Feature Image

NEWS

DSPシンセサイザーを自作できるDIYキット、MakeProAudio「Dino Park」が登場…… 音源ボードはCreamware互換

今月2日からドイツ・フランクフルトで開催されている、ヨーロッパ最大規模の楽器の展示会、『Musikmesse 2019』。毎年恒例となった『SUPERBOOTH』の直前ということもあり、シンセサイザー・メーカーの出展はほとんどありませんが、なかなか興味深い新製品が出品されていたのでご紹介します。

ドイツ・ケルンに拠点を置くMakeProAudioが初披露した「Dino Park」は、DSPベースのハードウェア・シンセサイザーを自作する(!)ためのDIYキット。中心となるのは、Analog DevicesのDSP、SHARCを積んだ音源ボード「Dino Park Board」で、これを他のコンポーネントと組み合わせてオリジナル筐体のキーボードなどに搭載することで、比較的容易にDSPシンセサイザーを自作することが可能になっています。

MakeProAudio - Dino Park

MakeProAudioが発表したDIYキット、「Dino Park」。写真はその中心となる音源ボード「Dino Park Board」

MakeProAudio - Dino Park

Analog DevicesのDSP、SHARCを搭載した「Dino Park Board」

「Dino Park Board」の他には、液晶ディスプレイと2基のエンコーダーを搭載したコントローラー・ボード、2chのアナログ入出力(TRSフォーン)/S/PDIFデジタル入出力/MIDI入出力を装備したI/Oボード、8基のタッチ・センシティブ対応エンコーダーを搭載したコントローラー「Dino Tweak Tile」、パワー・サプライ、専用ケースといったコンポーネントが用意され、組み合わせが異なる3種類のパッケージで販売(「Dino Park Board」のみでも購入可能)。「Dino Park」とは別ラインとして販売されるDIY用コントローラー、「MPA Blocks」シリーズを組み合わせることもできます。

MakeProAudio - Dino Park

音源ボードだけでなく、I/Oボードやケースなど、様々なコンポーネントが用意される

MakeProAudio - Dino Park

MakeProAudioが販売するDIY用のコントローラー、「MPA Blocks」シリーズ

ここで問題となるのが、音源ボード「Dino Park Board」上で走らせるソフトウェアです。DSPシンセサイザーを構成するハードウェアがすべて用意されていると言っても、肝心のソフトウェアが無ければ意味がありません。その点においても「Dino Park Board」は抜かりがなく、DSPコードを書けないという人のために、音源ボード上で動作する3種類のソフトウェア・シンセサイザーが付属しているのです。実は「Dino Park Board」、その昔人気を集めたCreamwareのプラットホームと互換性があり、付属しているのは何とPulsar用のプラグイン、MINIMAX(Minimoogイミュレーション)、Pro-12(Prophet-5イミュレーション)、PROOYSSEY(ODYSSEYイミュレーション)の3種類。非プログラマーであっても、これらがスタンドアローンで動作するDSPシンセサイザーを自作できるというわけです。これはなかなか凄いのではないでしょうか。

MakeProAudio - Dino Park

「Dino Park Board」は、何とCreawareのプラットホーム互換。Pulsar用の3種類のソフトウェア・シンセサイザーが付属する

DIYキットということで価格も安く、「Dino Park Board」が199ユーロ、基本的なコンポーネントが含まれる「Dino Park MakeKit」が299ユーロ、「Dino Park MakeKit」にI/Oボードが追加された「Dino Park EX MakeKit」が369ユーロ、コントローラーの「Dino Tweak Tile」が69ユーロとなっています(2019年4月30日から6月までの発売記念価格)。3種類のソフトウェア・シンセサイザーが付属していることを考えると、破格と言っていいでしょう。

今後、4種類目のソフトウェア・シンセサイザーとしてB4000(Hammondイミュレーション)もリリースされる「Dino Park」。ブースでは、筐体にLEGOを使用した製作サンプルや、木箱に仕込んだデスクトップ・モジュール型の製作サンプルが展示され、来場者の注目を集めていました。自作のDSPシンセサイザーに興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

MakeProAudio - Dino Park

「Dino Park Board」を内部に仕込んだLEGO筐体のオリジナルDSPシンセサイザー

MakeProAudio - Dino Park

「Dino Park Board」を内部に仕込んだ木箱のオリジナルDSPシンセサイザー

MakeProAudio - Dino Park

木箱のオリジナルDSPシンセサイザーの内部

MakeProAudio - Dino Park

Teenage Engineering、レコード・レーベルをローンチ…… 最初の作品ではPocket Operator Modularをフィーチャー

Teenage Engineeingがデザイン面で協力したかわいいゲーム機、「Playdate」が来年発売

PreSonus、マルチコアに最適化された「Studio One 4.5」をリリース…… 同一CPUでも、より多くのプラグインが使用可能に

SUPERBOOTH19: コルグ開発陣が語る、DAWとの組み合わせに最適なデスクトップ・シンセ、「minilogue xd module」

ハイ・リゾリューション、EastWest製品を最大50%OFFで販売する『EastWest Memorial Day セール』を開始

Spectrasonicsの超定番音源、「Omnisphere 2」が約30%OFFの42,300円で販売中(数量限定)

メディア・インテグレーション、2019年6月13日から、ROLIの国内代理店業務を開始

PreSonus、日本時間5月22日午前0時に、YouTubeで“何か”をアナウンス

モジュラー・シンセの新しいイベント『Meeting of Modular』が明日、三軒茶屋で開催…… Hatakenさんが実演/解説、初心者の質問に回答

メディア・インテグレーション、Waves Horizonを約94%OFF、過去最安値の32,800円で販売するプロモを開始

SUPERBOOTH19: Behringer、薄型・コンパクト・199ドルのセミ・モジュラー・シンセ、「Crave」をお披露目

SUPERBOOTH19: 1960年代に製造されたBuchla初の本格モジュラー、100 SeriesをEurorackで復刻した「Red Panel」

IK Multimedia、Moog Taurusを元に開発されたソフト・シンセ、「Syntronik Bully」(49.99ユーロ相当)の無償配布を開始

SUPERBOOTH19: Novation、Peakを2台分搭載した新しいフラッグシップ・シンセサイザー、「Summit」を発表

SUPERBOOTH19: モーターを高速回転させて音を生成する“電気機械方式”のシンセ、Gamechanger Audio「Motor Synth」が登場

SUPERBOOTH19: コルグ、手のひらサイズのDSPシンセ「Nu:Tekt NTS-1」をお披露目…… 自作オシレーターのロードに対応

SUPERBOOTH19: SH-101を超薄型筐体で再現、バッテリー駆動にも対応した新型シンセサイザー「SB-1/Space Bee」

SUPERBOOTH19: コルグ開発チームが語る、『Nutube』を搭載した“真空管シンセサイザー”、「volca nubass」のすべて

ICON