Feature Image

NEWS

カシオが“Casiotone”ブランドを復活、新製品「CT-S200」の販売を開始…… 3色展開のキュートな電子キーボード

カシオ計算機が、2020年1月に楽器事業40周年を迎えるにあたり、“Casiotone(カシオトーン)”ブランドを復活。新製品「CT-S200」の販売を開始しました。

CASIO - Casiotone CT-S200

電子キーボードの伝統的なブランド、“Casiotone”。その名を冠した久々の新製品となる「CT-S200」は、可搬性に優れた軽量/コンパクトな電子キーボード。筐体サイズは930×256×73mm、重量は約3.3kgで、上部にはグリップも備わっているため、片手で容易に持ち運ぶことができます。400種類の音色、77種類のリズム、60種類の内蔵曲を収録し、ユニークな『ダンスミュージックモード』も搭載。『ダンスミュージックモード』では、ドラムやベース、シンセサイザーをパターン・ベースで簡単にアレンジすることができ、“エフェクト”や“自動盛り上げ”といった機能も備えています。ピアノ形状が採用された鍵盤は61鍵仕様で、13×6cmの楕円形スピーカーも内蔵。最大同時発音数は48音で、16chマルチ・ティンバー(GMレベル1準拠)、Micro-B端子のUSBポートも備えています。

レッド、ホワイト、ブラックの3色で展開される新“Casiotone”、「CT-S200」。価格はオープン・プライスで、市場価格は16,000円前後となっています。詳しくは、カシオ計算機のWebサイトをご覧ください。

CASIO - Casiotone CT-S200
CASIO - Casiotone CT-S200

NAMM 2020: 275個のキーを備えた新感覚キーボード、「Lumatone」が登場…… マイクロトーナルに対応

NAMM 2020: 新世代MIDIハーモニカ、Lekholm Instruments「DM48」がデビュー

定番ドラム音源、XLN Audio Addictive Drumsの最大40%OFFセールがスタート…… 日本限定/2月2日まで

NAMM 2020: モーター・フェーダーを搭載したLARCのようなリバーブ・ストンプ、Chase Bliss Audio「CXM 1978」

NAMM 2020: 200ドル以下で買えるMIDIインターフェース機能内蔵モジュラー・ケース、Cre8audio「NiftyCASE」

NAMM 2020: Clavia、新型パフォーマンス・シンセ「Nord Wave 2」を発表…… VA/サンプル/FM/ウェーブテーブル音源を搭載

NAMM 2020: IK Multimedia、新型オーディオIF「iRig Pro Duo I/O」を発表…… “iRig”10周年を祝う新フラッグシップIF

NAMM 2020: Arturia、新型シーケンサー「KeyStep Pro」を発表…… 待望の鍵盤内蔵型BeatStep Proがデビュー

NAMM 2020: Nektar、16個のソフト音源を包括的に扱えるトラックメイク・システム、「AURA」を発表…… ステップ・シーケンサーも内蔵

NAMM 2020: 梯郁太郎氏が創業した楽器メーカー、“ACE TONE”が復活…… 革新的なデジタル・ストンプを多数お披露目

NAMM 2020: オリジナルのグルーブボックスやEurorackモジュールを製作できる開発環境、「Daisy」が間もなく登場

NAMM 2020: 大注目のデジタル/アナログ・ハイブリッド・シンセ、UDO「SUPER 6」が遂に北米デビュー

NAMM 2020: Novation、第三世代「Launchpad Pro」を発表…… 4トラック・シーケンサーを内蔵、PC無しでも使用可能に

NAMM 2020: PreSonus、FaderPortにオーディオIF機能を統合したDAW用の超便利デバイス、「ioStation 24c」を発表

NAMM 2020: Erica Synths、強力な音源内蔵シーケンサー「Bassline DB-01」を発表…… カットオフ・シーケンスにも対応

NAMM 2020: IK Multimedia、iLoud MTMのホワイト・バージョンを発表…… 2月発売

NAMM 2020: コルグ、開発中の新型シンセ「opsix」をお披露目…… 6オペレーター/32アルゴリズムのFMシンセ

NAMM 2020: サンプリング・ドラム・マシンの名機、SP-1200の35周年記念モデルが発売…… 実機を元に製作される本物のSP-1200

ICON