Feature Image

NEWS

NAMM 2017: Akai Professionalの大型新製品「MPC X」と「MPC Live」の情報がリーク…… 世界が欲したスタンドアローンMPCが遂に復活!

アメリカの楽器店 Sweetwaterが、Akai Professionalの新製品「MPC X」と「MPC Live」の商品ページを掲載。Akai Professionalは来週開催の『The 2017 NAMM Show』を前に、YouTubeで新製品のティーザー動画を公開していますが、動画の中でアーティストにお披露目されている新製品は、おそらくこの「MPC X」と「MPC Live」だと思われます。

Akai Professional - MPC X

Image via Sweetwater

MPC X

「MPC X」は、世界中で待ち望まれていたスタンドアローンで(コンピューター無しで)使用できるMPC。2008年に発売されたMPC5000を最後に、MPCはコンピューター・ベースのプロダクション・システム(ソフトウェアとコントローラーを組み合わせたシステム)へと移行していましたが、「MPC X」はMPC3000やMPC2000XLといった名機と同様、サンプラー/シーケンサー専用機となっています。

詳細なスペックは不明ですが、スタンドアローン・マシンながら、フロントエンドとなるソフトウェアはMPC 2.0 Softwareで、Mac/Windows版との互換性も保たれているとのこと。オーディオ・トラックも装備していおり、強化されたTime Warp機能も備えています。

サンプラーのメモリは2GB、内蔵ストレージは16GBで、CR2、TOOLROOM、Loopmasters、Capsun Pro Audioといったメーカーが手がけた10GBものサウンド・ライブラリーがプリ・インストールされるとのこと。もちろん、外部ストレージで容量を拡張することもできます。

Akai Professional - MPC X

Image via Sweetwater

シーケンサーも、MPC=MIDI Production Centerの名に恥じない十分な機能を備えているようで、外部のシンセサイザーや音源モジュールを鳴らすことができる2系統のMIDI入力(計32ch)と4系統のMIDI出力(計64ch)とUSB端子を装備。注目は8系統のCV/Gate端子を備えている点で、流行のEurorackシンセサイザーなどもダイレクトにコントロールすることが可能になっています。

サーフェースはMPC5000のデザインを継承しているようですが、まず目を惹くのがその大型のフルカラー・ディスプレイ。サイズはなんと10.1インチ(iPadよりも大型)とのことで、マルチ・タッチ仕様のものが備わっています。中央にはMPCには欠かせない16個のベロシティ対応パッド、左側には16基のQ-LINKノブが備わり、Q-LINKノブの上には有機ELのようなディスプレイも搭載。MPCユーザーであれば、マニュアルなしで操作できるような伝統のレイアウトが採用されています。

リア・パネルには、INPUT 1〜2(XLR/フォーンのコンボ端子)、INPUT 3〜4(フォーンおよびピン。ターンテーブルを直接できるPHONO/LINE切り替えスイッチや、アース端子も装備)、OUTPUT 1〜8(フォーン)、MIDI入力 1〜2、MIDI出力 1〜4、CV/Gate出力 1〜8、3基のUSB端子を装備。電源はACアダプターのようです。

Sweetwaterの商品ページによると、価格は2,999ドルで、販売価格は2,199ドル。欧米のWebメディアによると、2017年第1四半期に発売されるとのことです。

Akai Professional - MPC X

Image via Sweetwater

MPC Live

「MPC X」と同じくらい(あるいはそれ以上に)注目を集めそうなのが、もう1つの新製品「MPC Live」です。「MPC Live」は、MPC Touchとほぼ同じ見た目ながら、スタンドアローンでの(コンピューター無しでの)使用を可能にした製品。「MPC X」と比べると筐体はかなりコンパクトで、気軽に持ち運べる魅力的なマシンに仕上がっています。

Akai Professional - MPC Live

Image via Sweetwater

Akai Professional - MPC Live

Image via Sweetwater

こちらも詳細は不明ですが、MPC 2.0 Softwareが動作する点や、2GBのメモリ、16GBの内蔵ストレージなど、サンプラー/シーケンサーの基本的なスペックは「MPC X」とほぼ同一のもよう。筐体の右側には7.1インチのフルカラー・タッチ・スクリーン、左側には16個のベロシティ対応パッドが備わっています。

