Feature Image

EVENT

エンジニア 杉山勇司氏を講師に迎えた全7回のミックスダウン・セミナーが開催…… 先着6名はマンツーマン・レッスンも

年明け1月19日(土)から、レコーディング・エンジニア 杉山勇司氏を講師に迎えたミックスダウン・セミナー、『音楽をつくるために必要な基本姿勢とその実践 〜 杉山勇司MIXセミナー2019』が開催されます。

Yuji Sugiyama Seminar

これまで何度か東京・大阪で開催され、好評を博しているミックスダウン・セミナー、『音楽をつくるために必要な基本姿勢とその実践』。X JAPANやLUNA SEA、東京スカパラダイスオーケストラなど、多くのアーティストを手がけてきたベテラン・エンジニア 杉山勇司氏が、実践的なミキシングを直接指導する少人数制の有料セミナーです。講義は7回に分けて行われ、“音の聴き方”からEQ/ダイナミクスなどのエフェクト処理、さらには基本的な電気知識に至るまで、ミックスダウンに必要な知識/技術を杉山氏が丁寧に解説。今回は受講者のミックス音源をチェックする『ミキシング・クリニック』に加えて、受講者に1対1で指導する『マンツーマン・レッスン』(!)も行われるとのことです(『マンツーマン・レッスン』は先着6名限定)。

Yuji Sugiyama Seminar

大阪でのセミナーの様子

日程は年明け1月19日(土)から4月13日(土)までの全7回で、場所は東京・渋谷のMIM OfficeとRock oNリファレンス・ルーム。受講料は、通常授業のAコースが54,600円(税込/7回分)、通常授業に60分のマンツーマン・レッスンが付いたBコースが64,600円(税込/7回分/先着6名)となっています。定員は13名で、受講申し込みの締め切り日は年明け1月12日(金)。さらなる詳細は、主催のRock oN ComapnyのWebサイトをご覧ください。

杉山勇司氏からいただいたコメントを紹介します。

機材が進化して、家ですべてができるようになって久しい。ぼくも今ではほとんど自宅でPro Toolsを使ってミックスしていますが、最近、もう一度基礎に立ち返らなければいけないなと思う瞬間がよくあるんです。新しい技術によって、昔では考えられないミックスができているかと思ったら、実は全然そうではなかった。例えば、Auto-Tuneのようなピッチ補正は、実は昔から手動でやっていましたし、トラックのタイミングを揃えるのも同じで、エンジニアが職人的にやっていたことがDAWとプラグインのおかげで誰でも簡単にできるようになったというだけで。実はそんなに進歩していなくて、もしかしたら退化していることの方が多いんじゃないかと思っているんです。最先端テクノロジーを追いかけることはもちろん大切ですが、それを扱う人間の方が重要。これまで何度か行なっているこのミックスダウン・セミナーで改めてそのことを実感し、それは自分にとっても大切なことだと思いました。レコーディング・エンジニアを目指している人、自分でミックスをしている作家さん、ミックスダウンの基礎を改めて学んでみませんか。ここで学ぶことができる知識や技術は普遍的なもので、必ずやこれからの糧になってくれるはずです。このセミナーは自分自身のOSアップデートのためと思ってください。
Yuji Sugiyama Seminar

Teenage Engineering、レコード・レーベルをローンチ…… 最初の作品ではPocket Operator Modularをフィーチャー

Teenage Engineeingがデザイン面で協力したかわいいゲーム機、「Playdate」が来年発売

PreSonus、マルチコアに最適化された「Studio One 4.5」をリリース…… 同一CPUでも、より多くのプラグインが使用可能に

SUPERBOOTH19: コルグ開発陣が語る、DAWとの組み合わせに最適なデスクトップ・シンセ、「minilogue xd module」

ハイ・リゾリューション、EastWest製品を最大50%OFFで販売する『EastWest Memorial Day セール』を開始

Spectrasonicsの超定番音源、「Omnisphere 2」が約30%OFFの42,300円で販売中(数量限定)

メディア・インテグレーション、2019年6月13日から、ROLIの国内代理店業務を開始

PreSonus、日本時間5月22日午前0時に、YouTubeで“何か”をアナウンス

モジュラー・シンセの新しいイベント『Meeting of Modular』が明日、三軒茶屋で開催…… Hatakenさんが実演/解説、初心者の質問に回答

メディア・インテグレーション、Waves Horizonを約94%OFF、過去最安値の32,800円で販売するプロモを開始

SUPERBOOTH19: Behringer、薄型・コンパクト・199ドルのセミ・モジュラー・シンセ、「Crave」をお披露目

SUPERBOOTH19: 1960年代に製造されたBuchla初の本格モジュラー、100 SeriesをEurorackで復刻した「Red Panel」

IK Multimedia、Moog Taurusを元に開発されたソフト・シンセ、「Syntronik Bully」(49.99ユーロ相当)の無償配布を開始

SUPERBOOTH19: Novation、Peakを2台分搭載した新しいフラッグシップ・シンセサイザー、「Summit」を発表

SUPERBOOTH19: モーターを高速回転させて音を生成する“電気機械方式”のシンセ、Gamechanger Audio「Motor Synth」が登場

SUPERBOOTH19: コルグ、手のひらサイズのDSPシンセ「Nu:Tekt NTS-1」をお披露目…… 自作オシレーターのロードに対応

SUPERBOOTH19: SH-101を超薄型筐体で再現、バッテリー駆動にも対応した新型シンセサイザー「SB-1/Space Bee」

SUPERBOOTH19: コルグ開発チームが語る、『Nutube』を搭載した“真空管シンセサイザー”、「volca nubass」のすべて

ICON