Feature Image

NEWS

Native Instruments、MASSIVE Xの販売を開始 〜 次の10年を担う超強力ソフト・シンセが遂にデビュー

Native Instrumentsが大型新製品、MASSIVE Xの販売を開始しています。

Native Instruments - MASSIVE X

昨秋、KOMPLETE 12と同じタイミングで発表されたMASSIVE Xは、大ヒット・ソフトウェア・シンセサイザー MASSIVEの後継バージョン。パワフルで有機的なサウンド、シンプルで直感的なユーザー・インターフェースというオリジナルMASSIVEの特徴はそのままに、まったく新しいソフトウェア・シンセサイザーとして生まれ変わりました。

Native Instruments - MASSIVE X

完全に刷新されたユーザー・インターフェースは、上段がオシレーター/ノイズ・ジェネレーター/フィルター/エフェクター、下段がモジュレーション・ソース(エンベロープやLFOなど)という分かりやすい構成。サウンドの源となるのは、左上に2基用意されたウェーブテーブル・オシレーターで、最初のバージョンでは厳選されたウェーブテーブル波形を170種類収録。単に波形を選択するだけでなく、10種類用意された“オシレーター・モード”を切り替えることによって、様々なバリエーションを生み出すことが可能になっています(モードによっては、さらに複数の“サブ・モード”を選択することが可能)。ウェーブテーブル・オシレーターのすぐ下には、2基のフェーズ・モジュレーション・オシレーターと1基の補助オシレーターも搭載。下段のモジュレーション・ソースに頼らずに、オシレーター内部で位相などを変調できる設計になっています(このフェーズ・モジュレーション・オシレーターも、ウェーブテーブル波形を選択可能)。

Native Instruments - MASSIVE X

MASSIVE Xの核となる2基のウェーブテーブル・オシレーター

オシレーターの右側には2基のノイズ・ジェネレーターが備わっており、それぞれノイズ・ソースを選択することが可能。ノイズ・ソースは、ホワイト・ノイズなどのシンプルなものに加えて、雨のようなノイズや鳥の鳴き声のようなノイズなど、100種類以上のノイズが用意され、パーカッション系の音色やSEのサウンド・ソースとしても活躍。その右側には、MASSIVE Xのために開発された8種類のフィルターが備わり、これらも複数のモードを切り替えることが可能。伝統的なローパス/ハイパス/バンドパス・フィルターやコム・フィルターはもちろんのこと、選択した2種類のフィルターをパラレル/シリアルで組み合わせることも可能になっています。

Native Instruments - MASSIVE X

2基のノイズ・ジェネレーターと新開発の8種類のフィルターを搭載

フィルターの右側には、3基のインサート・エフェクト・スロットが用意され、任意のエフェクトをアサインすることが可能。ユニークなのが、エフェクトだけでなくオシレーターもインサートできる点で、メインのウェーブテーブル・オシレーターを使用せずに、“インサート・オシレーター”をサウンド・ソースとして使うこともできます。エフェクト・スロットにインサートできるオシレーターは、サイン波や矩形波、PWM対応のパルス波、鋸波といった伝統的な波形を選択でき、MASSIVE Xをシンプルな減算式のシンセサイザーとして機能させることが可能。複数の“インサート・オシレーター”を組み合わせれば、FM音源のようなアルゴリズムを作ることもできます。また、インサート・エフェクト・スロットとは別に、3基のユニット・エフェクト・スロットも用意され、こちらは最終段のマスター・エフェクトとして活躍。ディレイ、リバーブ、ディストーション、フランジャーなど、あらゆる種類のエフェクトが用意されています。

上段と下段の間の黒い部分は、オーディオ・ルーティングを設定するためのセクションで、ウェーブテーブル・オシレーター、ノイズ・ジェネレーター、フィルター、インサート・エフェクト・スロットなどを縦横無尽にルーティングすることが可能。メインのウェーブテーブル・オシレーターで、もう一方のウェーブテーブル・オシレーターを変調したり、モジュレーション・ソースをルーティングして、LFOをサウンド・ソースとして利用することも可能になっています。

