Feature Image

NEWS

NAMM 2017: Akai Professionalの大型新製品「MPC X」と「MPC Live」の情報がリーク…… 世界が欲したスタンドアローンMPCが遂に復活!

アメリカの楽器店 Sweetwaterが、Akai Professionalの新製品「MPC X」と「MPC Live」の商品ページを掲載。Akai Professionalは来週開催の『The 2017 NAMM Show』を前に、YouTubeで新製品のティーザー動画を公開していますが、動画の中でアーティストにお披露目されている新製品は、おそらくこの「MPC X」と「MPC Live」だと思われます。

Akai Professional - MPC X

Image via Sweetwater

MPC X

「MPC X」は、世界中で待ち望まれていたスタンドアローンで(コンピューター無しで)使用できるMPC。2008年に発売されたMPC5000を最後に、MPCはコンピューター・ベースのプロダクション・システム(ソフトウェアとコントローラーを組み合わせたシステム)へと移行していましたが、「MPC X」はMPC3000やMPC2000XLといった名機と同様、サンプラー/シーケンサー専用機となっています。

詳細なスペックは不明ですが、スタンドアローン・マシンながら、フロントエンドとなるソフトウェアはMPC 2.0 Softwareで、Mac/Windows版との互換性も保たれているとのこと。オーディオ・トラックも装備していおり、強化されたTime Warp機能も備えています。

サンプラーのメモリは2GB、内蔵ストレージは16GBで、CR2、TOOLROOM、Loopmasters、Capsun Pro Audioといったメーカーが手がけた10GBものサウンド・ライブラリーがプリ・インストールされるとのこと。もちろん、外部ストレージで容量を拡張することもできます。

Akai Professional - MPC X

Image via Sweetwater

シーケンサーも、MPC=MIDI Production Centerの名に恥じない十分な機能を備えているようで、外部のシンセサイザーや音源モジュールを鳴らすことができる2系統のMIDI入力(計32ch)と4系統のMIDI出力(計64ch)とUSB端子を装備。注目は8系統のCV/Gate端子を備えている点で、流行のEurorackシンセサイザーなどもダイレクトにコントロールすることが可能になっています。

サーフェースはMPC5000のデザインを継承しているようですが、まず目を惹くのがその大型のフルカラー・ディスプレイ。サイズはなんと10.1インチ(iPadよりも大型)とのことで、マルチ・タッチ仕様のものが備わっています。中央にはMPCには欠かせない16個のベロシティ対応パッド、左側には16基のQ-LINKノブが備わり、Q-LINKノブの上には有機ELのようなディスプレイも搭載。MPCユーザーであれば、マニュアルなしで操作できるような伝統のレイアウトが採用されています。

リア・パネルには、INPUT 1〜2(XLR/フォーンのコンボ端子)、INPUT 3〜4(フォーンおよびピン。ターンテーブルを直接できるPHONO/LINE切り替えスイッチや、アース端子も装備)、OUTPUT 1〜8(フォーン)、MIDI入力 1〜2、MIDI出力 1〜4、CV/Gate出力 1〜8、3基のUSB端子を装備。電源はACアダプターのようです。

Sweetwaterの商品ページによると、価格は2,999ドルで、販売価格は2,199ドル。欧米のWebメディアによると、2017年第1四半期に発売されるとのことです。

Akai Professional - MPC X

Image via Sweetwater

MPC Live

「MPC X」と同じくらい(あるいはそれ以上に)注目を集めそうなのが、もう1つの新製品「MPC Live」です。「MPC Live」は、MPC Touchとほぼ同じ見た目ながら、スタンドアローンでの(コンピューター無しでの)使用を可能にした製品。「MPC X」と比べると筐体はかなりコンパクトで、気軽に持ち運べる魅力的なマシンに仕上がっています。

Akai Professional - MPC Live

Image via Sweetwater

Akai Professional - MPC Live

Image via Sweetwater

こちらも詳細は不明ですが、MPC 2.0 Softwareが動作する点や、2GBのメモリ、16GBの内蔵ストレージなど、サンプラー/シーケンサーの基本的なスペックは「MPC X」とほぼ同一のもよう。筐体の右側には7.1インチのフルカラー・タッチ・スクリーン、左側には16個のベロシティ対応パッドが備わっています。

