Feature Image

WORLD SYNTHESIZER

WORLD SYNTHESIZER #49:世界初の腕時計型シンセサイザー、「Synthwatch」の予約販売が開始

イタリア・ペルージャの新興メーカー、Audioweldが、腕時計型シンセサイザー「Synthwatch」の予約販売を開始しています。

Audioweld - Synthwatch

約2年もの期間を投じて開発されたという「Synthwatch」は、メーカーいわく“世界初の腕時計型シンセサイザー”。スクウェア型の筐体には、大型液晶ディスプレイと12鍵キーボードが備わり、手首に装着したままで演奏や音色の切り替え、レコーディングなどが行えるようになっています。iOS/Android対応の専用アプリも用意され、スマートフォン/タブレットとワイヤレス接続することで、細かい打ち込みやリアルタイム・レコーディングなどを行うことも可能。筐体上部にはUSB-C端子が備わっており、パソコンとの有線接続やオーディオ出力にも対応します(専用ケーブルが付属)。

身につけるものということで、気になるのが腕時計としてのクオリティですが、開発の中心メンバーであるFrancesco氏とFausto氏は、スイスで長年腕時計製作を手がけてきた職人とのこと。筐体には軽量かつ堅牢なグレード5のチタン素材が採用され、腕時計としても安心して使用できる仕上がりになっているようです。

Audioweld - Synthwatch

Synthwatch」の主な特徴は、以下のとおりです。

なかなか興味深い「Synthwatch」ですが、不明な点が多いのが気になるところ。シンセサイザーを謳ってはいますが、200種類以上の音色と4種類のエフェクトが搭載されている以外のスペック/機能が不明で、シーケンサーも専用アプリ無しでどこまで使えるのかよく分かりません。もちろん、詳細な情報はこれから徐々に公開されるかもしれないので、引き続き注目していきたいと思います。

予約販売はKickstarterで行われており、500台限定のアーリーバード価格は450ユーロ(一般販売時の予価は695ユーロ)。製品の発送は、来年4月を予定しているとのことです。詳しくは、Kickstarterのキャンペーン・ページをご覧ください。

Audioweld - Synthwatch

Togu Audio Line、定番リバーブ・プラグイン「TAL-Reverb-4」をアップデート…… 新バージョンの無償配布を開始

Propellerhead、Reason 10を新規購入したユーザーに、計350ドル相当のプラグインを無償提供するプロモを開始

エムアイセブン、PreSonusやRME、Genelecなどの対象製品を大幅割引価格で販売する、創立15周年記念セールを開始

シンセにもエフェクターにもなる“ミュージシャンのためのLEGO”、Empress Effects「ZOIA」の国内販売が遂に開始

IK Multimedia、マスタリング・リミッター「Stealth Limiter」を約60%OFFの5,931円で販売するプロモを開始

Avid、無償版Pro Toolsの最新版、「Pro Tools | First 2019」を発表…… 遂にプロジェクトのローカル保存に対応

XLN Audio、新感覚ビート・メイキング・ツール「XO」を発表…… 膨大なサンプルを直感的にブラウズできる画期的なUIを搭載

元AKGの社員22名が新しいマイク・メーカー、“Austrian Audio”を設立…… ワイヤレスでポーラー・パターンを選択できるマイク「OC818」を発表

DSPシンセサイザーを自作できるDIYキット、MakeProAudio「Dino Park」が登場…… 音源ボードはCreamware互換

iZotope、リバーブ・プラグインで有名なExponential Audioを買収…… マイケル・カーンズ氏もiZotope開発陣の一員に

ハリウッドの売れっ子ミキサー、ウィル・ファイルズ氏が語る、大ヒット映画『ヴェノム』の実験的なサウンド・デザイン

Native InstrumentsとNikeがコラボレート、特別仕様のMASCHINEとAir Maxをセットでプレゼントするプロモを実施中

SSL、DAWスタジオに最適な小型ミキサー「SiX」を発表…… 20万円を切る価格で手に入る、正真正銘の“SSLコンソール”

Steinberg、新世代ポストプロダクションDAW、「Nuendo 10」のティーザー動画を公開

エムアイセブン、Studio Oneを30%OFFで販売する6日間限定プロモを開始…… バージョン・アップ/アップグレードも対象

ドラム・サンプラーの名機 SP-1200が復活? Isla Instruments、「SP-2400」を開発していることをアナウンス

Spektro AudioのM4Lデバイスをハード化した“フレーズ製造マシン”、「ACDGEN – Hardware Edition」が登場

開発が進むRaspberry Piベースのマイクロ・シンセサイザー「OTTO」、その最新情報と新デザインの写真が公開

ICON