Feature Image

NEWS & INFO

NAMM 2020: 梯郁太郎氏が創業した楽器メーカー、“ACE TONE”が復活…… 革新的なデジタル・ストンプを多数お披露目

本日閉幕した世界最大の楽器のトレード・ショー、『The NAMM Show』。今回の『The NAMM Show』では、あの“ACE TONE”ブランドが数十年の時を経て復活しました。

ACE TONE

楽器業界のレジェンド、梯郁太郎氏

楽器業界のレジェンド、梯郁太郎氏が1960年に創業した電子楽器メーカー、エース電子工業。ACE TONEは、エース電子工業の主力ブランドであり、1960年代から1970年にかけて、その名を冠したリズム・マシンやコンボ・オルガン、エフェクターなどが多数販売されました。中でも1967年に発売されたリズム・マシン、Rhythm Ace FR-1は大ヒットを記録、その名は世界に知れ渡ることになります。

ACE TONE

今回の『The NAMM Show』では、そんなACE TONEが日本発の新興楽器メーカーとして見事に復活。立ち上げたのは梯郁太郎氏のご子息である梯郁夫氏で、開発中の新製品を多数展示していました。新生ACE TONEの最初の製品となるのが、ギター用ストンプ「StompACE」シリーズで、ファズ、オーバードライブ、コンプレッサー、フィルター、ディレイ、コーラス、フランジャー、フェイザー、3Dスペース、リバーブなどがラインナップ。「StompACE」シリーズの大きな特徴と言えるのが、バイパス・スイッチの手前に『PEDAL SENSOR』と呼ばれるセンサー機能が備わっている点で、踏み込みの強さによって音色を変化させることが可能になっています。また、ファズとオーバードライブ以外はデジタル・ストンプであり、背面に備わったUSB端子にパソコンを接続すれば、エディター/ライブラリアン・ソフトを使って深い音作りが可能。エディター/ライブラリアン・ソフト では、LEDランプの色なども設定できるようになっています。

ACE TONE
ACE TONE
ACE TONE

「StompACE」シリーズの他に、ダイレクト・ボックスなども展示していたACE TONE。他にもいろいろな企画が持ち上がっているとのことなので、今後の展開にぜひ期待したいところです。ACE TONEのWebサイトでは、メール・ニュースの登録を受け付けているので、気になる方はぜひそちらもチェックしてみてください。

ボーカル・トラックをまったく違う声質の歌声、楽器演奏に変換できるクラウド・プラグイン、Sonarworks「SoundID VoiceAI」の国内販売がスタート

IK Multimedia、次世代“MTM”モニター「iLoud MTM MK II」を発表…… 新設計のドライバーを搭載、定番モニターをイミュレートできる機能も利用可能に

珍しい楽器/物体の共鳴と、真空管モジュラーシンセを組み合わせた“エレクトロ=アコースティック・シンセサイザー”、Mntra「Vespera」がデビュー

iZotopeのAIミキシング・ツール、Neutron 4 Elementsが期間限定で無償配布中

iZotope、「RX 11」を発表…… ラウドネスを自動で最適化、SpotifyやApple Musicの配信音質をシミュレートする機能も搭載

Apple、Logic Proの約11年ぶりのメジャー・バージョン・アップとなる「Logic Pro 11」を発表…… フレーズ生成やステム分割など、AIを活用した新機能を多数搭載

LEWITT、誰でも簡単に理想的なサウンドでレコーディングが行える新世代オーディオ・インターフェース、「Connect 2」を発表

ローランド、新型フラッグシップ・シンセ、「FANTOM EX」シリーズを発表…… SH-101やJUPITER-8のACB音源を標準搭載

歌い手との距離をセンサーで測定し、音量と音色を自動で補正する“オートフォーカス・マイク”、LEWITT「RAY」がデビュー

Universal Audio、テープ・レコーダーをモデリングした新作プラグイン「Verve Analog Machines Essentials」を無償配布中…… 4月30日まで

Amigaをギター用ストンプとして使う…… Magical Synth Adventure、A500をエフェクターとして使用するビデオを公開

『Maxサマースクール・イン・藝大 2024』が7月29日から8月2日の日程で開催…… Maxの生みの親であるミラー・パケット氏、IRCAMの研究者も参加

ソニーの業務用モニター、PVMシリーズのミニチュア液晶モニターが登場…… 5インチと3.5インチの2モデルがラインナップ

IK Multimedia、珠玉の“メタル・トーン”を再現する「TONEX Metal Gems」をリリース…… Peavey 5150やSoldano SLO-100などを忠実にモデリング

シングルボードコンピュータをモジュール化した“Eurorack PC”、「PAC BOT」…… モジュラーシンセの中でDAWやプラグインを使用することが可能に

ストンプ・メーカーが作ったJUNO/Polysixインスパイアのバーチャル・アナログ・シンセ、VONGON「REPLAY」がデビュー

Amiga独特のローファイでクラッチーなサウンドを再現するプラグイン・サンプラー、PotenzaDSP「Amigo」がリリース

ディストーション・プラグインの傑作、iZotope「Trash」が復活…… 無償版の「Trash Lite」も提供されるように

ICON