Feature Image

NEWS

Buchla、MIDI対応のデスクトップ音源、「Easel Command Module」を発表…… 30万円台で手に入るBuchlaが登場

今週末、アメリカ・イリノイ州シャンバーグで開催される北米最大規模のシンセサイザーの祭典、『Knobcon 2019』。その開幕を前に、Buchla U.S.A.が新製品、「Easel Command Module」を発表しました。

Buchla U.S.A. - 208C Easel Command Module

「Easel Command Module」は、Music Easelの音源部であるModel 208をデスクトップ型筐体に収めた新型シンセサイザー。標準でMIDI機能を搭載し(5pinのDIN端子とUSB MIDIの両方に対応)、“デスクトップ音源”として使いやすい仕様になっているのが大きな特徴です。シンセサイザーとしての基本機能はModel 208とほぼ同一のようですが、音源としての機能性を高めるために、2基のオシレーターの入出力などは強化されているもよう。今後、プリセット・マネージメント・オプションの発売も予定されているとのことです。

北米での販売価格は2,999ドルが予定されており、今年の終わりに出荷が開始されるとのこと。また同時に、200eのモジュールとして使用できるMIDI無しバージョンも「208C」として販売され、こちらの価格は2,599ドルとなっています。“30万円台で手に入る本物のBuchla”として、これから話題になりそうな「Easel Command Module」。詳しくは、Buchla U.S.A.のWebサイトをご覧ください。

Buchla U.S.A. - 208C Easel Command Module

Bastl Instrumentsのレアなシンセ、POLYが当たるキャンペーンが実施中…… Twitterでフォロー&RTするだけ

Kraftwerkのフローリアン・シュナイダーを追悼して制作されたサンプルパックが無償配布開始…… Ableton/TR-8S対応

Sonnox、すべての製品を50%OFFで販売するプロモを開始…… “フレキシブル・バンドル”を併用すれば最大75%OFFに

楽曲をリアルタイムに再構築できる、DJ/マシン・ライブのためのオーディオ・ルーパー、alter.audio「Timetosser」

コルグ POLY-800を忠実に再現したソフト・シンセ、Full Bucket Music「FURY-800」の無償配布が開始

IK Multimedia、iLoud MTMのホワイト・モデルを発売…… T-RackS 5を無償進呈するプロモも実施

ゲーム感覚でフレーズを無限に生み出すことができるポータブル・シンセサイザー、「Ellitone E[64]」が間もなく発売

Spitfire Audio、“クジラの音”をグラニュラー合成したサンプル音源、「Granular Whalesong」の無償配布を開始

teenage po modular 400に、EMS Synthiのようなマトリクス・パッチを追加する「POM-400 MATRIX KIT」

デスクトップ型のデジアナ・ハイブリッド・シンセ、Fred’s Lab「Töörö」が間もなくデビュー

すべての文字がクロス(×)の組み合わせでできたフォント、「Cross Stitched」が無調配布中

ゲーム機のようにエフェクトを入れ替えられるストンプ、COOPER FX「ARCADES」…… DSPクロックを変化させることも可能

Teenage Pocket Operatorが初めてフィーチャーされたミュージック・ビデオ、Dolores Haze『I Got My Gun』

FXpansion、定番ドラム音源「BFD3」を50%OFFの22,000円で販売するプロモを開始…… 6月30日まで

モジュラーシンセの伝道師 DivKid、Valhalla Supermassive用のオリジナル・プリセットを無償公開

エムアイセブン、超絶ギタリスト Kelly SIMONZ氏制作のStudio One用マルチトラック・データの無償提供を開始

Cycling ’74 Maxを基礎から学べる『Maxサマースクール・イン・藝大』が今年はオンラインで開催…… テーマは“MaxとAI”

Zynaptiq、「WORMHOLE」を約50%OFFの8,900円で販売するプロモを開始…… 音響効果に最適な複合プラグイン

ICON