Feature Image

NEWS

SUPERBOOTH19: Steinberg のソフト・シンセ Retrologueが遂にハードウェア化、デスクトップ・モデルとして登場

明日木曜日(日本時間9日17:00)にドイツ・ベルリンで始まる世界最大のシンセサイザーの祭典、『SUPERBOOTH19』。その開幕を前に、Steinbergのソフト・シンセ、「Retrologue 2」のハードウェア・バージョンがお披露目されました。

MIND Music Labs - Steinberg Retrologue 2 Hardware

Steinbergのソフト・シンセ、Retrologue 2

今年1月の『The NAMM Show』で注目を集めた、オーディオ・アプリケーションのための新しいプラットホーム、ELK Music Operating System。スウェーデンのMIND Music Labsが開発したELK Music Operating Systemは、Intel製CPUやARMプロセッサ上で動作するLinuxベースの“OS”で、あらゆる処理/入出力のレーテンシーが、かつてないレベルまで抑えられているのが特徴。開発者/メーカーは、このELK Music Operating Systemを使用することで、従来の組み込み型OSでは難しかった、リアルタイム操作/演奏に耐えるオーディオ・デバイスを製作することが可能になります。さらにELK Music Operating Systemは、OSレベルでMIDIをサポートし、VSTやPropellerheadのRack ExtensionといったDAW規格にも対応しているため、“プラグインのハードウェア化”も比較的容易に実現することができるのです。

MIND Music Labs - Steinberg Retrologue 2 Hardware

MIND Music Labs ELK Music Operating System

今回、MIND Music Labsが発表したハードウェア版「Retrologue 2」も、ELK Music Operating Systemで製作されたもの。Moog Mother-32のようなデスクトップ筐体には多くの操作子が備わり、「Retrologue 2」をスタンドアローンで(コンピューター無しで)使用することが可能になっています。その開発には、もちろんSteinbergも関わっており、同社のシニア・マーケティング・マネージャーであるFlorian Hain氏は、以下のようなコメントを発表しています。

我々はELK Music Operating Systemを見て、すぐにその可能性に気づいたため、公式のVST SDKでサポートすることにしたのです。ELK Music Operating Systemによって、VSTがソフトウェアの世界だけでなく、ハードウェアの世界でも標準になるという思いを強くしました。

現時点でハードウェア版「Retrologue 2」は、ELK Music Operating Systemの可能性をアピールするためのコンセプト・モデルのようですが、『SUPERBOOTH19』ではヤマハ・ブースに展示されるとのこと。このことからも分かるとおり、SteinbergはMIND Music Labsをかなり支援しているようで、もしかしたら製品として販売される可能性もあるのかもしれません。

MIND Music Labs - Steinberg Retrologue 2 Hardware

コルグ、iPad/iPhone対応の音源アプリをアップデート、新たに“KORG Module Pro”として販売開始 〜 8月末まで50%OFF

Ableton、Liveとモジュラー・シンセサイザーを連携するための新しいPack、CV Toolsを正式リリース

Teenage Engineering Records、Pocket Operator Modularをフィーチャーした楽曲第二弾をリリース

Native Instruments、MASSIVE Xの販売を開始 〜 次の10年を担う超強力ソフト・シンセが遂にデビュー

PreSonus、Studio One Professional(クロスグレード版)を19,800円で販売するプロモを開始

新世代シングル・ボード・コンピューター、Raspberry Pi 4が発表 〜 35ドルからという低価格はそのままにパソコン並の性能に

Dreadbox、Erebus V3 Special Editionを発売 〜 人気のセミ・モジュラー・シンセサイザー、Erebus V3の特別モデル

Bleep LabsとDaedelusが共同開発、モジュラーと相性の良い小型サンプラー/ディレイ、「Delaydelus 2」が登場

Moogのフラッグシップ・シンセサイザー、「Moog One」の国内販売が開始…… “究極のMoog”が遂に入手可能に

ZynaptiqのAIリバーブ・プラグイン、「ADAPTIVERB」が約36%OFFの15,800円で販売中…… 6月30日まで

IK Multimedia、物理モデリング・ドラム音源「MODO DRUM」を発表…… MODO BASSに続く“MODO”シリーズ第二弾が登場

バーチャル・モジュラー・シンセサイザー「VCV Rack」バージョン1.0が遂にリリース…… 引き続き無償でダウンロード可能

ROLI、楽器演奏と音楽の基礎を楽しみながら習得できる新製品「LUMI」を発表…… マルチ・カラーの自照式キーボードはDAWで使用することも可能

PreSonus、Studio Oneのオーディオ処理を自動化できるアドオン、「Audio Batch Converter」を発売…… 6月30日までイントロ価格で販売中

MIDIやCV/Gateでサイドチェーン・コンプレッションがかけられるユニークなエフェクター、Suonobuono「nABC」の予約販売が開始

サンプリング・ドラム・マシンの名機、SP-1200を現代風に蘇らせた「SP 2400」の予約受付が開始…… ローファイとハイファイ、2種類のエンジンを搭載

コルグの新型デスクトップ・シンセサイザー、「minilogue xd module」が今週日曜日に販売開始

大型タッチ・スクリーンを備えた新世代グルーヴ・サンプラー、1010music 「Blackbox」の国内販売が開始

ICON