部に備わった16基のエンコーダーを使って、ステップごとのピッチを直感的に設定することが可能。おもしろいのが、16基のエンコーダーがタッチ・センシティブ仕様になっている点で、『シーケンサー・モード』では触れるだけでサンプルをプレビューでき、『オクターブ・モード』という別のモードに切り替えれば、エンコーダーで音階演奏することも可能になっています。音階演奏時のプレイヤビリティーを考慮し、上段のエンコーダーと下段のエンコーダーがズレたレイアウトになっているのもユニークで、単音だけでなくコード演奏にも対応。もちろん、エンコーダーを使った演奏を、そのままシーケンサーにレコーディングすることもできます。

開発にあたって、12人のミュージシャン(男女比半々、7つの異なる国籍を持つ人たち)にインタビューを行ったという「ECSTASEQUENCE」。詳しいスペックや発売時期/価格など不明な点は多いですが、今後の展開が楽しみなマシンという印象です。興味のある方は、ニコライ・トーマのWebサイトをご覧ください。Instagramでは、サウンドも試聴できます。

Nicolai Toma - ECSTASEQUENCE

NAMM 2020: 200ドル以下で買えるMIDIインターフェース機能内蔵モジュラー・ケース、Cre8audio「NiftyCASE」

NAMM 2020: Clavia、新型パフォーマンス・シンセ「Nord Wave 2」を発表…… VA/サンプル/FM/ウェーブテーブル音源を搭載

NAMM 2020: IK Multimedia、新型オーディオIF「iRig Pro Duo I/O」を発表…… “iRig”10周年を祝う新フラッグシップIF

NAMM 2020: Arturia、新型シーケンサー「KeyStep Pro」を発表…… 待望の鍵盤内蔵型BeatStep Proがデビュー

NAMM 2020: Nektar、16個のソフト音源を包括的に扱えるトラックメイク・システム、「AURA」を発表…… ステップ・シーケンサーも内蔵

NAMM 2020: 梯郁太郎氏が創業した楽器メーカー、“ACE TONE”が復活…… 革新的なデジタル・ストンプを多数お披露目

NAMM 2020: オリジナルのグルーブボックスやEurorackモジュールを製作できる開発環境、「Daisy」が間もなく登場

NAMM 2020: 大注目のデジタル/アナログ・ハイブリッド・シンセ、UDO「SUPER 6」が遂に北米デビュー

NAMM 2020: Novation、第三世代「Launchpad Pro」を発表…… 4トラック・シーケンサーを内蔵、PC無しでも使用可能に

NAMM 2020: PreSonus、FaderPortにオーディオIF機能を統合したDAW用の超便利デバイス、「ioStation 24c」を発表

NAMM 2020: Erica Synths、強力な音源内蔵シーケンサー「Bassline DB-01」を発表…… カットオフ・シーケンスにも対応

NAMM 2020: IK Multimedia、iLoud MTMのホワイト・バージョンを発表…… 2月発売

NAMM 2020: コルグ、開発中の新型シンセ「opsix」をお披露目…… 6オペレーター/32アルゴリズムのFMシンセ

NAMM 2020: サンプリング・ドラム・マシンの名機、SP-1200の35周年記念モデルが発売…… 実機を元に製作される本物のSP-1200

NAMM 2020: Universal Audio、無償の純正DAW「LUNA」を発表…… 往年のコンソール/MTRを再現、Minimoogも付属

NAMM 2020: IK Multimedia、音色を緻密にコントロールできる新しい発想のギター/ベース用DI、「Z-TONE」シリーズを発表

NAMM 2020: Moog、25鍵のキュートなアナログ・シンセ、「Subsequent 25」を発表…… 最小の鍵盤付きMoog

NAMM 2020: Apogee、デスクトップ・スタイルの高音質オーディオIF、「Symphony Desktop」を発表

ICON