Feature Image

FEATURE

Switch to Studio One #13:Chihei Hatakeyama 〜 インタビュー記事の公開に合わせ、Studio One用マルチトラック・ファイルの無償提供も開始! 〜

エムアイセブンジャパンが、アンビエント/ドローン・アーティスト Chihei Hatakeyamaのインタビュー記事を公開。それに合わせて、Chihei Hatakeyamaのレーベル・アーティストであるFamily Basikのマルチトラック・ファイルの無償提供も開始しています。

Chihei Hatakeyama Interview

アンビエント/ドローン・アーティストとして世界的に高く評価されているChihei Hatakeyama。その傍ら、ミックス/マスタリング・エンジニアとしても多くの仕事を手がけています。インタビュー記事ではプライベート・スタジオの写真も公開され、制作の中心となるPreSonus Studio Oneをはじめ、愛用のモジュラー・シンセサイザーやギター、ストンプなどの機材も確認することができます(インタビュー記事はこちら)。

Chihei Hatakeyama Interview
Chihei Hatakeyama Interview
Chihei Hatakeyama Interview
Chihei Hatakeyama Interview

そして今回、このインタビュー記事の公開に合わせ、Chihei Hatakeyamaのレーベル・アーティストであるFamily Basikのマルチトラック・ファイルのダウンロード提供も開始。マルチトラック・データは、Studio One Professional/Artist用と、無償のStudio One Prime用の2種類が提供され、自身の環境で再生することができます。さらにはこのマルチトラック・データを使用したオンライン・イベント、『Family Basikリミックス・チャレンジ!』も開催。詳しくは、エムアイセブンジャパンのWebサイトをご覧ください。

Teenage Engineering、ポータブル・シンセサイザー OP-1の販売を再開

エムアイセブン、創立15周年を記念した特別セールを開始…… Studio Oneが半額、最大77%OFFのアウトレット・セールも

Avid、トップ・エンジニア Gregory Germain氏を講師に迎えたミックス・セミナーを2月22日に開催…… 受講料無料

NAMM 2019: Behringer、歴史的名機の長所を組み合わせた199ドルのセミ・モジュラー・シンセ、「Crave」を発表

NAMM 2019: Moog、サイケでキュートなデザインの新型シンセサイザー、「Sirin」を2,500台限定で販売開始

NAMM 2019: Arturia、タッチ・キーボードを搭載した“実験的”ハイブリッド・シンセ、「MicroFreak」を発表

NAMM 2019: Steinberg、Thunderboltを採用した32bit/384kHz対応のプレミアム・オーディオIF、「AXR4T」を発表

NAMM 2019: PreSonus、USB-C端子を採用したブラック筐体の新型オーディオIF、「Studio USB-C」シリーズを発表

NAMM 2019: IK Multimedia、iLoud MMの上位機種となるフラッグシップ・スピーカー、「iLoud MTM」を発表

メディア・インテグレーション、Wavesのプラグイン・バンドルを最大93%OFFで販売するプロモーションを開始

NAMM 2019: Antares、99ドルの低価格なAuto-Tune、「Auto-Tune Access」を発売

NAMM 2019: Elektron、小型/軽量の6トラック・グルーヴ・サンプラー、「Model:Samples」を発表

Rock oN ショーレポート NAMM2019、現地時間1月24日より、怒涛のショーレポート開催!

NAMM 2019: Elektron、新型マシンを準備中? 新製品のティーザーらしき動画を公開

NAMM 2019: IK Multimedia、オーディオIF機能も搭載した超小型ギター・アンプ、「iRig Micro Amp」を発表

NAMM 2019: コルグ、monologueやノートPCなどを収納できる多目的2ウェイ・バッグ、「MP-MONOLOGUE」を発表

NAMM 2019: Eventide、デジタル・ディレイにアナログ・フィルターを融合した新型ストンプ、「Rose」を発表

NAMM 2019: 光学式ディスクをMIDIで音階演奏できる、“現代版Optigan”「Panoptigon」が販売開始

ICON