Feature Image

EVENT

Eurorackモジュラーの新しい可能性を追求したライブ・イベント、『Source CORD』のVol.2が明日21日(金)開催

明日21日(金)、東京・神楽坂の神楽音において、新機軸のライブ・イベント『Source CORD Vol.2』が開催されます。

Source CORD Vol.2

Source CORD』は、音楽家のAkihiko Matsumoto+MUSのShintaro Kanojyoが中心になって企画された新しいタイプのモジュラー・ライブ・イベント。出演アーティストは全員Eurorackモジュラーを使用しますが、Cycling ’74 Maxと連携させて演奏する人もいれば、自らの歌声をモジュラーで処理しながらプレイする人もいるなど、モジュラー・シンセのさらなる可能性を追求した内容になっているのがポイントです。今年6月に開催されたVol.1は大きな話題となり、途中入場制限がかかるほどの動員を記録しました。

半年ぶりに開催されるVol.2では、前回出演の4人のアーティスト(Machìna、Taro Aiko(ENDON/m.a.s.f.)、Akihiko Matsumoto、Shintaro Kamijyo)に、ベルリンを拠点に活躍するTakahisa Mitsumori(mergrim/moph)が加わり、さらに豪華な顔ぶれに。VJはKousaku Namikawa、モジュラーSEはKentaro Suzukiが務めます。刺激的なサウンドを求めている人、新しいモジュラー・プレイを堪能したい人は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。入場料は1,800円+1ドリンクで、開場/開演は19:00。詳細は神楽音のWebサイト、もしくはFacebookイベントをチェックしてみてください。

Source CORD Vol.2

Takahisa Mitsumori (mergrim/moph)

Source CORD Vol.2

Machìna

Source CORD Vol.2

Taro Aiko (ENDON/m.a.s.f.)

Source CORD Vol.2

Akihiko Matsumoto

Source CORD Vol.2

Shintaro Kamijyo (+MUS)

Steinberg、新世代ポストプロダクションDAW、「Nuendo 10」のティーザー動画を公開

エムアイセブン、Studio Oneを30%OFFで販売する6日間限定プロモを開始…… バージョン・アップ/アップグレードも対象

ドラム・サンプラーの名機 SP-1200が復活? Isla Instruments、「SP-2400」を開発していることをアナウンス

Spektro AudioのM4Lデバイスをハード化した“フレーズ製造マシン”、「ACDGEN – Hardware Edition」が登場

開発が進むRaspberry Piベースのマイクロ・シンセサイザー「OTTO」、その最新情報と新デザインの写真が公開

3月8日、Pro Tools | MTRX、Dante、イマーシブ・オーディオをフィーチャーした特別セミナーが開催 〜 入場無料(先着50名)

コルグ、「KORG Gadget 2」を販売開始 〜 ガジェット・プラグインがWindowsにも対応、最大50%OFFセールも

Teenage Engineering、OP-ZとMIDI機器/モジュラー・シンセの接続を実現する拡張ユニット、「oplab module」を発表

Red Moduleが制作、ローランド TR-606をアナログMTRで収録したサンプルパックが無償配布開始

Mellotron風のローファイなストリングス/フルート音源、Flintpope 「TAPESTRINGFLUTE」の無償配布が開始

Multiton Bits、新作サンプルパック、「Welcome Pack 2019」の無償配布を開始 〜 ヤマハ RY30やカワイ R-50eのサンプルも収録

NAMM 2019: コルグ開発チームが語る、ディープな“DSPリズム・マシン”、「volca drum」のすべて

Native Instruments、15種類のソフト音源/プラグインや、2,000種類以上のサウンドが含まれるバンドル、「KOMPLETE START」の無償配布を開始

Memorymoogを再現したIK Multimediaのソフト音源、「Memory-V」(49.99ユーロ相当)が期間限定で無償配布中

IK Multimedia、新世代マルチ音源「SampleTank 4」の販売を開始…… 新開発のエンジンを搭載、UIはリサイズ対応に

IK Multimedia、人気のSyntronikを約75%OFFの8,310円で販売するプロモを開始…… 3月4日まで

『The NAMM Show』で注目を集めた、MOTU DP10(アップグレード/ダウンロード版)の国内販売が開始

Teenage Engineering、ポータブル・シンセサイザー OP-1の販売を再開

ICON