Feature Image

DAW & PLUG-IN

Ableton、Live 12を発表…… アレンジメント/ミキサー/主要ビューを一括表示できる新UIを採用、MIDIデータの自動生成/ソング・スケールなど作曲支援機能も充実

AbletonLiveの新バージョン、「Live 12」を発表。世界中のクリエイターから絶大な支持を集めるDAWが、さらに大きな進化を遂げます。

Ableton - Live 12

Ableton「Live 12」

Live 11のリリースから約2年9ヶ月、Abletonは本日(2023年11月14日)、Liveの次期バージョン「Live 12」をアナウンスしました。使い手の“音楽的創造性(Musical Creativity)”をさらに刺激するように設計されたという「Live 12」では、メジャー・バージョン・アップにふさわしく、新機能の追加/既存機能の改善が数多く実施されています。

Live 12」で多くのユーザーから歓迎されそうなのが、新デザインのユーザー・インターフェースです。Liveと言えば、単一のウィンドウでほとんどの操作が行える“シングルUI”の先駆け的なDAWですが、「Live 12」ではそのコンセプトがさらに推進され、ウィンドウ下の詳細ビューがスタック表示(縦方向に積み重ねた表示)に対応。このスタック表示によって、従来は切り替えながら操作する必要があったクリップビューとデバイスビューを同時に表示/操作できるようになりました。さらには、これまではセッションビューでしか使用できなかったミキサーが、アレンジメントビューでも使用できるように。アレンジメント、ミキサー、クリップビュー、デバイスビューを単一の画面に表示して操作できるのは非常に快適で、これだけで「Live 12」にバージョン・アップしたくなるほどです。

Ableton - Live 12

詳細ビューのスタック表示に対応。クリップビューとデバイスビューを同時に表示/操作することが可能に

Ableton - Live 12

アレンジメントビューでも使用できるようになったミキサー

ユーザー・インターフェースの刷新に合わせ、全体的な操作体系も見直され、メニューには『ナビゲート(Navigate)』という項目が新たに追加されました。『ナビゲート(Navigate)』は、文字どおりウィンドウ内を遷移するためのコマンドを集めたメニューで、各ビュー/ブラウザには新しいショートカットが割り当てられ、任意のセクションに瞬時に(キーボード操作だけで)移動することができます。

Ableton - Live 12

ウィンドウ内のほぼすべてのセクションにキーボード操作だけで移動することが可能に

また、ブラウザーも強化され、ついにタグ検索に対応。タグは、標準のものだけでなくカスタム・タグも利用することができ、ブラウザー内のカテゴリーに縛られずに機能します。さらにはブラウザー内の類似するサンプルやプリセットを検索できる機能も実装されました。

Ableton - Live 12

タグ検索に対応したブラウザー

Live 12」の新機能として、Abletonが大きくアピールしているのが、MIDIレベルでの作曲支援機能です。クリップビューには新たに、MIDIデータをリアルタイムにトランスフォーム(加工)できる『Transform』と、MIDIデータを自動生成できる『Generate』という2つのツールが追加されました。『Transform』では、アルペジエーターの『Arpeggiate』、連続したノート/コードを連結できる『Connect』、装飾音を付加できる『Ornament』、ギターのストラムを再現できる『Strum』など、複数のアルゴリズムが用意され、トラック内のMIDIデータをリアルタイムにトランスフォーム(加工)することができます(MIDIエフェクトのようなイメージです)。一方の『Generate』は、MIDIデータを自動生成してくれるツールで、こちらも『Rhythm』や『Seed』など、複数のアルゴリズムを選択することが可能。『Transform』『Generate』ともに、Ableton純正のアルゴリズムだけでなくM4Lデバイスをアルゴリズムとして利用できるようで、『Transform』には『Velocity Shaper』、『Generate』には『 Euclidean』というM4Lアルゴリズムが用意されています(現時点での「Live 12」はベータ・バージョンなので、リリース時にはさらにアルゴリズムが追加される可能性もありそうです)。

Ableton - Live 12

MIDIデータをリアルタイムに加工できる『Transform』と、MIDIデータを自動生成できる『Generate』

そしてこれも作曲支援機能の一つと言えるでしょう。「Live 12」では、コントロール・バーで楽曲のキー/スケールを設定することができ、この設定を基準に、MIDIノートを表示/編集することが可能になりました。たとえば、設定したキー/スケールに合ったノートはクリップ内で強調表示され、外れているノートは1クリックで合致させることができます。

