Feature Image

NEWS

IK Multimedia、「MODO BASS」を1.5にアップデート! 6弦モデルを搭載、ドロップAチューニングにも対応…… 12月末まで33%OFFで販売中

IK Multimediaは先ほど、「MODO BASS」の新バージョン、v1.5を公開しました。

IK Multimedia - MODO BASS 1.5

今春リリースされ、早くもベース音源のスタンダードとなった感のあるIK Multimedia「MODO BASS」。約8年もの年月を投じて開発された「MODO BASS」は、エレクトリック・ベースの発音構造やプレーヤーの“振る舞い”を、フィジカル・モデリングによって忠実に再現する革新的なソフトウェア・インストゥルメントです。

今回リリースされたv1.5では、2種類の新ベース・モデルが追加されたほか、ユーザーから要望が多かったというドロップAチューニングに対応。さらには14種類すべてのベース・モデルで、6弦モデルを選択することが可能になりました。

MODO BASS 1.5」の新機能は以下のとおりです。

MODO BASS 1.5」のアップデーターは、正規ユーザーはIK Multimediaユーザー・エリアから、無償でダウンロードすることが可能。なお2017年12月31日までの期間限定で、ダウンロード版は約33%OFFで販売されていますので、お持ちでない方はこの機会にゲットしてはいかがでしょうか。詳しくは、IK MultimediaのWebサイトをご覧ください。

Steinberg、新世代ポストプロダクションDAW、「Nuendo 10」のティーザー動画を公開

エムアイセブン、Studio Oneを30%OFFで販売する6日間限定プロモを開始…… バージョン・アップ/アップグレードも対象

ドラム・サンプラーの名機 SP-1200が復活? Isla Instruments、「SP-2400」を開発していることをアナウンス

Spektro AudioのM4Lデバイスをハード化した“フレーズ製造マシン”、「ACDGEN – Hardware Edition」が登場

開発が進むRaspberry Piベースのマイクロ・シンセサイザー「OTTO」、その最新情報と新デザインの写真が公開

3月8日、Pro Tools | MTRX、Dante、イマーシブ・オーディオをフィーチャーした特別セミナーが開催 〜 入場無料(先着50名)

コルグ、「KORG Gadget 2」を販売開始 〜 ガジェット・プラグインがWindowsにも対応、最大50%OFFセールも

Teenage Engineering、OP-ZとMIDI機器/モジュラー・シンセの接続を実現する拡張ユニット、「oplab module」を発表

Red Moduleが制作、ローランド TR-606をアナログMTRで収録したサンプルパックが無償配布開始

Mellotron風のローファイなストリングス/フルート音源、Flintpope 「TAPESTRINGFLUTE」の無償配布が開始

Multiton Bits、新作サンプルパック、「Welcome Pack 2019」の無償配布を開始 〜 ヤマハ RY30やカワイ R-50eのサンプルも収録

NAMM 2019: コルグ開発チームが語る、ディープな“DSPリズム・マシン”、「volca drum」のすべて

Native Instruments、15種類のソフト音源/プラグインや、2,000種類以上のサウンドが含まれるバンドル、「KOMPLETE START」の無償配布を開始

Memorymoogを再現したIK Multimediaのソフト音源、「Memory-V」(49.99ユーロ相当)が期間限定で無償配布中

IK Multimedia、新世代マルチ音源「SampleTank 4」の販売を開始…… 新開発のエンジンを搭載、UIはリサイズ対応に

IK Multimedia、人気のSyntronikを約75%OFFの8,310円で販売するプロモを開始…… 3月4日まで

『The NAMM Show』で注目を集めた、MOTU DP10(アップグレード/ダウンロード版)の国内販売が開始

Teenage Engineering、ポータブル・シンセサイザー OP-1の販売を再開

ICON