Feature Image

NEWS

SUPERBOOTH 2018: 一見普通の鍵盤ながら3Dタッチに対応したアナログ・シンセ、SyntoNovo「Pan」がデビュー!

今月3日から5日まで、ドイツ・ベルリンで開催される世界最大のシンセサイザーの祭典、『SUPERBOOTH』。その開幕に先駆けて、SyntoNovoが新型アナログ・シンセサイザー「Pan」を発表しています。

SyntoNovo - Pan

昨年の『SUPERBOOTH』で、Synton Syrinxをベースにしたアナログ・シンセサイザー「Pop」を発表し、注目を集めたオランダの新興シンセサイザー・メーカー、SyntoNovo。今回の『SUPERBOOTH』でお披露目される「Pan」も、Synton Syrinxを元に開発されたアナログ・シンセサイザーのようです。

音源部の詳細は不明ですが、「Pan」の大きな特徴はその鍵盤部にあります。一見すると普通のキーボードのようですが、何と各鍵盤にはセンサーが内蔵されており、指先の位置を感知する仕様になっています。もちろんベロシティにも対応しているので、1つの鍵盤から3つのデータを取得することが可能になっているのです。SyntoNovoはこのキーボードのことを『XYZPression Keyboard』と呼んでおり、ROLI Seaboardのような演奏が可能なアナログ・シンセサイザーと言っていいでしょう。

「Pan」は『SUPERBOOTH』でお披露目された後、ベータ・テスト用ユニットの生産に入るとのこと。なお開発には、同じオランダのモジュラー・メーカー、This Is Not Rocket Science(TINRS)が関わっているようです。

NAMM 2019: Rock oN ショーレポート NAMM2019、現地時間1月24日より、怒涛のショーレポート開催!

NAMM 2019: Elektron、新型マシンを準備中? 新製品のティーザーらしき動画を公開

NAMM 2019: IK Multimedia、オーディオIF機能も搭載した超小型ギター・アンプ、「iRig Micro Amp」を発表

NAMM 2019: コルグ、monologueやノートPCなどを収納できる多目的2ウェイ・バッグ、「MP-MONOLOGUE」を発表

NAMM 2019: Eventide、デジタル・ディレイにアナログ・フィルターを融合した新型ストンプ、「Rose」を発表

NAMM 2019: 光学式ディスクをMIDIで音階演奏できる、“現代版Optigan”「Panoptigon」が販売開始

NAMM 2019: Teenage Engineering、低価格/組み立て式のモジュラー・シンセ、「Pocket Operator Modular」を発表

コルグ、MIDIコン/シンセの購入者に、iZotope Ozone Elementsを無償進呈 〜 volca modularやminilogue xdも対象

NAMM 2019: Dubreq、完全なアナログ・シンセとして進化を遂げた“究極のStylophone”、「Stylophone Gen R-8」を発表

NAMM 2019: コルグ、Gadget PluginsがWindowsにも対応、さらに進化を遂げた「KORG Gadget 2」を発表

NAMM 2019: Akai Pro、PC無しで制作/ライブが行える、“スタンドアローンAbleton”的マシン「Force」を発表

NAMM 2019: コルグ、鮮やかなネオン・カラーの特別版KROSS、「KROSS Special Edition」を発表

NAMM 2019: IK Multimedia、ギター・レコーディングに最適化された革新的なオーディオIF、「AXE I/O」を発表

NAMM 2019: コルグ開発チームが語る、モジュラーの魅力が凝縮された新型volca、「volca modular」のすべて

NAMM 2019: コルグ、2種類の新型volca、「volca modular」と「volca drum」を発表

NAMM 2019: コルグ、アナログ音源にデジタル音源を融合した新世代ハイブリッド・シンセ、「minilogue xd」を発表

IK Multimedia、タブレットをマイク・スタンドや三脚にマウントするためのホルダーの最新モデル、「iKlip 3」を発表

ローランド、Amazon Alexaに対応した“声で操作できる”電子キーボード、「GO:PIANO with Alexa Built-in」を発表

ICON