Feature Image

FREE PLUG-IN

定番ドラム音源、IK Multimedia MODO DRUMに、無償で利用できる「MODO DRUM CS」が登場

IK Multimediaが人気のドラム音源、MODO DRUMを1.5にアップデート。同時に無償版の「MODO DRUM 1.5 CS」の提供も開始しました。

IK Multimedia - MODO DRUM 1.5 CS

IK Multimedia「MODO DRUM 1.5」

フィジカル・モデリングとサンプリング、2つの技術の組み合わせによってリアルな音色を生み出すドラム音源、IK Multimedia MODO DRUM。本日リリースされた新バージョンの「MODO DRUM 1.5」では、3種類のドラム・キットと対応シンバル・コレクションが追加され、音色のバリエーションがさらに拡がりました(合計13ドラム・キット)。新たに追加されたドラム・キットは、6ピースのヴィンテージ・メイプル・キットの『Silver』、4ピースのバーチ・キットの『Brit Custom』、8ピース・キットの『Metal』の3種類。『Silver』は様々な音楽ジャンルに対応する汎用性の高いキットで、『Brit Custom』はインディー・ポップやロックに最適な暖かみのあるキット、『Metal』は名前のとおりアグレッシブでパンチの効いたキットです。

IK Multimedia - MODO DRUM 1.5 CS

新キット『Silver』。6ピースのヴィンテージ・メイプル・キット

IK Multimedia - MODO DRUM 1.5 CS

新キット『Brit Custom』。4ピースのバーチ・キット

IK Multimedia - MODO DRUM 1.5 CS

新キット『Metal』。8ピース・キット

そして非常に大きなニュースと言えるのが、MODO DRUMにも無償版となる“CS(Custom Shop)”バージョンが用意された点。無償版と言っても基本機能は有償版と同一で、核となる音源部分に違いはなく、1,400種類以上のMIDIグルーブや19種類の高品位エフェクトも収録されています。収録されているキットは1つのみですが、「MODO DRUM 1.5 CS」のリリースに合わせて各キットの個別販売もスタートしたため、必要なキットを自由に追加することが可能。MODO DRUMに興味があったけれども、なかなか手が出なかった…… という人は、まずは無償版の「MODO DRUM 1.5 CS」をダウンロードしてみるのがいいでしょう。

IK Multimedia - MODO DRUM 1.5 CS

無償版の「MODO DRUM CS」がリリースされ、合計3グレードとなった

MODO DRUMMODO DRUM SEの登録ユーザーは、IKオンライン・ストア限定で、1.5にアップグレードすることが可能(アップグレード価格は79.99ユーロ)。beatcloudでのフル・バージョンの販売価格は、「MODO DRUM 1.5」が39,590円(合計13キット)、「MODO DRUM 1.5 SE」が19,790円(合計5キット)、99.99ユーロ以上のIK製品の登録ユーザーが購入できるクロスグレード版は26,390円となっています。さらなる詳細は、IK MultimediaのWebサイトをご覧ください。

Waves、入力音のダイナミクスでエフェクトを変調できる、これまでにない空間系複合プロセッサー「Space Rider」を発売

Arturia、「Pigments 5」を発表…… マルチ・コア処理に最適化、1クリックでメロディーを生成するジェネレーティブ機能も搭載

ローランド、オール・イン・ワンのゲーム配信用デバイス、「BRIDGE CAST X」を発表…… HDMI入力の装備により、映像も扱うことが可能に

コルグ「handytraxx play」がデビュー…… クロス・フェーダーやルーパー、エフェクトを搭載、これ1台でDJプレイが楽しめるクリエイティブなレコード・プレーヤー

コルグ、伝説のシンセサイザーを復刻した「PS-3300FS」を発表…… 約半世紀の年月を経て蘇る、“全鍵ポリフォニック”のモンスター・シンセ

ALM/Busy Circuitsから便利モジュール、「MEGA MILTON」が登場…… レベル変換/ミキサー/スリュー・リミッター/S&H/マルチプルといった機能が集約

コルグのDIYシンセ、NTS-1 digital kitが“mkII”として進化…… 新たにマルチタッチ・キーボードを搭載、MIDIシーケンサーとしても機能するように

コルグ、NTSシリーズ第3弾「NTS-3 kaoss pad kit」を発表…… 自分の手で組み立てる“DIY KAOSS PAD”がデビュー

ボス、新型ボーカル・プロセッサー「VE-22」を発表…… コンデンサー・マイクにも対応、配信に便利なUSBオーディオIF機能も

名機コルグ microKORGの新世代モデルが待望のデビュー…… 音色の“時代感”を選択できるタイム・トラベル機能も搭載

Cycling ’74、Max 8.6をリリース…… SFZファイル対応によってサンプリング音源を簡単に実現、ゲーム・コントローラーを利用できる新オブジェクトも登場

iZotope、最低限の操作でボーカル/喋り声の品質を向上できる新機軸のプラグイン、「VEA」を発表…… 4,200円で販売中

IK Multimedia、パソコンやスマートフォンにUSB接続できるコンデンサー・マイク、「iRig Stream Mic USB」を発売…… 2ch入出力のオーディオIFとしても機能

ヤマハ、新感覚オール・イン・ワン音楽制作デバイス、「SEQTRAK」を発表…… 映像を生成/合成できる機能も搭載

USB-C端子を採用したポケット・サイズのオーディオIF、IK Multimedia「iRig USB」の国内販売がスタート

Ableton、Push 3をPCレス/スタンドアロンで使用可能にするキットを発売…… Pushが表現力豊かな“楽器”に

“シンセ・ベース”を再定義するソフト音源、Moog「MARIANA」が誕生…… 期間限定で50%OFFの8,100円で販売中

メディア・インテグレーション、話題の電卓型サンプラー「EP-133 K.O.II」の国内販売状況と、日本限定の予約特典についてアナウンス

ICON