Feature Image

NEWS

NAMM 2018: Universal Audio、新型オーディオIF「Arrow」を発表! TB3対応、UAD機能を備えたコスパ抜群のキラーIF

来週25日10時(日本時間:26日3時)に開幕する、世界最大規模の楽器の展示会『The NAMM Show』。今年は会場が大幅に拡張され、業務用音響機器の展示会、『AES』も同時に開催される予定になっています。おそらくは出展者数/来場者数ともに、これまでで一番の『The NAMM Show』になることでしょう(今年もICONは、WebFacebookTwitterでレポートします!)。

そして日本時間の本日未明、Universal Audioは『The NAMM Show』開幕に先行して、新製品「Arrow(アロー)」を発表しました。Mac/Windows両対応の「Arrow」は、Thunderbolt 3接続(!)の新型オーディオ・インターフェース。リアルタイム・ワークフローを実現するUADプロセッシング機能を備えながら、市場実勢価格58,000円(税別)という意欲的な価格設定となっているのが大きな特徴です。

Universal Audio - Arrow

初代Apolloで他に先駆けてThunderboltをサポートしたUniversal Audioですが、新型MacBook Proなどで注目を集めるThunderbolt 3にもいち早く対応してきました。本日発表された「Arrow」は、最新規格Thunderbolt 3に完全対応。大容量電源を供給できるThunderbolt 3のメリットを生かし、外部電源が不要なバス・パワー仕様になっています(Thunderboltケーブルは別売)。

Universal Audio - Arrow

オーディオ・インターフェースとしては、アナログ2ch入力/4ch出力、24bit/最高192kHz対応というスペックで、背面にはTRSフォーン/XLR両対応のコンボ仕様の入力端子を2基、TRSフォーン/バランス仕様の出力端子を2基搭載。もちろん、入力端子には高品位なマイク・プリアンプ回路も備わっています。前面にはHi-Z入力対応のアナログ入力端子(こちらはTSフォーンのアンバランス仕様)を1基、ヘッドフォン出力端子を1基搭載。ヘッドフォン出力は、背面の出力とは完全に独立しているため、任意のソースをキューイングすることも可能になっています(“4ch出力”と謳われているのは、このことが理由です)。

Universal Audio - Arrow

「Arrow」のフロント・パネル

Universal Audio - Arrow

「Arrow」のリア・パネル

そして何と言っても注目は、エントリー・ユーザーも手が届く価格でありながら、UADプロセッシング機能を備えている点。これにより、コンピューターに負担をかけないリアルタイム・プロセッシングが可能になります。パワー的にはApollo Twinの“SOLO”と同等で、アナログ機器の入力段での“振る舞い”も忠実に再現するUnisonテクノロジーにももちろん対応。「Marshall Plexi Classic Guitar Amp」や「UA 1176LN Compressor Legacy」といったUADプラグインも14種類(!)バンドルされています。

Universal Audio - Arrow

14種類のUADプラグインで構成される「Realtime Analog Classics」がバンドル

Arrow」の主な特徴は以下のとおりです。

今年の『The NAMM Show』の目玉となる新製品が、ショーの前に発表になってしまった感のある「Arrow」。Universal Audio、渾身の新製品といった印象です。この「Arrow」、なんと本日(2018年1月17日)、世界同時に販売が開始されるとのこと。初回入荷数は非常に少ないようなので、気になった方は早めにオーダーした方がいいかもしれません。価格はオープン・プライスで、市場実勢価格は先述のとおり58,000円(税別)となっています。なおICONでは本日、「Arrow」の開発者インタビューを掲載する予定です。そちらもぜひご一読ください!

Universal Audio - Arrow

IK Multimedia、徹底的に“ブリティッシュ・サウンド”にこだわった新作ドラム音源、「London Grooves」のダウンロード販売を開始!

Ableton、優秀な“Live使い”を認定するイベントを約4年ぶりに東京で開催! 応募締切は今月27日

SUPERBOOTH 2018: IK Multimedia、来週のSUPERBOOTHで、”極秘開発中の新製品”を発表することを明らかに

劇伴やゲーム・サウンドに最適な高品位ボーカル音源、「EastWest VOICES OF THE EMPIRE」が明日まで約33%OFFの21,890円で販売中

コルグ KID、話題のMoog製“ドラム・シンセ”、「DFAM」の国内販売を開始! セミ・モジュラー設計のアナログ・ドラム・シンセサイザー

コルグ KID、Arturiaのキーボード・コントローラー、「KeyLab Essential」の限定ブラック・モデルの国内販売を開始!

NAMMで注目を集めた“フット・スイッチ型マウス”、「SMASHmouse」のクラウドファンディングがスタート! 足元でのパソコン操作が可能に

SUPERBOOTH 2018: Pittsburgh Modularから強力なハードウェア・シーケンサー、「Electronic Sequence Designer 128」が登場!

SUPERBOOTH 2018: 噂の「Behringer SYSTEM 100」シリーズの情報がModularGridにアップされる

SUPERBOOTH 2018: DreadboxとPolyendがコラボ! 新型シーケンス・シンセサイザー「Medusa」がデビュー!

DJ Pain 1、サンプル・パック『Unfinished Friday Sample Kit 1』の無償配布を開始…… 雰囲気のあるループを150種類以上収録

メディア・インテグレーション、FXpansion BFD3を半額の19,900円で販売するセールを開始! ダウンロード版だけでなくUSBメモリ版も対象

無償の“スペクトラル・フォルマント・シンセ”、Full Bucket Music「Scrooo」がアップデート! Windowsに加えてMacにも対応

TC Electronic、弦楽器用のまったく新しいエレクトリック・サスティナー、「AEON」を発表! モダンなデザインの“現代版EBow”が登場

コルグ、「KORG Gadget for Nintendo Switch」の発売を記念し、オリジナル・マンガ『スーパー作曲ボーイ ガジェ太』の連載を開始

コルグ、「KORG Gadget for Nintendo Switch」を4月26日に発売するとアナウンス! 世界初の“対戦型DAW”

Moog Music、Mother-32/DFAMに続くセミ・モジュラー・シンセの第3弾、「Subharmonicon」を発表

Plugin Boutique、BeatSkillzのダイナミクス・プロセッサー「Slam Dawg」を99%OFFの約100円で販売中

ICON