Feature Image

NEWS

Ableton、MaxのCycling ’74を買収…… しかし今後も両社は独立した組織として存続

Abletonは本日、Maxで有名なCycling ’74と新しいパートナーシップを締結したことを発表しました。具体的にはCycling ’74はAbletonの完全な子会社となり、これまで以上に連携して製品開発を行っていくとのこと。しかしながら今後も両社は独立した組織として存続し、Max for Liveを含むAbleton製品はAbletonが、MaxをはじめとするCycling ‘74製品はCycling ‘74が引き続きライセンスの管理やサポートを行うとのことです。

Ableton acquires Cycling '74

なお、Abletonの創業者兼CEOであるGerhard Behles氏とCycling ’74の創業者兼CEOであるDavid Zicarelli氏は、この新しいパートナーシップについて、ベルリン在住のジャーナリスト、Peter Kirn氏のインタビューに応じています。Peter Kirn氏のWebメディア、CDMに掲載されたインタビュー記事によると、「(新しいパートナーシップにより、)例えば、両社の製品のリリース・スケジュールを合わせたり、MaxとLiveをより使いやすくすることができる」(David Zicarelli氏)とのこと。一方でGerhard Behles氏は、「(両社の製品を)どう統合していくのか具体的な計画はない。それに私たちは急いで何かを変えなければならない状況にはない」とも語っています。興味のある方はぜひCDMのインタビュー記事をチェックしてみてください。

メディア・インテグレーション、Nomad Factory/Wave Artsのプラグインを3,000〜4,000円/最大85%OFFで販売する1週間限定セールを開始!

NAMM 2018: パソコン不要のReaktor!? ストンプ型の未来型モジュラー・シンセ、Empress Effects Zoiaがデビュー!

NAMM 2018: グッド・デザインのDSPストンプ「kryo」 〜 高性能DSP SHARCを搭載、スマホで自由にプログラム

NAMM 2018: ディストーションの名機、RATを内蔵した“歪むシールド”、ProCo「RAT Tail」がデビュー!

NAMM 2018: おもちゃのような外観ながら、中身は本格的! 子ども用シンセサイザー「BLIPBLOX」が登場

NAMM 2018: Avid、Pro Toolsの新バージョン「Pro Tools 2018」を発表! 『さかのぼりレコード』や『トラック・プリセット』など、多くの新機能を搭載

NAMM 2018: IK Multimedia、究極のレスリー・スピーカー・シミュレーター、Leslieシリーズを発表! ハモンドUSA/鈴木楽器製作所と共同開発

NAMM 2018: フランスのスタートアップ企業、Enhanciaが指輪型のワイヤレス・コントローラーをお披露目

NAMM 2018: Antares、新世代Auto-Tune「Auto-Tune Pro」を発表! 楽曲のキーの自動判定機能を搭載、昔のAuto-Tuneのサウンドも再現

NAMM 2018: Arturia、同社初のEurorack製品「RackBrute」を発表! MiniBrute 2とも連結できる変幻自在のモジュラー・ケース

NAMM 2018: コルグ、「ARP ODYSSEY FSQ」を限定販売…… フル鍵のODYSSEYにARPカラーのスペシャルSQ-1をバンドル

Apple Music Lab『ファレル・ウィリアムスに学ぶ創造力の源泉』〜 ファレル・ウィリアムス × ローランド・ラム(ROLI)トーク・ライブ・レポート

NAMM 2018: コルグ、volca用ミキサー「volca mix」を発表! 3台のvolcaの出力をミックス、電源/シンク・マスターとしても機能

NAMM 2018: コルグ、新世代フラッグシップ・シンセ「prologue」を発表! ユーザーが作成したオシレーター/エフェクトをロードできる“オープン環境のシンセ”

製品開発ストーリー #36:Universal Audio Arrow 〜 他に先駆けてThunderbolt 3に対応、低価格ながらUAD機能も備えた新世代オーディオIF 〜

テレキャスを愛し、GarageBandで作曲するギター女子:のん セカンド・シングル・リリース記念! スペシャル・インタビュー

NAMM 2018: Universal Audio、新型オーディオIF「Arrow」を発表! TB3対応、UAD機能を備えたコスパ抜群のキラーIF

作曲家:瀬川英史氏の劇伴作曲セミナーが、来月12日に開催! 入場無料、瀬川氏自らPro Toolsの使いこなしテクニックを披露

ICON