Ableton - Live 12

キー/スケールを設定することで、これを基準にしたノートの表示/編集が可能に

もちろん、新開発のデバイスも複数追加されています。中でも一番注目を集めそうな『Meld』は、2基のマクロ・オシレーターを搭載したMPE対応の新シンセサイザー。Mutable InstrumentsのBraids/Plaitsで一気に普及したマクロ・オシレーターは、音色を構成する要素をひとおり備えたオシレーターで、いくつかのパラメーターを操作するだけで音色の幅広いエディットを可能にします。『Meld』では、このマクロ・オシレーターを2基搭載した上で、高機能なモジュレーション(ADSRエンベロープ/LFO)やマルチモード・フィルター/レゾネーター、トーン・コントローラーなどを実装。ディープな音づくりにも対応した使いでがありそうなデバイスとして仕上げられています。

Ableton - Live 12

2基のマクロ・オシレーターを搭載したMPE対応の新シンセサイザー、『Meld』

さらには『Roar』と名付けられた高機能サチュレーターも搭載されました。OTO Machines BOUMを彷彿とさせる『Roar』は、ディストーション/サチュレーター/マルチモード・フィルター/コンプレッサーが統合された高機能なサチュレーターで、真空管回路を通したような温かみのあるサウンドから激しく歪んだクリップ・サウンドに至るまで、さまざまな音色を作り出すことが可能。複数のサチュレーターを組み合わせ、パラレル/マルチバンド/MS処理できるのも特徴で、モジュレーション機能も充実しています。

Ableton - Live 12

高機能サチュレーター『Roar』

Live 12」は、2024年初頭リリース予定で、価格はLive 12 Suiteが84,800円、Live 12 Standardが52,800円、Live 12 Introが11,800円(すべて税込)。なお、「Live 12」の発表に合わせて、現行Live 11の20%OFFプロモーションがスタートしており、これから購入したユーザーには同じエディションの「Live 12」が無償で提供されるとのことです(「Live 12」の価格は昨今の円安で値上げになるため、現行のLive 11を購入して無償でバージョン・アップした方が価格的にはお得になります)。さらなる詳細は、AbletonのWebサイトをご覧ください。

Ableton - Live 12

IK Multimedia、次世代“MTM”モニター「iLoud MTM MK II」を発表…… 新設計のドライバーを搭載、定番モニターをイミュレートできる機能も利用可能に

珍しい楽器/物体の共鳴と、真空管モジュラーシンセを組み合わせた“エレクトロ=アコースティック・シンセサイザー”、Mntra「Vespera」がデビュー

iZotopeのAIミキシング・ツール、Neutron 4 Elementsが期間限定で無償配布中

iZotope、「RX 11」を発表…… ラウドネスを自動で最適化、SpotifyやApple Musicの配信音質をシミュレートする機能も搭載

Apple、Logic Proの約11年ぶりのメジャー・バージョン・アップとなる「Logic Pro 11」を発表…… フレーズ生成やステム分割など、AIを活用した新機能を多数搭載

LEWITT、誰でも簡単に理想的なサウンドでレコーディングが行える新世代オーディオ・インターフェース、「Connect 2」を発表

ローランド、新型フラッグシップ・シンセ、「FANTOM EX」シリーズを発表…… SH-101やJUPITER-8のACB音源を標準搭載

歌い手との距離をセンサーで測定し、音量と音色を自動で補正する“オートフォーカス・マイク”、LEWITT「RAY」がデビュー

Universal Audio、テープ・レコーダーをモデリングした新作プラグイン「Verve Analog Machines Essentials」を無償配布中…… 4月30日まで

Amigaをギター用ストンプとして使う…… Magical Synth Adventure、A500をエフェクターとして使用するビデオを公開

『Maxサマースクール・イン・藝大 2024』が7月29日から8月2日の日程で開催…… Maxの生みの親であるミラー・パケット氏、IRCAMの研究者も参加

ソニーの業務用モニター、PVMシリーズのミニチュア液晶モニターが登場…… 5インチと3.5インチの2モデルがラインナップ

IK Multimedia、珠玉の“メタル・トーン”を再現する「TONEX Metal Gems」をリリース…… Peavey 5150やSoldano SLO-100などを忠実にモデリング

シングルボードコンピュータをモジュール化した“Eurorack PC”、「PAC BOT」…… モジュラーシンセの中でDAWやプラグインを使用することが可能に

ストンプ・メーカーが作ったJUNO/Polysixインスパイアのバーチャル・アナログ・シンセ、VONGON「REPLAY」がデビュー

Amiga独特のローファイでクラッチーなサウンドを再現するプラグイン・サンプラー、PotenzaDSP「Amigo」がリリース

ディストーション・プラグインの傑作、iZotope「Trash」が復活…… 無償版の「Trash Lite」も提供されるように

ボタンとジョイスティックでコードを演奏できるポケット・シンセ、Pocket Audio「HiChord」が誕生

ICON