Feature Image

NEWS

IK Multimedia、シンセサイザーの名機 38機種を再現した新音源「Syntronik」を発表! MinimoogからJUPITER-8、さらにはSY99に至るまで忠実に再現

IK Multimediaが新製品、「Syntronik(シントロニック)」を発表しています。

IK Multimedia - Syntronik

Syntronik」は、シンセサイザー/ストリングス・マシンの名機 38機種のサウンドを忠実に再現した新しいソフトウェア・インストゥルメント。Moog Modular/Minimoog Model DからProphet-5、ARP 2600、JUPITER-8、さらにはSY99(!)など、古今東西のシンセサイザー/ストリングス・マシンの名機がひととおり網羅されています(全38機種のリストは以下のとおりです)。

IK Multimedia - Syntronik

サウンド・エンジンは、サンプリングとモデリングを融合したハイブリッド仕様で、音色の源となるサンプルは合計50GB/70,000種類以上と膨大な量を収録。IK Multimediaによれば、世界各地から集めた最高のコンディションのものを時間をかけてサンプリングしたとのこと。その上で、新開発のモデリング技術“DRIFTテクノロジー”によって、アナログ・オシレーターの有機的な振る舞いを忠実に再現したとのことです。さらにはフィルター部にもMODOBASSなどで定評のあるモデリング技術を採用。Moogのトランジスター・ラダー・フィルターをはじめ、カーティス 3320フィルターなど様々なタイプのフィルターがモデリングによって再現され、それらは好みのオシレーターと自由に組み合わせることが可能になっています(Oberheimタイプのオシレーターを、Moogタイプのフィルターにパッチするということも可能です)。さらにはT-RackSやAmpliTube譲りの強力なエフェクトも38種類搭載。ユーザー・インターフェースは、500 Seriesのようなランチ・ボックス・スタイルが採用され、最大5種類のエフェクトを同時に使用することが可能です。

IK Multimedia - Syntronik
IK Multimedia - Syntronik
IK Multimedia - Syntronik

Syntronik」は、4パートのマルチ音源として機能し、ベロシティ・レンジを設定することで、各パートをレイヤー/スプリットすることも可能。さらにはパートごとに独立した16ステップのアルペジエーターが搭載されています(アルペジエーターは、シングル・ノートだけでなくコード・プレイにも対応)。

IK Multimedia - Syntronik

SampleTank 3の拡張音源としても使用できるという新インストゥルメント「Syntronik」。発売は2017年7月予定で、価格はダウンロード版が299.99ユーロ/34,000円となっていますが、50%OFFの発売記念価格(149.99ユーロ/17,000円)も設定されています(本日よりBeatCloudで予約受付も開始しています)。また、IK Multimedia製品を1つでも持っていれば購入できるクロスグレード版の発売記念価格は、99.99ユーロ/11,500円。詳しくは、IK MultimediaのWebサイトをご覧ください。

フックアップ、Macにも対応した「FL Studio 20」のダウンロード販売を開始! 日本語クイック・スタート・ガイドが付属、最上位版は約17%OFFで販売中

ハイ・リゾリューション、Antares製品の取り扱いを開始! 注目の「Auto-Tune Pro」をはじめ、全製品イントロ・プライスで販売中

PreSonus、Studio Oneの新バージョン「Studio One 4」をリリース! 強力な『コード・トラック/ハーモニー編集機能』を搭載、本日より販売開始!

Image-Line、新世代DAWソフト「FL Studio 20」をリリース! 遂にMacにもネイティブ対応!

ハイ・リゾリューション、MOTU Digital Performerのクロスグレード版を、50%OFFの24,000円で販売中! 100本限定

話題のIK Multimedia初のアナログ・シンセ「UNO Synth」、明日開催の『Cafe Deluxe #3』に展示されることが決定! 販売店では先行予約もスタート

Moog、来週開催の『Moogfest』で新型シンセ「Grandmother」を発表! 32鍵キーボードを搭載したセミ・モジュラー・シンセ

SUPERBOOTH 2018: 独自の合成方式を採用した強力なソフト・シンセ、JoboMusic「FLEXION」がデビュー! 作成した音色を共有/販売できる機能も搭載

SUPERBOOTH 2018: Behringer、TR-808をアナログ回路で再現した「RD-808」をお披露目! TR-909クローンも現在開発中

SUPERBOOTH 2018: Dave Smith Instruments、サンプル音源とシンセ音源を融合した“究極のProphet”、「Prophet X」を発表!

SUPERBOOTH 2018: IK Multimedia、本格アナログ・シンセ「UNO Synth」を発表! Soundmachinesと共同開発、価格は約25,000円!

SUPERBOOTH 2018: 一見普通の鍵盤ながら3Dタッチに対応したアナログ・シンセ、SyntoNovo「Pan」がデビュー!

SUPERBOOTH 2018: Dave Smith、新製品のティーザー・ムービーを公開! 8Dioと共同開発のPCMワークステーション「Prophet X」が登場?

製品開発ストーリー #41:コルグ KORG Gadget for Nintendo Switch 〜 開発メンバーが語り尽くす、世界初の“対戦型DAW”のすべて 〜

Avid、ソフトウェア・アップデートプランが有効のPro Toolsユーザー全員に、iZotope RX Elementsを無償進呈するプロモーションを開始!

Switch to Studio One #13:Chihei Hatakeyama 〜 インタビュー記事の公開に合わせ、Studio One用マルチトラック・ファイルの無償提供も開始! 〜

IK Multimedia、徹底的に“ブリティッシュ・サウンド”にこだわった新作ドラム音源、「London Grooves」のダウンロード販売を開始!

Ableton、優秀な“Live使い”を認定するイベントを約4年ぶりに東京で開催! 応募締切は今月27日

ICON