Feature Image

NEWS

NAMM 2017: DAWソフトTracktionが「Waveform」と名を変え大幅に進化! なんとシングルボード・コンピュータのRaspberry Piにも対応!

日本でも高い人気を誇るDAWソフトウェア、Tracktion。そのそのTracktionがこのたび「Waveform(ウェーブフォーム)」と名を変え、大きく進化。日本時間20日(金)3時に開幕する世界最大規模の楽器の展示会、『The 2017 NAMM Show』でお披露目されます。

Tracktion Corporation - Waveform

Waveform」は、Tracktionのコンセプト(シングル・ウィンドウ/プルダウン・メニューを極力排した操作体系)を発展させたDAWソフトウェアですが(ご存じない方は、こちらの開発者インタビュー記事をどうぞ)、ユーザーから要望が多かったというミキサー画面を遂に搭載。ようやく一般的なDAWソフトウェアと同様のミキシングが可能になりました(もちろん、これまでどおりミキサーを使わなくてもミキシング可能)。さらにはメロディー生成機能や高機能アルペジエーターといった作曲支援機能も搭載され、サンプラー・インストゥルメントも標準で付属。より強力なDAWソフトウェアとして進化しています。

Tracktion Corporation - Waveform

待望のミキサー画面が追加。タブで切り替え可能

Tracktion Corporation - Waveform

自動メロディー生成機能など、作曲支援機能も充実

さらに「Waveform」では、対応プラットホームも拡張されます。Tracktionは、Mac/WindowsのみならずLinuxにも対応したDAWソフトウェアとして知られていますが、「Waveform」では何とシングルボード・コンピュータのRaspberry Piにも対応(!)。同時にRaspberry Pi用のオーディオI/Oカードも発売され、数千円〜1万円台でDAWシステムを構築することが可能になります。

Tracktion Corporation - Waveform

シングルボード・コンピュータ、Raspberry Pi

Tracktion CorporationのCEOであるジェームズ・ウッドバーン(James Woodburn)氏によれば、コードに無駄がなく、高効率の「Waveform」だからこそRaspberry Piに移植することができたとのこと。簡易版と思いきや、Raspberry Pi版も「フル機能のDAW」とのことで、開発中のベータ・バージョンではRaspberry Pi 3で20〜30トラックの同時再生が行えているとのことです。Linux版のVSTプラグインにも対応しているとのことで、Biotek(Tracktion Corporationのソフトウェア・シンセサイザー)もしっかり動作。「Waveform」と好みのソフト・シンセを立ち上げたRaspberry Piを使って、オリジナルのハードウェア・シンセサイザーを製作するMakerも現れそうです。

Tracktion Corporation - Waveform

Tracktion CorporationのCEO、ジェームズ・ウッドバーン(James Woodburn)氏

Raspberry Pi用のオーディオI/Oカードは、USBではなくI2Sで接続されるためレーテンシーも最小限に抑えてあるとのこと。ジェームズ氏いわく、これまでもRaspberry Pi用のオーディオI/Oカードは存在したものの、音楽制作に耐える音質/レーテンシーを持ったカードはTracktion Corporationのものが初とのことです。

Mac/Windows/Linux/Raspberry Pi対応の「Waveform」は、2〜3月発売予定で、Mac/Windows/Linux版の価格はこれまでのTracktionと大きく変わらないとのこと。なお、このたびメディア・インテグレーションがTracktion Corporationと輸入代理店契約を締結したとのことで、「Waveform」やRaspberry Pi用のオーディオI/Oカードは同社からも販売されます(日本語マニュアルなども提供されるとのことです)。

Steinberg、「Cubase 9.5」を発表! 64bit処理のオーディオ・エンジンを採用、新シンセ「FLUX」を搭載するなど、大幅に進化!

コルグ、KORG Gadget for Mac/iOSをアップデート、3種類の新ガジェットを追加! 50%OFFセールも開始

渋谷のRock oNで今月17日、Endorphin.esのワークショップが開催! Endorphin.esのMoritz氏がモジュラー・シンセの魅力を解説

Cycling ’74、「Max 8」を発表! 来年第二四半期リリース、Live 10のMax for LiveがMax 8ベースであることも明らかに

Ableton、新世代DAW「Live 10」を発表! 新音源「Wavetable」など新しいデバイスが追加、Max for Liveも標準搭載に

コルグ、「KORG Gadget for Nintendo Switch」を発表! 特設サイトもオープン、来年春発売予定

Avid、「Pro Toolsクロスグレード・プロモーション」を開始! 他のDAWユーザーはPro Toolsを約20%OFFで購入可能

ROLI、ファレル・ウィリアムス『Happy』を自由に解体/リミックスできる、NOISE用サウンドパックの無償配布を開始!

IK Multimedia「T-RackS 5」、いよいよ今晩1時にリリース! 無償版も同時に提供開始、本日中にオーダーすれば特価購入可能

Ableton、近々「Live 10」をリリースか…… 来月開催のイベント『Loop』で発表?

34名のボカロP/DTMerがお気に入りのプラグインを紹介した一冊、『VST Lovers ~このVST(i)プラグインが熱い!~』が好評頒布中!

Air Music Technologyの定番マルチ音源「Xpand!2」が無償配布中!

Sonarworks、音響補正ツール「Reference」をv4にアップデート! 30種類以上のヘッドフォン・プロファイルが追加、ゼロ・レーテンシー処理を実現

BlueのキュートなUSBマイク「Raspberry」が販売開始! Studio OneとOzoneが付属して約2万6千円

Image-Line、FL Studioを12.5.1にアップデート、待望のMac版パブリック・ベータを公開!

Avid、月額600円で75種類以上/総額60万円以上のプラグインを利用できる「Avidコンプリート・プラグインバンドル」の提供を開始!

PCを2台接続して、自動/手動で切り替えられる“ライブ専用”オーディオIF、iConnectivity「PlayAUDIO12」が販売開始!

IK Multimedia、AmpliTube誕生15周年記念プロモを開催! 全員にJam Points/Gear Pointsを進呈、関連製品は最大50%OFF

ICON