Feature Image

NEWS

モジュラーシンセに興味を持っている人、DAWとモジュラーシンセを組み合わせたいと考えている人必見のイベントが明日(土曜日13時〜)配信

モジュラーシンセに興味を持っている初心者や、DAWとモジュラーシンセを組み合わせたいと考えている人、モジュラーシンセを自作してみたい人は必見のオンライン・イベントが、明日(2021年8月21日/土曜日)13:00から開催されます。

Ableton and Max Modular Fes 2021

Ableton LiveCycling ’74 Maxのユーザーが、SlackやSNSで情報交換を行うユーザー・コミュニティー、AMCJ(Ableton and Max Community Japan)。同コミュニティーは毎月、特定のテーマを掲げたオンライン・イベント(AMCJいわく、“学習エンタメ・イベント”)を開催していますが、明日開催の最新回のテーマは“モジュラーシンセ”。『Ableton and Max Modular Fes 2021』と題して、AMCJを主催する3人とゲストが約6時間にわたり、モジュラーシンセのおもしろさを紹介するとのことです。

Ableton and Max Modular Fes 2021

Ableton and Max Modular Fes 2021』は5部構成で行われ、第1部の『モジュラー沼からのシンセサイザー入門』(13:00〜)では、ゲストのZ_Hyper氏が、モジュラーシンセの仕組みを分かりやすく紹介。第2部の『モジュラーの神秘!バクトロールで電子工作入門』(14:10頃〜)では、プログラマー/楽器デザイナーの岡安啓幸氏が、ウエストコースト・シンセシスの肝であるローパス・ゲートを題材に、モジュラーシンセの自作について解説するとのこと。第3部の『恋仲!モジュラーシンセとDTM』(15:20頃〜)では、音楽家の松本昭彦氏が、多くの人が気になっているであろうDAWと組み合わせたモジュラーシンセの活用法について紹介。第4部の『gen~で焼くモジュラーの夏』(16:30頃〜)では、サウンド・プログラマー/サウンド・デザイナーのsuzuki kentaro氏が、MaxとElectro-Smith Daisyを使ったモジュール開発について解説し、第5部のアフタートーク(17:30頃〜)では、RITTOR BASEディレクターの國崎晋氏を交えて、出演者全員でモジュラーシンセをテーマにトークを行うとのことです。

Ableton and Max Modular Fes 2021』は有料の配信イベントで、視聴料は一般2,200円/学生1,100円。配信は明日(2021年8月21日/土曜日)13:00から行われますが、チケット購入者は配信終了後、好きな時間に何度でも視聴することが可能。このような内容のオンライン・イベントは貴重だと思いますので、モジュラーシンセに興味を持っていた人はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。イベントの詳細やチケット購入については、こちらのページをご覧ください。

Ableton and Max Modular Fes 2021

IK Multimedia、YouTube LiveやTwitchに最適なライブ配信用オーディオ・インターフェース、「iRig Stream Pro」と「iRig Stream Solo」を発表

ローランド、TR-8S/TR-6S専用エディター/ライブラリアン、「TR-EDITOR」の無料提供を開始…… Mac/Windows対応

ローランド、スマートフォン/タブレットでマルチトラック録音が行えるアプリ、「Zentracker」の無料提供を開始

Vectrex/光速船のCPUをラズパイに置き換える「PiTrex」が登場…… Vectrexを“ベクタースキャン・コンピューター”として再生するアイテム

Apple、Logic Proの新バージョン「Logic Pro 10.7」をリリース…… 新型MacBook ProのM1 Pro/M1 Maxチップに最適化、空間オーディオにも対応

iZotope、Ozone誕生20周年を祝し、「Ozone Elements」(129ドル相当)を期間限定で無料配布中

『2001年宇宙の旅』のHAL 9000のようなデザインのファズ・ペダル、その名も「TMA-1 Fuzz」が登場

Positive Grid、新製品「Experience Jimi Hendrix for BIAS FX 2」を発売…… ジミ・ヘンドリックスのキャリアを追体験しながら音色を再現できるユニークな機能も搭載

Native Instruments、新作音源「SEQUIS」を発売…… リズミック・パターンを素早く作成できる“インスパイアリング・アコースティック・シーケンサー”

ボス、新型LOOP STATIONを発表…… テーブルトップの「RC-505mkII」とフロアタイプの「RC-600」、2つのフラッグシップ・モデルが同時に登場

Zynaptiq、AI系マスタリング・プラグイン 4製品を最大60%OFFで販売する期間限定セールをスタート…… 10月25日まで

ローランド、新世代サンプラー「SP-404 MKII」を発表…… 16GBストレージ内蔵/波形表示対応、過去にさかのぼってサンプリングできる新機能も搭載

IK MultimediaがTASCAMとコラボ…… 388やPORTA ONEなど、往年のMTRの名機を再現した「T-RackS TASCAM Tape Collection」が発売

IK Multimediaの定番iOSアプリ、AmpliTube/SampleTank/Syntronikの有料版とアプリ内課金が最大50%OFFに

8ボイスの完全なポリフォニック・シンセ、Knobula「Poly Cinematic」がデビュー…… Supersaw波形、MIDI対応、リバーブも搭載

エレクトロニック・ミュージックの名盤の“波形”をデザインしたポスター「Waveform」が登場…… LFO、Aphex Twin、Autechreなど40作品がラインナップ

Google、Google 検索にクロマチック・チューナー機能を搭載…… Webブラウザ上で楽器や声のチューニングが可能に

ALM/Busy Circuits、デュアル・ボイス仕様の12bitウェーブテーブル・ドラム音源、「Tyso Daiko」を発売

ICON