Feature Image

NEWS

PreSonus、Studio Oneの新バージョン「Studio One 4」をリリース! 強力な『コード・トラック/ハーモニー編集機能』を搭載、本日より販売開始!

PreSonusが、Studio Oneユーザー待望の新バージョン、「Studio One 4」を発表! Studio One 3から実に3年の歳月を経て、さらに強力なDAWソフトウェアとして生まれ変わりました。「Studio One 4」日本語版(ダウンロード版)は、本日から販売が開始されています。

PreSonus - Studio One 4

透明感のある音質と使いやすいUI、軽快な動作で、多くのユーザーに支持されているDAWソフトウェア、Studio One。本日リリースされた最新バージョン「Studio One 4」では、使い手のクリエイティビティを刺激する新機能が多数盛り込まれています。その最たるものが、Studio One独自の『コード・トラック/ハーモニー編集機能』。この機能では、ノート・データ/オーディオを自由自在にトランスポーズ/転調/コード置換することができ、イメージするハーモニーを素早く具現化することができます。さらには定評のあるStudio One標準音源のImpactは「Impact XT」に、Sample Oneは「Sample One XT」にアップグレードされ、ワークステーション級のソフト音源へと進化を遂げました。その他、世界中のユーザーからの要望/フィードバックも細やかに反映されているとのことです。

Studio One 4」の主な新機能は以下のとおりです。

PreSonus - Studio One 4

Studio One 4」は、最上位版の「Studio One 4 Professional」、ミドル・レンジの「Studio One 4 Artist」(PreSonus製ハードウェアにもバンドル)、無償版の「Studio One 4 Prime」の3種類のグレードで構成(無償版の「Studio One 4 Prime」は、2018年6〜7月から提供予定)。「Studio One 4 Professional」と「Studio One 4 Artist」は本日からダウンロード販売が開始されており、また製本版クイック・スタート・ガイド/キーコマンド・シートを収録したボックス版、USBフラッシュドライブ・インストーラーも後日提供されます。なお、2018年3月22日から「Studio One 4」発表までにStudio Oneを初めて登録/アクティベーションしたユーザーは、無償アップグレード対象になるとのこと。詳しくは、エムアイセブンジャパンのWebサイトをご覧ください。

Teenage Engineering、レコード・レーベルをローンチ…… 最初の作品ではPocket Operator Modularをフィーチャー

Teenage Engineeingがデザイン面で協力したかわいいゲーム機、「Playdate」が来年発売

PreSonus、マルチコアに最適化された「Studio One 4.5」をリリース…… 同一CPUでも、より多くのプラグインが使用可能に

SUPERBOOTH19: コルグ開発陣が語る、DAWとの組み合わせに最適なデスクトップ・シンセ、「minilogue xd module」

ハイ・リゾリューション、EastWest製品を最大50%OFFで販売する『EastWest Memorial Day セール』を開始

Spectrasonicsの超定番音源、「Omnisphere 2」が約30%OFFの42,300円で販売中(数量限定)

メディア・インテグレーション、2019年6月13日から、ROLIの国内代理店業務を開始

PreSonus、日本時間5月22日午前0時に、YouTubeで“何か”をアナウンス

モジュラー・シンセの新しいイベント『Meeting of Modular』が明日、三軒茶屋で開催…… Hatakenさんが実演/解説、初心者の質問に回答

メディア・インテグレーション、Waves Horizonを約94%OFF、過去最安値の32,800円で販売するプロモを開始

SUPERBOOTH19: Behringer、薄型・コンパクト・199ドルのセミ・モジュラー・シンセ、「Crave」をお披露目

SUPERBOOTH19: 1960年代に製造されたBuchla初の本格モジュラー、100 SeriesをEurorackで復刻した「Red Panel」

IK Multimedia、Moog Taurusを元に開発されたソフト・シンセ、「Syntronik Bully」(49.99ユーロ相当)の無償配布を開始

SUPERBOOTH19: Novation、Peakを2台分搭載した新しいフラッグシップ・シンセサイザー、「Summit」を発表

SUPERBOOTH19: モーターを高速回転させて音を生成する“電気機械方式”のシンセ、Gamechanger Audio「Motor Synth」が登場

SUPERBOOTH19: コルグ、手のひらサイズのDSPシンセ「Nu:Tekt NTS-1」をお披露目…… 自作オシレーターのロードに対応

SUPERBOOTH19: SH-101を超薄型筐体で再現、バッテリー駆動にも対応した新型シンセサイザー「SB-1/Space Bee」

SUPERBOOTH19: コルグ開発チームが語る、『Nutube』を搭載した“真空管シンセサイザー”、「volca nubass」のすべて

ICON