リア・パネルには、INPUT 1〜2(フォーンおよびピン。ターンテーブルを直接できるPHONO/LINE切り替えスイッチや、アース端子も装備)、RECボリューム・ノブ、OUTPUT 1〜6(フォーン)、ヘッドフォン出力、マスター・ボリューム・ノブ、MIDI入力 1〜2、MIDI出力 1〜2、SDカード・スロット、3基のUSB端子を装備。残念ながら「MPC X」のようなCV/Gate出力は備わっていないようです。電源はアダプターに加え、内蔵バッテリー(!)でも動作するもよう。これはかなり魅力的です。

Sweetwaterの商品ページによると、価格は1,999ドルで、販売価格は1,199ドル。こちらも2017年第1四半期に発売されるとのことです。

「MPC X」と「MPC Live」のお披露目の場となるであろう『The 2017 NAMM Show』は、19日10:00(日本時間:20日3:00)から、アメリカ・アナハイムのAnaheim Convention Centerにて開催されます。

Akai Professional - MPC Live

Image via Sweetwater

Positive Grid、マッチング機能を備えたEQプラグイン・バンドル「Pro Series Studio EQ」(通常価格:99ドル)を無償配付中! 24時間限定

エムアイセブン、Zynaptiqの新しいプラグイン・バンドル「ソリューション・スイート」を4製品発売! 6月30日まで約20%OFFで販売中

コルグ、microKORGの15周年記念モデル「microKORG PT」を発表! プラチナ&ブラックの特別色を採用、数量限定で販売

名機Minimoogが新品で手に入る! コルグ KID、注目のMinimoog Model Dの国内販売を今月中旬に開始…… 価格は46万円

連載『アイドルソングの作り方 〜 HOW TO MAKE “IDOLSONG”』by CHEEBOW 〜 番外編:『なのはなイントネーション』完成版、遂に公開!

IK Multimedia、iRig Keysなどの購入者にSampleTank 3のフル・バージョン(約36,000円相当)を無償進呈するプロモを開始! 6月末までの期間限定

Switch to Studio One #12:Logic ProからStudio OneへとスイッチしたChara 〜 インタビュー&プライベート・スタジオ・レポート 〜

連載『アイドルソングの作り方 〜 HOW TO MAKE “IDOLSONG”』by CHEEBOW 〜 第10回:アイドルソング作家トーク Vol.1(後編)ゲスト:タニヤマヒロアキ&福井シンリ

連載『アイドルソングの作り方 〜 HOW TO MAKE “IDOLSONG”』by CHEEBOW 〜 第9回:アイドルソング作家トーク Vol.1(前編)ゲスト:タニヤマヒロアキ&福井シンリ

小学一年生5月号の付録は、なんとローファイ・サンプラー「ドラえもん うたって!こえピアノ」 電池駆動、マイク/スピーカー内蔵

欧米で話題沸騰のキャリブレーション・プラグイン、Sonarworks「Reference 3」が遂に日本上陸! スピーカーだけでなく、ヘッドフォンの補正にも対応!

製品開発ストーリー #33:コルグ KORG Gadget for Mac 〜 開発者が語る、大注目の“純国産DAW”のすべて 〜

コルグ、新開発のDAWソフト「KORG Gadget for Mac」の販売を開始! プラグイン版ガジェットも付属、4月30日まで約33%OFFの19,800円

連載『アイドルソングの作り方 〜 HOW TO MAKE “IDOLSONG”』by CHEEBOW 〜 番外編:『なのはなイントネーション』提供アイドル発表!

エムアイセブン、PreSonus Studio Oneを30%OFFで販売するスペシャル・セールを開始! 4日間限定、アップグレード版も対象

コルグ、Arturiaのフラッグシップ・シンセサイザー「MatrixBrute」を3月下旬から販売開始! 4月8日にはRed Bull Studiosで発売記念イベントも開催

連載『アイドルソングの作り方 〜 HOW TO MAKE “IDOLSONG”』by CHEEBOW 〜 第8回:作曲ができるようになる方法

エムアイセブン、本格コントロール・サーフェース「FaderPort 8」の販売を開始! Studio Oneにネイティブ対応

ICON