Feature Image

NEWS

SUPERBOOTH19: IK Multimedia、新製品「UNO Drum」を発表…… アナログ/PCMハイブリッド音源を搭載した新感覚ドラム・マシン

明日木曜日(日本時間9日17:00)にドイツ・ベルリンで始まる世界最大のシンセサイザーの祭典、『SUPERBOOTH19』。その開幕を前に、IK Multimediaが新製品「UNO Drum(ウノ・ドラム)」を発表しました。

IK Multimedia - UNO Drum

昨年ヒットしたUNO Synth(開発インタビュー記事は、こちら)に続く、“UNO”シリーズ第2弾として発売される「UNO Drum」は、アナログ/PCMハイブリッド音源を積んだコンパクトなドラム・マシン。UNO Synthと同じフォーム・ファクターの筐体に、6種類のアナログ音源/54種類のPCM音源を搭載、あらゆるスタイルのドラム・トラックに対応します。

IK Multimedia - UNO Drum

アナログ音源回路はUNO Synth同様、イタリアのモジュラー・メーカー Soundmachinesと共同開発されたもので、アナログらしいファットで存在感のあるサウンドが特徴。音色は、2種類のキック、スネア、クラップ、クローズド・ハイハット、オープン・ハイハットの計6種類が搭載されています。もちろん、チューンやディケイといったパラメーターも用意され(音色によって設定可能なパラメーターは異なるとのこと)、左上のマトリクス・エディタを使って直感的にエディットすることが可能。内蔵シーケンサーは、パラメーター・オートメーションにも対応しています。

IK Multimedia - UNO Drum

そして「UNO Drum」では、6種類のアナログ音源と54種類のPCM音源の中から好みの12音色を組み合わせて、オリジナルのキットを作成することが可能。即戦力となるプリセット・キットも100種類収録されているので、オリジナル・キットを作らなくても直ちに使い始めることができます。出力段には『COMP』と『DRIVE』という2種類のアナログ・マスター・エフェクトも備わっており、基本的な音作りは「UNO Drum」内で完結する仕様になっているのもポイントです。

他のドラム・マシンと異なる「UNO Drum」ならではの特徴と言えるのが、手前に装備された静電容量方式タッチ・パッド。計12個備わった静電容量方式タッチ・パッドは、2段階のベロシティ・ゾーンに対応しているため、抑揚のあるパターンも容易に入力できるようになっています。内蔵シーケンサーは64ステップ仕様で、最大100種類のパターンを保存することが可能。「UNO Drum」には、UNO Synthには無かった“ソング”という概念が加わっており、最大64種類のパターンを繋げて再生することも可能になっています。

IK Multimedia - UNO Drum

UNO Synthで好評だったパフォーマンス・エフェクト(ボタンを押すことでパターンにリアルタイムで変化を与える機能)も搭載されており、「UNO Drum」では『STUTTER』、『ROLL』、『HUMANIZE』、『SWING』、『RANDOM』という5種類のパフォーマンス・エフェクトを利用することが可能。静電容量方式タッチ・パッドと合わせて、リアルタイム・パフォーマンス性能に優れている点は、「UNO Drum」のセールス・ポイントの一つと言えるかもしれません。

IK Multimedia - UNO Drum

重量わずか400グラム、横幅25.6cm×奥行き15cm×4.9cmというコンパクトさで、気軽に持ち運ぶことができる「UNO Drum」。もちろん、電池駆動(単3乾電池4本)対応で、USB接続のモバイル・バッテリーで使うことも可能になっています。発売は来月末の予定で、市場想定価格は32,000円前後(税別)。詳しくは、IK MultimediaのWebサイトをご覧ください。

Teenage Engineering、レコード・レーベルをローンチ…… 最初の作品ではPocket Operator Modularをフィーチャー

Teenage Engineeingがデザイン面で協力したかわいいゲーム機、「Playdate」が来年発売

PreSonus、マルチコアに最適化された「Studio One 4.5」をリリース…… 同一CPUでも、より多くのプラグインが使用可能に

SUPERBOOTH19: コルグ開発陣が語る、DAWとの組み合わせに最適なデスクトップ・シンセ、「minilogue xd module」

ハイ・リゾリューション、EastWest製品を最大50%OFFで販売する『EastWest Memorial Day セール』を開始

Spectrasonicsの超定番音源、「Omnisphere 2」が約30%OFFの42,300円で販売中(数量限定)

メディア・インテグレーション、2019年6月13日から、ROLIの国内代理店業務を開始

PreSonus、日本時間5月22日午前0時に、YouTubeで“何か”をアナウンス

モジュラー・シンセの新しいイベント『Meeting of Modular』が明日、三軒茶屋で開催…… Hatakenさんが実演/解説、初心者の質問に回答

メディア・インテグレーション、Waves Horizonを約94%OFF、過去最安値の32,800円で販売するプロモを開始

SUPERBOOTH19: Behringer、薄型・コンパクト・199ドルのセミ・モジュラー・シンセ、「Crave」をお披露目

SUPERBOOTH19: 1960年代に製造されたBuchla初の本格モジュラー、100 SeriesをEurorackで復刻した「Red Panel」

IK Multimedia、Moog Taurusを元に開発されたソフト・シンセ、「Syntronik Bully」(49.99ユーロ相当)の無償配布を開始

SUPERBOOTH19: Novation、Peakを2台分搭載した新しいフラッグシップ・シンセサイザー、「Summit」を発表

SUPERBOOTH19: モーターを高速回転させて音を生成する“電気機械方式”のシンセ、Gamechanger Audio「Motor Synth」が登場

SUPERBOOTH19: コルグ、手のひらサイズのDSPシンセ「Nu:Tekt NTS-1」をお披露目…… 自作オシレーターのロードに対応

SUPERBOOTH19: SH-101を超薄型筐体で再現、バッテリー駆動にも対応した新型シンセサイザー「SB-1/Space Bee」

SUPERBOOTH19: コルグ開発チームが語る、『Nutube』を搭載した“真空管シンセサイザー”、「volca nubass」のすべて

ICON