Native Instruments - MASSIVE X

下段では最大9種類のモジュレーション・ソースを設定可能

そして下半分のセクションでは、9種類のモジュレーション・ソースを設定することが可能。標準的なエンベロープやLFOに加えて、異なる波形をモーフィングできる“スイッチャーLFO”や“ランダムLFO”など多彩なモジュレーション・ソースが用意されており、選択したモジュレーション・ソースをさらに別のモジュレーション・ソースで変調することもできます。モジュレーション・ソースの下の黒い部分は、“Performer”と呼ばれるシーケンス機能を利用するためのセクションで、MASSIVE Xでは最大8小節のモジュレーション・シーケンスを作成することが可能。作成したモジュレーション・シーケンスは12種類、1オクターブ分の鍵盤にアサインし、外部MIDI機器などから自由にトリガーすることができます。さらには受信したMIDIデータをモジュレーション・ソースとして利用するための“Tracker”と呼ばれる機能も装備しています。

Native Instruments - MASSIVE X

最大8小節のモジュレーション・シーケンスを設定できる“Performer”機能

オリジナルMASSIVEの開発チームがゼロから取り組み、遂に完成させた新世代ソフトウェア・シンセサイザー、MASSIVE X。オンラインでの販売は本日から始まっており、フル・バージョンの価格は24,800円、MASSIVE正規ユーザーのクロスグレード価格は18,800円となっています。なおMASSIVE Xは、KOMPLETE 12、KOMPLETE 12 ULTIMATE、KOMPLETE 12 ULTIMATE Collector’s Editionにも含まれるため、KOMPLETE 12シリーズを所有していない人は、2019年7月1日12:00まで実施されている『SUMMER OF SOUND』プロモーションを利用するのもいいかもしれません。MASSIVE Xについて詳しくはこちら、『SUMMER OF SOUND』プロモーションについて詳しくはこちらをご覧ください。

Native Instruments - MASSIVE X

モーグ財団、Moogシンセサイザーと侍のコラージュTシャツ、「SaMOOGurai T-shirt」を発売

IK Multimedia、人気のオーケストラ音源「Miroslav Philharmonik 2」を80%OFFの11,990円で販売中…… 10月24日まで

Modal Electronics、ウェーブテーブル音源の魅力にあらためて迫った新型シンセサイザー、「ARGON8」を間もなく発売

Linn Drum、Salsoul、808&909、“Blue Monday”…… ダンス・ミュージック向けサンプルパック/Abletonプロジェクト10タイトルが無償配付中

音をダイナミックにコントロールできるパフォーマンス・エフェクター、Enjoy Electronics「RemindeЯ」がデビュー

EurorackモジュラーをDAW上に再現するSoftube「Modular」が、約34%OFFの6,620円で販売中

80年代シンセの名機、ENSONIQ SQ-80のサウンドを多数収録したソフト音源が無償配布開始…… VST/AU対応

1971年発売のMoog初のコンパクト・モジュラー・シンセサイザー、「Model 10」が期間限定/数量限定で復刻販売

UVI、ハイブリッド・シンセ Falconの新バージョン、「Falcon 2」を発表…… 発売を記念して30%OFFの26,950円で販売中

大型ドット・マトリクス・ディスプレイを備えた小型シーケンサー「Noodlebox」がお披露目…… CVとMIDIに対応

IK Multimedia、SampleTankやT-RackSを半額で販売する期間限定プロモを開始…… バンドルのTotal Studio 2 MAXは約40%OFF

Apogee、ボブ・クリアマウンテンのエフェクト処理を再現するプラグインを発売…… 名盤の“あのサウンド”が誰もが利用可能に

IK Multimedia、UNO Drum用エディター・ソフト、「UNO Drum Editor」の無償提供を開始…… VST/AU/AAX対応のプラグイン版も

コルグ、パール・ホワイト・カラーのminilogue xd、「minilogue xd PW」を数量限定で発売

Analogue Solutions、幻のEMS Synthi 100を彷彿とさせるコンソール型“メガ・シンセサイザー”、「Colossus」を発表

モジュラー・シンセサイザー・ユーザーに最適な無印良品の収納用品…… 特におすすめの3アイテムを紹介

強力ソフト・シンセ Waverazorのハードウェア・バージョン、「Waverazor Dual Oscillator」の国内販売が開始

ニコライ・トーマ、開発中のパフォーマンス・サンプラー「ECSTASEQUENCE」をお披露目

ICON