Feature Image

WORLD SYNTHESIZER

WORLD SYNTHESIZER #49:世界初の腕時計型シンセサイザー、「Synthwatch」の予約販売が開始

イタリア・ペルージャの新興メーカー、Audioweldが、腕時計型シンセサイザー「Synthwatch」の予約販売を開始しています。

Audioweld - Synthwatch

約2年もの期間を投じて開発されたという「Synthwatch」は、メーカーいわく“世界初の腕時計型シンセサイザー”。スクウェア型の筐体には、大型液晶ディスプレイと12鍵キーボードが備わり、手首に装着したままで演奏や音色の切り替え、レコーディングなどが行えるようになっています。iOS/Android対応の専用アプリも用意され、スマートフォン/タブレットとワイヤレス接続することで、細かい打ち込みやリアルタイム・レコーディングなどを行うことも可能。筐体上部にはUSB-C端子が備わっており、パソコンとの有線接続やオーディオ出力にも対応します(専用ケーブルが付属)。

身につけるものということで、気になるのが腕時計としてのクオリティですが、開発の中心メンバーであるFrancesco氏とFausto氏は、スイスで長年腕時計製作を手がけてきた職人とのこと。筐体には軽量かつ堅牢なグレード5のチタン素材が採用され、腕時計としても安心して使用できる仕上がりになっているようです。

Audioweld - Synthwatch

Synthwatch」の主な特徴は、以下のとおりです。

なかなか興味深い「Synthwatch」ですが、不明な点が多いのが気になるところ。シンセサイザーを謳ってはいますが、200種類以上の音色と4種類のエフェクトが搭載されている以外のスペック/機能が不明で、シーケンサーも専用アプリ無しでどこまで使えるのかよく分かりません。もちろん、詳細な情報はこれから徐々に公開されるかもしれないので、引き続き注目していきたいと思います。

予約販売はKickstarterで行われており、500台限定のアーリーバード価格は450ユーロ(一般販売時の予価は695ユーロ)。製品の発送は、来年4月を予定しているとのことです。詳しくは、Kickstarterのキャンペーン・ページをご覧ください。

Audioweld - Synthwatch

Teenage Engineering、ポータブル・シンセサイザー OP-1の販売を再開

エムアイセブン、創立15周年を記念した特別セールを開始…… Studio Oneが半額、最大77%OFFのアウトレット・セールも

Avid、トップ・エンジニア Gregory Germain氏を講師に迎えたミックス・セミナーを2月22日に開催…… 受講料無料

NAMM 2019: Behringer、歴史的名機の長所を組み合わせた199ドルのセミ・モジュラー・シンセ、「Crave」を発表

NAMM 2019: Moog、サイケでキュートなデザインの新型シンセサイザー、「Sirin」を2,500台限定で販売開始

NAMM 2019: Arturia、タッチ・キーボードを搭載した“実験的”ハイブリッド・シンセ、「MicroFreak」を発表

NAMM 2019: Steinberg、Thunderboltを採用した32bit/384kHz対応のプレミアム・オーディオIF、「AXR4T」を発表

NAMM 2019: PreSonus、USB-C端子を採用したブラック筐体の新型オーディオIF、「Studio USB-C」シリーズを発表

NAMM 2019: IK Multimedia、iLoud MMの上位機種となるフラッグシップ・スピーカー、「iLoud MTM」を発表

メディア・インテグレーション、Wavesのプラグイン・バンドルを最大93%OFFで販売するプロモーションを開始

NAMM 2019: Antares、99ドルの低価格なAuto-Tune、「Auto-Tune Access」を発売

NAMM 2019: Elektron、小型/軽量の6トラック・グルーヴ・サンプラー、「Model:Samples」を発表

Rock oN ショーレポート NAMM2019、現地時間1月24日より、怒涛のショーレポート開催!

NAMM 2019: Elektron、新型マシンを準備中? 新製品のティーザーらしき動画を公開

NAMM 2019: IK Multimedia、オーディオIF機能も搭載した超小型ギター・アンプ、「iRig Micro Amp」を発表

NAMM 2019: コルグ、monologueやノートPCなどを収納できる多目的2ウェイ・バッグ、「MP-MONOLOGUE」を発表

NAMM 2019: Eventide、デジタル・ディレイにアナログ・フィルターを融合した新型ストンプ、「Rose」を発表

NAMM 2019: 光学式ディスクをMIDIで音階演奏できる、“現代版Optigan”「Panoptigon」が販売開始

ICON