Feature Image

NEWS & INFO

SUPERBOOTH19: Steinberg のソフト・シンセ Retrologueが遂にハードウェア化、デスクトップ・モデルとして登場

明日木曜日(日本時間9日17:00)にドイツ・ベルリンで始まる世界最大のシンセサイザーの祭典、『SUPERBOOTH19』。その開幕を前に、Steinbergのソフト・シンセ、「Retrologue 2」のハードウェア・バージョンがお披露目されました。

MIND Music Labs - Steinberg Retrologue 2 Hardware

Steinbergのソフト・シンセ、Retrologue 2

今年1月の『The NAMM Show』で注目を集めた、オーディオ・アプリケーションのための新しいプラットホーム、ELK Music Operating System。スウェーデンのMIND Music Labsが開発したELK Music Operating Systemは、Intel製CPUやARMプロセッサ上で動作するLinuxベースの“OS”で、あらゆる処理/入出力のレーテンシーが、かつてないレベルまで抑えられているのが特徴。開発者/メーカーは、このELK Music Operating Systemを使用することで、従来の組み込み型OSでは難しかった、リアルタイム操作/演奏に耐えるオーディオ・デバイスを製作することが可能になります。さらにELK Music Operating Systemは、OSレベルでMIDIをサポートし、VSTやPropellerheadのRack ExtensionといったDAW規格にも対応しているため、“プラグインのハードウェア化”も比較的容易に実現することができるのです。

MIND Music Labs - Steinberg Retrologue 2 Hardware

MIND Music Labs ELK Music Operating System

今回、MIND Music Labsが発表したハードウェア版「Retrologue 2」も、ELK Music Operating Systemで製作されたもの。Moog Mother-32のようなデスクトップ筐体には多くの操作子が備わり、「Retrologue 2」をスタンドアローンで(コンピューター無しで)使用することが可能になっています。その開発には、もちろんSteinbergも関わっており、同社のシニア・マーケティング・マネージャーであるFlorian Hain氏は、以下のようなコメントを発表しています。

我々はELK Music Operating Systemを見て、すぐにその可能性に気づいたため、公式のVST SDKでサポートすることにしたのです。ELK Music Operating Systemによって、VSTがソフトウェアの世界だけでなく、ハードウェアの世界でも標準になるという思いを強くしました。

現時点でハードウェア版「Retrologue 2」は、ELK Music Operating Systemの可能性をアピールするためのコンセプト・モデルのようですが、『SUPERBOOTH19』ではヤマハ・ブースに展示されるとのこと。このことからも分かるとおり、SteinbergはMIND Music Labsをかなり支援しているようで、もしかしたら製品として販売される可能性もあるのかもしれません。

MIND Music Labs - Steinberg Retrologue 2 Hardware
AD

IK Multimedia、定番ベース音源 MODO BASSの無償版の提供を開始…… ’60s Fender Precision Bassモデルを収録

開発者が語るローランド初のガジェット楽器、「AIRA Compact」…… 感覚的にコード進行を作れる『コード・シーケンサー』とは一体?

ロック/ポップ・ミュージック史に残る名盤のジャケットを、子猫で再現した『The Kitten Covers』

大物プロデューサーの“魔法のボーカル処理”がプラグインに…… IK Multimedia「T-RackS Joe Chiccarelli Vocal Strip」が発売

250ドルで買える本格的なセミ・モジュラーシンセ、Cre8audio「East Beast」がデビュー…… シーケンサーやキーボードも搭載

ABBAやカーディガンズなど、スウェディッシュ・ポップのリバーブを生み出すプラグイン、Softube「Atlantis Dual Chambers」が発売

Tiptop Audio、待望のブラックMantisを発表…… Buchla 292tはハンドメイド・バクトロールが採用されることに

Tubbutec、ローランド MC-202にアルペジエーター機能やグラフィック・ディスプレイを追加する「MC2oh2」をお披露目

Eventideから、メロディーを生成する革新的なアルゴリズミック・シーケンサー、「Misha」がデビュー

IK Multimedia、精悍な黒色のマイクロ・シンセ、「UNO Synth Pro Desktop Black Edition」を発表…… 数量限定生産

teenage engineering、名機OP-1を全面的にブラッシュアップした新製品「OP-1 field」を発表…… 100もの新機能を追加

Erica Synths、漆黒の“実験電子楽器”「SYNTRX II」を発表…… 記録対応のジョイステイックやピアノロール・シーケンサーを新たに搭載

ローランド、新感覚ガジェット『AIRA Compact』を発表…… 本物の“Rolandサウンド”で気軽に曲づくりを実現

コルグ、DIYオシロスコープ「NTS-2 oscilloscope kit」を発表…… コルグ/ARPをフォーカスした新刊「PATCH & TWEAK with KORG」とバンドルで発売

名機JUNO-60/JUNO-106を最新テクノロジーで蘇生した新型シンセサイザー、ローランド「JUNO-X」がデビュー

シンセサイザー/音づくりの基礎を学べるWebアプリ、Ableton『Learning Synths』がアップデート…… 音色のエクスポートや録音も可能に

人気のローファイ&グリッチ・ビデオシンセ、LoFi Future T-420に待望のEurorack版が登場…… 4HPとコンパクト、約14,000円

teenage engineering、シンセサイザー/シーケンサー内蔵の超小型ミキサー「TX-6」を発表…… USBオーディオIFとしても機能

ICON