リア・パネルには、INPUT 1〜2(フォーンおよびピン。ターンテーブルを直接できるPHONO/LINE切り替えスイッチや、アース端子も装備)、RECボリューム・ノブ、OUTPUT 1〜6(フォーン)、ヘッドフォン出力、マスター・ボリューム・ノブ、MIDI入力 1〜2、MIDI出力 1〜2、SDカード・スロット、3基のUSB端子を装備。残念ながら「MPC X」のようなCV/Gate出力は備わっていないようです。電源はアダプターに加え、内蔵バッテリー(!)でも動作するもよう。これはかなり魅力的です。

Sweetwaterの商品ページによると、価格は1,999ドルで、販売価格は1,199ドル。こちらも2017年第1四半期に発売されるとのことです。

「MPC X」と「MPC Live」のお披露目の場となるであろう『The 2017 NAMM Show』は、19日10:00(日本時間:20日3:00)から、アメリカ・アナハイムのAnaheim Convention Centerにて開催されます。

Akai Professional - MPC Live

Image via Sweetwater

NAMM 2018: Arturia、同社初のEurorack製品「RackBrute」を発表! MiniBrute 2とも連結できる変幻自在のモジュラー・ケース

NAMM 2018: コルグ、「ARP ODYSSEY FSQ」を限定販売…… フル鍵のODYSSEYにARPカラーのスペシャルSQ-1をバンドル

Apple Music Lab『ファレル・ウィリアムスに学ぶ創造力の源泉』〜 ファレル・ウィリアムス × ローランド・ラム(ROLI)トーク・ライブ・レポート

NAMM 2018: コルグ、volca用ミキサー「volca mix」を発表! 3台のvolcaの出力をミックス、電源/シンク・マスターとしても機能

NAMM 2018: コルグ、新世代フラッグシップ・シンセ「prologue」を発表! ユーザーが作成したオシレーター/エフェクトをロードできる“オープン環境のシンセ”

製品開発ストーリー #36:Universal Audio Arrow 〜 他に先駆けてThunderbolt 3に対応、低価格ながらUAD機能も備えた新世代オーディオIF 〜

テレキャスを愛し、GarageBandで作曲するギター女子:のん セカンド・シングル・リリース記念! スペシャル・インタビュー

NAMM 2018: Universal Audio、新型オーディオIF「Arrow」を発表! TB3対応、UAD機能を備えたコスパ抜群のキラーIF

作曲家:瀬川英史氏の劇伴作曲セミナーが、来月12日に開催! 入場無料、瀬川氏自らPro Toolsの使いこなしテクニックを披露

コルグ、ソフト音源の新バンドル「KORG Collection」の販売を開始! 新たにARP ODYSSEYを追加、AAXも対応予定

IK Multimedia、「iRig Keys I/O」の国内販売を本日より開始! 24bit/96kHz対応のオーディオIFが統合された新型キーボード・コントローラー

メディア・インテグレーション、ソフト音源を最大85%OFFで販売する今年最後の大型セールを開始! Wavesは各3,780円、Tracktionは各5,000円

モジュラーGUIを採用したプラグイン・ホスト、Kushview「Element」が無償配布開始! AU/VSTに対応、有償版はAAXもサポート

Native Instruments、新開発のフェイザー・プラグイン「PHASIS」の無償配布を開始! 3,180円相当のバウチャーも配布中

IK Multimedia、SyntronikのiPhone対応バージョンをリリース! Audio Unitsもサポート、25音色利用できる無償版も提供

PreSonusの新型オーディオIF、「AudioBox USB 96」が販売開始! 96kHz対応、Studio Oneが付属して13,800円

UVI、神経衰弱ゲーム「Memori」の無償配布を開始! 全レベルをクリアした先着10名はUVIストアで100ドル割引!

Avid、Pro Tools 12のユーザーに、Tracktionのソフト音源「Biotek」と、高品位ライブラリーを無償提供するプロモーションを開始!

ICON