Feature Image

NEWS

SUPERBOOTH19: Steinberg のソフト・シンセ Retrologueが遂にハードウェア化、デスクトップ・モデルとして登場

明日木曜日(日本時間9日17:00)にドイツ・ベルリンで始まる世界最大のシンセサイザーの祭典、『SUPERBOOTH19』。その開幕を前に、Steinbergのソフト・シンセ、「Retrologue 2」のハードウェア・バージョンがお披露目されました。

MIND Music Labs - Steinberg Retrologue 2 Hardware

Steinbergのソフト・シンセ、Retrologue 2

今年1月の『The NAMM Show』で注目を集めた、オーディオ・アプリケーションのための新しいプラットホーム、ELK Music Operating System。スウェーデンのMIND Music Labsが開発したELK Music Operating Systemは、Intel製CPUやARMプロセッサ上で動作するLinuxベースの“OS”で、あらゆる処理/入出力のレーテンシーが、かつてないレベルまで抑えられているのが特徴。開発者/メーカーは、このELK Music Operating Systemを使用することで、従来の組み込み型OSでは難しかった、リアルタイム操作/演奏に耐えるオーディオ・デバイスを製作することが可能になります。さらにELK Music Operating Systemは、OSレベルでMIDIをサポートし、VSTやPropellerheadのRack ExtensionといったDAW規格にも対応しているため、“プラグインのハードウェア化”も比較的容易に実現することができるのです。

MIND Music Labs - Steinberg Retrologue 2 Hardware

MIND Music Labs ELK Music Operating System

今回、MIND Music Labsが発表したハードウェア版「Retrologue 2」も、ELK Music Operating Systemで製作されたもの。Moog Mother-32のようなデスクトップ筐体には多くの操作子が備わり、「Retrologue 2」をスタンドアローンで(コンピューター無しで)使用することが可能になっています。その開発には、もちろんSteinbergも関わっており、同社のシニア・マーケティング・マネージャーであるFlorian Hain氏は、以下のようなコメントを発表しています。

我々はELK Music Operating Systemを見て、すぐにその可能性に気づいたため、公式のVST SDKでサポートすることにしたのです。ELK Music Operating Systemによって、VSTがソフトウェアの世界だけでなく、ハードウェアの世界でも標準になるという思いを強くしました。

現時点でハードウェア版「Retrologue 2」は、ELK Music Operating Systemの可能性をアピールするためのコンセプト・モデルのようですが、『SUPERBOOTH19』ではヤマハ・ブースに展示されるとのこと。このことからも分かるとおり、SteinbergはMIND Music Labsをかなり支援しているようで、もしかしたら製品として販売される可能性もあるのかもしれません。

MIND Music Labs - Steinberg Retrologue 2 Hardware

Teenage Engineering、レコード・レーベルをローンチ…… 最初の作品ではPocket Operator Modularをフィーチャー

Teenage Engineeingがデザイン面で協力したかわいいゲーム機、「Playdate」が来年発売

PreSonus、マルチコアに最適化された「Studio One 4.5」をリリース…… 同一CPUでも、より多くのプラグインが使用可能に

SUPERBOOTH19: コルグ開発陣が語る、DAWとの組み合わせに最適なデスクトップ・シンセ、「minilogue xd module」

ハイ・リゾリューション、EastWest製品を最大50%OFFで販売する『EastWest Memorial Day セール』を開始

Spectrasonicsの超定番音源、「Omnisphere 2」が約30%OFFの42,300円で販売中(数量限定)

メディア・インテグレーション、2019年6月13日から、ROLIの国内代理店業務を開始

PreSonus、日本時間5月22日午前0時に、YouTubeで“何か”をアナウンス

モジュラー・シンセの新しいイベント『Meeting of Modular』が明日、三軒茶屋で開催…… Hatakenさんが実演/解説、初心者の質問に回答

メディア・インテグレーション、Waves Horizonを約94%OFF、過去最安値の32,800円で販売するプロモを開始

SUPERBOOTH19: Behringer、薄型・コンパクト・199ドルのセミ・モジュラー・シンセ、「Crave」をお披露目

SUPERBOOTH19: 1960年代に製造されたBuchla初の本格モジュラー、100 SeriesをEurorackで復刻した「Red Panel」

IK Multimedia、Moog Taurusを元に開発されたソフト・シンセ、「Syntronik Bully」(49.99ユーロ相当)の無償配布を開始

SUPERBOOTH19: Novation、Peakを2台分搭載した新しいフラッグシップ・シンセサイザー、「Summit」を発表

SUPERBOOTH19: モーターを高速回転させて音を生成する“電気機械方式”のシンセ、Gamechanger Audio「Motor Synth」が登場

SUPERBOOTH19: コルグ、手のひらサイズのDSPシンセ「Nu:Tekt NTS-1」をお披露目…… 自作オシレーターのロードに対応

SUPERBOOTH19: SH-101を超薄型筐体で再現、バッテリー駆動にも対応した新型シンセサイザー「SB-1/Space Bee」

SUPERBOOTH19: コルグ開発チームが語る、『Nutube』を搭載した“真空管シンセサイザー”、「volca nubass」のすべて

ICON