Feature Image

NEWS

NAMM 2018: Arturia、同社初のEurorack製品「RackBrute」を発表! MiniBrute 2とも連結できる変幻自在のモジュラー・ケース

いよいよ来週、25日10時(日本時間:26日3時)に開幕する、世界最大の楽器の展示会『The NAMM Show』。今年はショー開幕に先行して新製品をお披露目している会社が多いようですが、フランスの雄、Arturiaもいくつかの新製品を発表しました。その中でも注目は、同社初のEurorackモジュラー対応製品「RackBrute(ラックブルート)」です。

Arturia - RackBrute

以前からCEOのフレデリック氏が、“モジュラー市場にはとても興味を持っている”と公言していたArturiaですが、同社初のEurorackモジュラー対応製品は、モジュールではなくケースでした。「RackBrute」とネーミングされたこのケースは、6Uタイプ(「RackBrute 6U」)と3Uタイプ(「RackBrute 3U」)の2モデルが用意され、どちらもオリジナルのパワー・モジュール/パワー・レールが装着された状態で出荷されます。

Arturia - RackBrute

RackBrute 6U

Arturia - RackBrute

RackBrute 3U

しかしそこはArturia、何の変哲もないケースを出すわけがありません。「RackBrute」には、大変ユニークなデザインの専用アタッチメントが用意(装着)されており、それを任意の角度で固定することによって、様々なスタイルで使用できるようになっているのです。「RackBrute」単体で使用する際は、アタッチメントによって筐体の角度/向きを自由に変えることができ、手前に何かを置く場合(例えば、BeatStep Proやコントローラーなどを置く場合)は、「RackBrute」を宙に浮かせることも可能。また、「RackBrute」を2台連結することもでき、今回同時に発表された新製品「MiniBrurte 2MiniBrute 2S」との連結も可能になっています。

Arturia - RackBrute

角度を変えたり、連結する際、特別な工具が必要だったら面倒ですが、「RackBrute」はサイドのハンドルを手で回すだけで角度変更/連結することが可能。また、連結した状態で移動する場合、2台の「RackBrute」(あるいは「MiniBrurte 2MiniBrute 2S」)を閉じた状態にすることもでき、その際は少し間隔が空くため、パッチ・ケーブルをわざわず抜く必要はありません。非常によく考えられたデザインになっています。

Arturia - RackBrute

ケースとしてのスペックは、1段88HPで、あらかじめ装着されているオリジナルのパワー・モジュールは5HP。従って「RackBrute 6U」は171HP、「RackBrute 3U」は83HPのブランクということになります。内部の奥行きに関してはまだ公表されていませんが、筐体の奥行きが83mmなので、パワー・レール上で50〜60mm、パワー・レールが無い部分で70〜75mmという感じでしょうか(「RackBrute 6U」では、上段にパワー・レールが取り付けられています)。レールはスライディング・ナットではなく、ネジ切り仕様なので、後からのモジュールの入れ替えもラクそうです。

Arturia - RackBrute

オリジナルのパワー・モジュールは、+12V:1,600mA、-12V:1,600mA、+5V:900mAという十分なスペック(しかしWebサイトのスペックを見ると、「RackBrute 3U」はパワー・レール側で+12V:800mA、-12V:800mAに制限されているようです)。パワー・レールのコネクター数は「RackBrute 6U」 が32、「RackBrute 3U」が20で、こちらも十分な数と言えるでしょう。

RackBrute」の国内販売についてはまだアナウンスがありませんが、海外では来月出荷が開始されるもよう。気になる価格は、「RackBrute 6U」が399ドル、「RackBrute 3U」が299ドル。詳しくは、ArturiaのWebサイトをご覧ください。

Arturia - RackBrute

シンガポールのテクノロジー企業、BandLabがGibsonからCakewalkの資産を取得! SONAR復活の可能性も?

製品開発ストーリー #37:コルグ prologue 〜 ユーザーがプログラムしたオシレーター/エフェクトをロードできる”ハッカブル・シンセ” 〜

メディア・インテグレーション、Nomad Factory/Wave Artsのプラグインを3,000〜4,000円/最大85%OFFで販売する1週間限定セールを開始!

NAMM 2018: パソコン不要のReaktor!? ストンプ型の未来型モジュラー・シンセ、Empress Effects Zoiaがデビュー!

NAMM 2018: グッド・デザインのDSPストンプ「kryo」 〜 高性能DSP SHARCを搭載、スマホで自由にプログラム

NAMM 2018: ディストーションの名機、RATを内蔵した“歪むシールド”、ProCo「RAT Tail」がデビュー!

NAMM 2018: おもちゃのような外観ながら、中身は本格的! 子ども用シンセサイザー「BLIPBLOX」が登場

NAMM 2018: Avid、Pro Toolsの新バージョン「Pro Tools 2018」を発表! 『さかのぼりレコード』や『トラック・プリセット』など、多くの新機能を搭載

NAMM 2018: IK Multimedia、究極のレスリー・スピーカー・シミュレーター、Leslieシリーズを発表! ハモンドUSA/鈴木楽器製作所と共同開発

NAMM 2018: フランスのスタートアップ企業、Enhanciaが指輪型のワイヤレス・コントローラーをお披露目

NAMM 2018: Antares、新世代Auto-Tune「Auto-Tune Pro」を発表! 楽曲のキーの自動判定機能を搭載、昔のAuto-Tuneのサウンドも再現

NAMM 2018: Arturia、同社初のEurorack製品「RackBrute」を発表! MiniBrute 2とも連結できる変幻自在のモジュラー・ケース

NAMM 2018: コルグ、「ARP ODYSSEY FSQ」を限定販売…… フル鍵のODYSSEYにARPカラーのスペシャルSQ-1をバンドル

Apple Music Lab『ファレル・ウィリアムスに学ぶ創造力の源泉』〜 ファレル・ウィリアムス × ローランド・ラム(ROLI)トーク・ライブ・レポート

NAMM 2018: コルグ、volca用ミキサー「volca mix」を発表! 3台のvolcaの出力をミックス、電源/シンク・マスターとしても機能

NAMM 2018: コルグ、新世代フラッグシップ・シンセ「prologue」を発表! ユーザーが作成したオシレーター/エフェクトをロードできる“オープン環境のシンセ”

製品開発ストーリー #36:Universal Audio Arrow 〜 他に先駆けてThunderbolt 3に対応、低価格ながらUAD機能も備えた新世代オーディオIF 〜

テレキャスを愛し、GarageBandで作曲するギター女子:のん セカンド・シングル・リリース記念! スペシャル・インタビュー

ICON