Feature Image

NEWS

Buchla、MIDI対応のデスクトップ音源、「Easel Command Module」を発表…… 30万円台で手に入るBuchlaが登場

今週末、アメリカ・イリノイ州シャンバーグで開催される北米最大規模のシンセサイザーの祭典、『Knobcon 2019』。その開幕を前に、Buchla U.S.A.が新製品、「Easel Command Module」を発表しました。

Buchla U.S.A. - 208C Easel Command Module

「Easel Command Module」は、Music Easelの音源部であるModel 208をデスクトップ型筐体に収めた新型シンセサイザー。標準でMIDI機能を搭載し(5pinのDIN端子とUSB MIDIの両方に対応)、“デスクトップ音源”として使いやすい仕様になっているのが大きな特徴です。シンセサイザーとしての基本機能はModel 208とほぼ同一のようですが、音源としての機能性を高めるために、2基のオシレーターの入出力などは強化されているもよう。今後、プリセット・マネージメント・オプションの発売も予定されているとのことです。

北米での販売価格は2,999ドルが予定されており、今年の終わりに出荷が開始されるとのこと。また同時に、200eのモジュールとして使用できるMIDI無しバージョンも「208C」として販売され、こちらの価格は2,599ドルとなっています。“30万円台で手に入る本物のBuchla”として、これから話題になりそうな「Easel Command Module」。詳しくは、Buchla U.S.A.のWebサイトをご覧ください。

Buchla U.S.A. - 208C Easel Command Module

香港発の強力なデジタル・シンセサイザー「HYDRASYNTH」がデビュー…… 元Arturia/元Novationのスタッフが開発

Buchla、MIDI対応のデスクトップ音源、「Easel Command Module」を発表…… 30万円台で手に入るBuchlaが登場

コルグ、ポケモンの人気キャラクターをドット絵でデザインしたチューナー/メトロノームを限定発売

ローランド、歴代名機の音色を網羅した“ドリーム・シンセ”、「JUPITER-X」を発表…… 小型版の「JUPITER-Xm」もラインナップ

コルグ、上質なブラック・ラバー塗装を採用、88鍵ピアノ・タッチの新型シンセ、「KROSS 88 MB」を発表

コルグ、手のひらサイズのマイクロ・シンセ「NTS-1 digital kit」を発表…… 約1万円で買える本格デジタル・シンセ

Waves、対象製品を合計6,000円以上購入した人に、希望のバンドル製品を無償進呈するユニークなプロモーションを開始

Ableton、Live Lite/Live Introからのアップグレード製品を最大12,000円OFFで販売するプロモーションを開始

コルグ、iPad/iPhone対応の音源アプリをアップデート、新たに“KORG Module Pro”として販売開始 〜 8月末まで50%OFF

Ableton、Liveとモジュラー・シンセサイザーを連携するための新しいPack、CV Toolsを正式リリース

Teenage Engineering Records、Pocket Operator Modularをフィーチャーした楽曲第二弾をリリース

Native Instruments、MASSIVE Xの販売を開始 〜 次の10年を担う超強力ソフト・シンセが遂にデビュー

PreSonus、Studio One Professional(クロスグレード版)を19,800円で販売するプロモを開始

新世代シングル・ボード・コンピューター、Raspberry Pi 4が発表 〜 35ドルからという低価格はそのままにパソコン並の性能に

Dreadbox、Erebus V3 Special Editionを発売 〜 人気のセミ・モジュラー・シンセサイザー、Erebus V3の特別モデル

Bleep LabsとDaedelusが共同開発、モジュラーと相性の良い小型サンプラー/ディレイ、「Delaydelus 2」が登場

Moogのフラッグシップ・シンセサイザー、「Moog One」の国内販売が開始…… “究極のMoog”が遂に入手可能に

ZynaptiqのAIリバーブ・プラグイン、「ADAPTIVERB」が約36%OFFの15,800円で販売中…… 6月30日まで

ICON